アンボワーズ城

王家の城、アンボワーズ城は、ロワール川に面して建ち、川面にその姿を映しています。フランスの歴史に深くかかわり、15世紀から19世紀までフランス王たちの居城であったアンボワーズ城は、中世の要塞の中に、ルネッサンス様式の館と馬に乗って上まで登れる塔があります。
アンボワーズ城で体験したいことTOP5

1/城の地下通路に迷い込んでみる。
2/衛兵のように巡回路を歩いてみる。
3/30mの傑作建築であるミニムの塔の内部を見学する。
4/ロワール川の素晴らしい風景が眺められるイタリア風庭園を散歩する。
5/夏、250人の登場し、曲馬も見られる夜間スペクタクルを見物する。

アンボワーズ城、ルネッサンス様式の宮廷

アンボワーズ城は、フランス王たちが幼年期を過ごした場所です。シャルル8世はこの城で生まれ、フランソワ1世は、アンリ2世とカトリーヌ・ド・メディシスの子供たちと同様に、ここで青少年時代を過ごしました。時代ごとに、ヨーロッパの多くの芸術家たちが、王によって招かれました。中でも最も有名なのがレオナルド・ダ・ヴィンチです。彼は、1519年に死ぬ前に、この城で王のためのお祭りをいくつも企画しました。500年前のことです。ダヴィンチは、王の城の中に葬られるという栄誉を得ました。今も彼が眠るサン・チュベール礼拝堂を見学することができます。

王家のアパルトマンの見学では、ゴチック様式とルネッサンス様式の家具の素晴らしいコレクションを見ることができ、フランスの歴代の王に愛されたこの城の洗練された美しさに触れることができます。

美しい眺望が広がる庭園

ロワール川の上に張り出すように広がる庭園は、最近《優れた庭園》ラベルを取得しました。地中海の植物(ヒマラヤスギ、イトスギ、ツゲ、セイヨウヒイラギガシ)は、城の歴史と内装に見られるイタリアの影響を思い起こさせます。緑のテラスは、それぞれに魂を持ち、周囲の風景と呼応しています。町や森やロワール渓谷の眺めは、息をのむほどです。最後のテラスは、シャルル8世によって招かれたナポリの庭師ドン・パッチェロが15世紀に作った庭を現代的にアレンジしたものです。