ロワール渓谷のクリスマス

シュノンソー城
Château de Chenonceau

シュノンソー城 シュノンソー城 シュノンソー城
© ADT Touraine JC Coutand

ファンタスティックな動物たちLes animaux fantastiques

今年「500周年」を迎えたルネサンスにオマージュを捧げるべく、シュノンソーでは寓話に出てくる素晴らしい動物たちに焦点を当てます。15世紀初頭に始まった「大航海時代」に、ヨーロッパでは当時知られていなかった植物が持ち込まれました。アジア、アフリカ、アメリカからの宝物の数々 ― お城の壁を飾る豪華タピストリーに時として描かれているような、エキゾティックな製品や変わった動物たち ― もまた然り。スパイス・ロード、シルク・ロード、インド・ロード・・・。夢の世界はすぐそこに、しかも神話に登場するファンタスティックな動物たちとともにあるのです。そうなんです、シュノンソーには確かにクリスマスの魔法があるんです。

お城のフラワー・アトリエとそのセットデザイナー(MOF=フランス最優秀職人)が手がける特別イベント。

12月7日から1月5日まで開催
グループ料金11.50ユーロ〜

詳しくはこちら (外部リンク)

アゼ・ル・リドー城
Château d’Azay-le-Rideau

アゼ・ル・リドー城 アゼ・ル・リドー城 アゼ・ル・リドー城
© ADT Touraine JC Coutand

クリスマス:グルメの夢Noël, rêves gourmands

クリスマスと言えば、何よりもまず豪華な食事ですよね!アゼ・ル・リドー城に向かいましょう。「古城の国のクリスマス」にあたり、ルネサンスの小さな宝石とも言われるこのお城はスイーツであふれます。一連の部屋(サロン、キッチン、食堂、屋根裏部屋など)を進むにつれて、スイーツを配したクリスマスの飾りが、祝祭の甘い雰囲気で私たちを包み込みます。

12月7日から1月5日まで
グループ料金8.50ユーロ~

詳しくはこちら (外部リンク)

アンボワーズ城
Château royal d’Amboise

アンボワーズ城 アンボワーズ城 アンボワーズ城
© ADT Touraine JC Coutand(上・右下)
 Leonard de Serres(左下)

クリスマス、子供の頃の夢:
クマの王様Noël, rêves d’enfance: le Roi Nounours

今年のクリスマスは、子供の頃の一番おだやかで幸せだった思い出に捧げます。お城の玉座に上がるのは甘くて柔らかい君主。クマの王様です!「レ・プティット・マリー」社(フランスに残るクマのぬいぐるみ制作業者のひとつ)及びヴェンブレシ古玩具博物館との協力により、きらきらした白クマとブラウンのいたずらな子グマたち数十体が、お城の冬を陣取っています。伝統にしたがって、見事なナポリ風クレッシュの飾りも、訪問客の目を見開かせてくれることでしょう。

12月7日から1月5日まで
グループ料金9.60ユーロ~

詳しくはこちら (外部リンク)

シノン要塞
Forteresse royale de Chinon

シノン要塞 シノン要塞 シノン要塞
© ADT Touraine JC Coutand

もみの木の下でAu pied du sapin

今年シノン要塞にいらっしゃるみなさまには、20世紀のゲームやおもちゃなど、時代ごとに飾られたもみの木の下で、子供時代の思い出に浸っていただきます。大型デパートとその夢のようなショーウィンドーの全盛期(19世紀末)から「栄光の30年」期を経て1990年代まで、昔に思いをはせながらクリスマスの雰囲気をお楽しみください。1900年スタイルのクリスマス・ポスター展もお見逃しなく。シノン要塞はまた、デザイナーであるヴェラール氏の協力を得て、フレンチ・ノウハウを体現するオリジナル作品をコンセプトに,クリスマスツリーの再構築を試みます。要塞のそれぞれの塔の内部で,素材や形状,光線の効果によって変身したクリスマスツリーをどうぞご覧ください。

12月7日から1月5日まで
グループ料金8.50ユーロ~

詳しくはこちら (外部リンク)

