今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

ヴィランドリ―城のルネッサンス庭園と建築

ヴィンドリー城は、ロワール川沿いで最後に建てられた大きな城です。ルネッサンス様式のひな壇式庭園が、トゥファでできたファサードと見事に調和しています。色彩豊かな庭園の傑作です !
ヴィランドリ―城で体験したいことTOP5

1/豪華な庭園を散策し、菜園やきれいにアレンジされた庭や池のある庭を見学する。
2/高台にある見晴台から3段になった庭を見る。
3/オリエンタルの間で素晴らしい天井を見学する。
4/水汲み場と大理石の床を持つバラ色の食堂を見学する。
5/白黒の優雅な正面階段を上ってみる。

歴史

現在の城主の曽祖父にあたるホアキン・カヴァロが、20世紀初頭に城を購入しました。そして、妻とともに、フランソワ1世の大臣だったジャン・ル・ブルトンが建てた城に、当時の美しさをよみがえらせました。とりわけ、ルネッサンス様式の素晴らしい庭園にこそ、科学者だった彼の厳格さが良く表れています。

庭園の中のルネッサンス芸術

同じサイズの9つの四角からなる装飾的な菜園は、ヴィランドリー城の庭園の真珠です。季節ごとに、野菜や花が、目を見張るほど見事に色彩豊かな格子模様を描きます。庭師のチームは、40種類以上の異なる野菜を年に二回植え替えています。

この優雅に飾られた庭園サロンを歩いてみましょう。最初の庭園は、それぞれに、優しい愛、情熱的な愛、浮気な愛、悲劇の愛を表す4つの四角から出来ています。二番目の庭園は、イチイのトピアリーやツゲ類が植えられ、音楽を象徴しています。森の中に作られたベルヴェデーレまで登れば、美しい庭園の全景を見ることができます。

水の庭園の大きな池や泉や水辺の芝生は、楽しい空想にふけるにはぴったりの場所です。さらにその先では、クマシデの迷路があります。迷い込んで遊んでみましょう。一番高い場所にあるのは、太陽の庭園です。ホアキン・カヴァロの絵を元に作られた菩提樹に囲まれた緑の回廊です。

BIO庭園、鳥の楽園

主任庭師のローランは、ヴィランドリーに来た時から、ヴィランドリーの庭園を100%有機栽培にすることを目指してきました。化学的な殺虫剤や殺菌剤の使用をやめ、自然の方法に変えました。こうした環境に優しいアプローチのおかげで、鳥たちがヴィランドリーにやってくるようになり、ヴィランドリー城は、《鳥類保護リーグの避難所》ラベルを取得しました。

他のアイデア
を見る