パリでゴッホ展が開催!アトリエ・デ・リュミエールにて.

パリのアトリエ・デ・リュミエール(l’Atelier des Lumières)で、時代の先端を行く没入型デジタルアート展覧会が開催されます。フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Van Gogh)の絵画作品、人生、そして彼の色彩に溢れ激しい苦悩に満ちた世界観が、全く新しい形の映像と音楽による表現で展開されます。2019年2月22日から12月31日までの開催です。

アトリエ・デ・リュミエールが、12月31日までの期間、フィンセント・ファン・ゴッホの作品を巡る、この上なく素晴らしい旅にあなたをご招待します。パリ東部に位置する、かつて製鉄所であったこのアートサイトで、工業用タンク、貯水槽、柱といった建物のあらゆる場所が、アミエクス技術(Amiex、アートと音楽を融合した没入型体験システム )によって、ファン・ゴッホの色彩をまとい、そして動き出すのです。

この歴史建造物の中に、高らかに音楽が響き渡ります。すると、おびただしい数のイメージが投影され、建物はその姿を一変させます。鑑賞者は、「ひまわり」や「星月夜」といった、代表的なファン・ゴッホの絵画作品の中にあたかも入りこんだかのような、新感覚の散策体験を楽しむことができるのです。

大スケールで投影されたファン・ゴッホの世界に没入する

陽光溢れる風景画や、苦悩に満ちた夜景画を描いた、このオランダ人画家の大胆な色彩と表現力豊かで力強い筆致を、アトリエ・デ・リュミエールは、見事に再現しています。無秩序、混沌、そして詩情が共存するファン・ゴッホの世界に、鑑賞者は完全に没入し、そしてその内側を探ることができるのです。

展示は、ファン・ゴッホの生涯の時期ごとにテーマで分けられています。滞在していた場所に応じて、パリ期、アルル(Arles)期、サン・レミ・ド・プロヴァンス(Saint-Rémy-de-Provence)期、オーヴェール・シュル・オワーズ(Auvers-sur-Oise)期に分けられ、鑑賞者は、画家の初期から成熟期まで、彼の人生を共に辿ることになるのです。

オープンから1年、アトリエ・デ・リュミエールは、展示をさらに楽しんでいただくために、現展示を補完する新たな情報提供サービスの展開を始めました。ダウンロード無料のモバイルアプリを元工業用タンクの中で利用すると、ファン・ゴッホの主力作品50点の全体イメージと、作品に関する詳細な情報を得られるサービスです。

アトリエ・デ・リュミエールを訪れる 

関連
記事 

パリのノートルダム大聖堂に関する実用情報

2019年4月15日にパリのノートルダム大聖堂で発生した火災を受け、新たな指令が下されるま…

モニュメント

ノートルダム大聖堂の火災を受けて

パリのノートルダム大聖堂の一部を焼失した火災を受け、世界中が動揺に包まれました。ゴシック建…

季節の歓び

シェフの気持ちが感じられる、パリのおすすめレストラン7選

フランスの土地と農産物の豊かさは真に賞賛すべきものです。パリ出身の若き料理人たちは、こうし…

展覧会を巡る

フランス旅行:行かなきゃ損! …

パリには美術館・博物館があわせて173施設もあるってご存知でしたか?アートの殿堂・パリでは…

「ル・ロワイヤル・モンソー」「レ・スルス・ド・コダリー」「ペニンシュラ・パリ」

フランスの最高級ホテル「パラス」で、極上の体験を-第3回

フランスのホテル格付けの最高位「パラス」の称号を得た極上ホテルがあなたをお迎えします。世界…

「ル・ロワイヤル・エヴィアン」、「パーク・ハイアット・パリ・ヴァンドーム」、「ル・カー・ドゥ」

フランスの最高級ホテル「パラス」で、極上の体験を-第2回

フランスのホテル格付けの最高位「パラス」の称号を得た極上ホテルがあなたをお迎えします。世界…