ヴィランドリー城
Château de Villandry

ヴィランドリー城 ヴィランドリー城 ヴィランドリー城
© Chateau de Villandry

庭園の中心で、
家族と過ごすクリスマスNoël en famille au coeur des jardins

ヴィランドリー城で、暖かくフレンドリーな雰囲気の家庭のしつらえの中、クリスマスをお過ごしください。居間に寝室、キッチンから食堂に至るまで、クリスマスの飾り付けによりカルヴァッロ家の伝統を追体験できます。ジョアキムによるヒスパニック風を基調とし、アン・コールマン由来のアングロ・サクソン風タッチが加わった伝統です。お城の窓から望む庭園もまた、昔風のセットで飾られています。装飾キャベツとネギのモザイク、ツゲの木のレース、イチイのトピアリー、まどろんだライムの木の長い小道・・・冬の散策に魅惑されること請け合いです。

12月7日から1月5日まで
グループ料金7.50ユーロ

詳しくはこちら (外部リンク)

クロ・リュセ城
Château du Clos-Lucé

クロ・リュセ城 クロ・リュセ城 クロ・リュセ城
© Leonard de Serres

レオナルド・ダ・ヴィンチの
住処がクリスマス色に染まるLa demeure de Léonard de
Vinci aux couleurs de Noël

年の瀬のお祝いとして、クロ・リュセ城は、最も美しい装飾品の数々を展示したレオナルド・ダ・ヴィンチの住処をカラフルに彩ってお目にかけます。クレッシュの飾りを配置したチャペルから、これなしにはあり得ないツリーを飾ったルネサンスの大広間まで、見学ルートはクリスマスのエスプリであふれています。キッチンのかまどでは火がぱちぱちと音をたて、冬の夜にレオナルド・ダ・ヴィンチが暖を取りに来ていた様子が思い浮かびます。

12月7日から1月5日まで
グループ料金12.50ユーロ

詳しくはこちら (外部リンク)

シュヴェルニー城
Château de Cheverny

シュヴェルニー城 シュヴェルニー城 シュヴェルニー城
© R.Pradeau(上・右下) M.Martin(左下)

クリスマスはシュヴェルニー城でお過ごし下さい!多くの素晴らしいクリスマスの飾り、美食料理の並んだ魅惑のテーブル、おいしい祝祭の雰囲気がみなさまをお待ちしています。
12月の第1日曜日:2つのアトリエ「招きの作法:フランス流エチケット」「ルネサンス風招きの作法」開催。お城の食堂にて10時~12時及び14時~17時。
12月の第2日曜日:クリスマスの味(お城の見学客は参加無料)。サンタクロースも登場。物語の朗読付き。
12月の第3週末:クリスマスの美食をテーマにしたイベント。
その他,「ルネサンス!LEGO®による歴史」展も開催。シュヴェルニー城及びその宝物とマッチした新しい展示です。

12月1日から1月13日まで
グループ料金7.50ユーロ、個人料金12ユーロ

詳しくはこちら (外部リンク)

ブロワ城
Château royal de Blois

ブロワ城 ブロワ城 ブロワ城
© Chateau Royalde Blois

歴史上実在した王妃たちや、ラプンツェル、白雪姫、雪の女王など童話の中のプリンセスたちが、格別なクリスマスの装飾の中で生き生きとよみがえります。ブロワ城でのクリスマスは、はじけるような,壮大なお祭りのプログラムが満載です!
― 夢のような歴史的衣装展「歴史上の王妃たちと童話のプリンセスたち」:童話のヒロインたちが、クリスマスのツリーと照明で華やかさを増した会場に魅惑の雰囲気を醸し出します。12月7日から1月5日まで。
― クリスマスの物語で想像力をかきたてて。12月21日から1月5日まで。
― ご家族向け「クリスマスのシャトー・ライフをキミに」。12月14日、15日及び12月21日から1月5日まで。
― 特別な2晩「カトリーヌ・ド・メディシスの王宮での夜の祝宴」(12月27日、1月3日)。王妃のアパートメントにダンサーやマジシャン、パフューマーたちが登場。夜会の終わりにはルネサンス風の試飲試食会も!
― サンタクロースとのセルフィー写真撮影会。12月14日、15日、23日、24日。
時間帯についてはお問い合わせください。

