今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

Getty Images
ウォリス・フツナ

ウォリス・フツナ諸島に出発!

この火山の地をあちこち歩き回りましょう。環礁に囲まれた海や火山湖で涼みます。 忘れられた財宝を求めてロカの洞窟を探検し、トンガの要塞、サクレクール礼拝堂、地元のカルメル会修道院を訪れます。サンゴ礁の間でダイビング、あるいは気軽にシュノーケリング。

貝殻のネックレスをいつも首にかけ、詰め物をしたバナナが新しいお気に入りの料理に。 

ぜひ
お見逃しなく 

絞り込み

3つの大海に浮かぶフランス海外領土

ウォリス・フツナ:アクティビティ、見どころ・・・

フランス共和国に最後に加わった領土、ウォリス・フツナ諸島は、太平洋の真ん中、ニューカレドニアと仏領ポリネシアの間に位置しています。まだあまり知られていない観光地、この火山と楽園の地に足を踏み入れる最初のツーリストになろうではありませんか。

クルージング

クルーズのポナン社はこのたび初めてウォリス・フツナの島に寄港します。

創立30周年を記念し、クルーズのポナン社は、来年、太平洋に点在するフランスの小さな島々への針路をとることになります。日常生活から完全に切り離された世界を是非お楽しみください。

観光コースにない旅:ウォリス・フツナの保護された楽園。

カメラマン ジャン・フランソワ・マランが、ウォリス・フツナについて書くのであれば、非常に広範囲で保護されたウォリス・フツナの素晴らしい隔絶された場所に感動したというでしょう。ちょっとロビンソン・クルーソーになった気分です。花々やフルーツ、漁師が帰ってくる様子、その環境はほとんど開発されていません。人々は自分自身を頼り、土に種をまいて栽培し、彼らは完全に独立しています。それは全く別世界の体験です。ほとんどここだけの世界と言えます。

こちらもご覧ください 

マヨット
ニューカレドニア
タヒチ - 仏領ポリネシア
サン・マルタン
サン・バルテレミー