12月7日から1月5日まで
グループ料金8ユーロ、個人料金12ユーロ

詳しくはこちら (外部リンク)

シャンボール城
Château de Chambord

シャンボール城 シャンボール城 シャンボール城
© Olivier Marchant-Domaine National de Chambord(上・右下)
 Leonard de Serres-Domaine National de Chambord(左下)

500周年を迎えたこのお城では、イタリア・ルネサンスの色彩のデコレーションと、最も美しいツリー・コンテスト付きの「天才のツリー」展が開催中。以下がシャンボール城のクリスマス・プログラムです。
― 12月1日から:豪勢なデコレーション、木製ゲームとボードゲーム。「天才のツリー」展では最も美しいツリーに投票してください(景品付き!)
― 12月14日、15日、12月21日から1月5日:ルネサンスの衣装をまとった人々、音楽とダンス。舞踊・詩作入門、物語の朗読、自然アニメーション、創作アトリエ、サンタクロースとの出会い、ラッパのコンサート、その他にもサプライズがたくさん・・・
― 2019年に初披露されるのが、500周年記念の新しい装飾。ジャック・ガルシアがセットデザインを手がけた可動式の豪華装飾とテキスタイルが、国王とその宮廷が絶えず移動していた時代のシャンボール城の雰囲気を彷彿とさせます。イルミネーションにも注目。

12月1日から1月5日まで
グループ料金(城+庭園+クリスマス展)12ユーロ

詳しくはこちら (外部リンク)

ロワレ城
Châteaux du Loiret

ロワレ城 ロワレ城 ロワレ城
© C-Decure CRT Centre-Val de Loire(上)
 Chateau de Meung sur Loire(左下・右下)

物語、歌唱、創作アトリエ・・・。ムン・シュール・ロワール城のクリスマスは家族目線です。子供時代の物語や伝説のオンパレード:アンデルセンの人魚姫を聴き、ヘンゼルとグレーテルの後を追い、耳を澄ませてシンデレラと一緒に時を数え、アーサー王と出会い・・・
ペロー、グリムその他の作品を題材にした20以上のシーンが再現され、子供の頃の物語や伝説神話をご家族みんなで見直していただけます。
ロボットのウォルター(最高のロボットです!妖精たちの挑戦、キャンディーづくり、物語教室,ママ・サンタクロースの食堂もお忘れなく!

12月7日から1月4日まで、週末のみ
グループ料金8ユーロ
(ムン・シュール・ロワールにて)

ショーモン・シュール・
ロワール領
Domaine de Chaumont-sur-Loire

ショーモン・シュール・ロワール領 ショーモン・シュール・ロワール領 ショーモン・シュール・ロワール領
© Eric Sander

3つの冬の庭園にて温室内のエキゾチックな植物を。お子様方には12月21日から創作アトリエを開催。
ショーモン・シュール・ロワール城のクリスマスは、クリスマス色に染まったロワールの古城のエレガンスの代表格です。豊富なプログラムがみなさまをお待ちしています。
― 冬の進行にあわせて、城全体を飾る豪華なデコレーション
― クリスマス休暇、毎日午後開催のお子様向け創作アトリエ
― フェアリー・モビールづくりと素晴らしいクリスマスの物語
― 芸術・自然センターでの「ショーモン・フォト・シュール・ロワール」写真展
― お城と菜園の中庭の冬の写真展
有名写真家たちが、景観と自然に目を向けます。また著名フラワー・デザイナーのクラリス・ベローが、夢のような最高のブーケと構成作品で年末をお祝いします。

11月から1月まで
グループ料金11.20ユーロ、個人料金14ユーロ

詳しくはこちら (外部リンク)

ロワールの古城でのクリスマス

他のアイデア
を見る