今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

フォントヴロー修道院

プランタジネット朝の墓所がある修道院付き教会、フォントヴロー修道院はその規模の大きさもさることながら、その独創性でも見る人を圧倒する建造物です。現在、修道院付き教会には、12世紀に修道院の庇護者だったアンジュー伯、プランタジネット朝の4人の君主の極彩色の横臥像(リチャード獅子心王、アリエノール・ダキテーヌ、夫の英国王ヘンリー2世)と並んで眠っています。

ロベール・ダルブリッセルによって1101年に建てられたフォントヴロー王立修道院は、女性が長を務める男女別の修道会であることが特徴で、全36人の女性修道長(その殆どが王家の血をひく人々)によって代々管理され続けました。7世紀にわたりヨーロッパ最大の修道院都市であり、プランタジネット王朝の菩提所として知られ、革命までは、国内最大の権力を有する修道院として知られました。1804年にナポレオンが監獄として利用したことから、破壊を免れ、人々に恐れられる中央刑務所となり、その機能も1963年に終えました。

現在では、文化コミュニケーション省管轄下の「出会いの文化センター」として、歴史や創造にかかわるイベント、コンサートやシンポジウム、展覧会などが開かれる文化施設になっています。また修道院内には芸術家用のレジデンスがあり、創造の場となっています。

アクセス:

車で Tours より60km Poitier / Angers より75km
電車で Paris> Saumur (所要時間約2時間30分)

Saumur 

関連
記事 

建築

ルネサンスを代表する建築的偉業 シャンボール城

今から約500年前、ルネサンスの至宝シャンボール城の建設が始まりました。フランソワ1世が自らの権力を誇示するために建てさせたシャンボール城は、中世からルネサンスへの時代の変化が表れた真の建築的偉業と言えるでしょう。今日なお現存する最も謎めいたロワールの古城の一つ、シャンボール城についてさらに詳しく見ていきましょう。

カルチャー

「ルネサンス500周年」:2019年、見逃せないイベントの数々

2019年、ロワール渓谷はルネサンスの色が濃く表れた年になります。展覧会、スペクタクル、見学…この地方にある古城やその他の歴史的建造物が、文化と芸術の復興の時代ルネサンスの中枢へと訪れる人々をいざないます。France.fr が見逃せないイベントをご紹介しましょう。

モニュメント

シャンボール城:知っておくべき9つのポイント

シャンボール城は、フランソワ1世のために建設され、レオナルド・ダ・ヴィンチの構想によるものとされており、ロワール渓谷内の城のうちでも、最大の規模と威容を誇る城です。フランスのルネッサンスの代表建築であるとともに、芸術と文学をこよなく愛した支配者の権力の象徴でもありました。

カルチャー

クロ・リュセ城にあるレオナルド・ダ・ヴィンチの天才的発明品の数々

戦車、巨大カタパルト(投石機)、飛行機・・。レオナルド・ダ・ヴィンチが天才的に発明した数々のマシーンは、ロワール地方にあるクロ・リュセ城の庭園で実物大展示されており、実際に触れたり動かしたりすることができます。どれもが並外れた発明品でダ・ヴィンチの天才性を再確認するものであり、ダッソー・システムズ社の3D技術を使ったグラフィック映像により分かり易く学べるようになっています。

ワイン

注目すべき才能:有機ぶどう栽培者、ジェローム・ブルトドー

ロワール渓谷では、さまざまな世代のぶどう栽培者たちが、高い志をもって、大胆な方法で有機農業に取り組んでいます。ジェローム・ブルトドーもその一人。ジェローム・ブルトドーは好奇心が強く、アイデア豊富。それぞれのビンテージで自らを表現する。そんな彼が自分の土地を案内してくれました。

ロワール渓谷の古城

ヴィランドリ―城のルネッサンス庭園と建築

ヴィンドリー城は、ロワール川沿いで最後に建てられた大きな城です。ルネッサンス様式のひな壇式庭園が、トゥファでできたファサードと見事に調和しています。色彩豊かな庭園の傑作です !

関連
記事 

建築

ルネサンスを代表する建築的偉業 シャンボール城

今から約500年前、ルネサンスの至宝シャンボール城の建設が始まりました。フランソワ1世が自らの権力を誇示するために建てさせたシャンボール城は、中世からルネサンスへの時代の変化が表れた真の建築的偉業と言えるでしょう。今日なお現存する最も謎めいたロワールの古城の一つ、シャンボール城についてさらに詳しく見ていきましょう。

カルチャー

「ルネサンス500周年」:2019年、見逃せないイベントの数々

2019年、ロワール渓谷はルネサンスの色が濃く表れた年になります。展覧会、スペクタクル、見学…この地方にある古城やその他の歴史的建造物が、文化と芸術の復興の時代ルネサンスの中枢へと訪れる人々をいざないます。France.fr が見逃せないイベントをご紹介しましょう。

モニュメント

シャンボール城:知っておくべき9つのポイント

シャンボール城は、フランソワ1世のために建設され、レオナルド・ダ・ヴィンチの構想によるものとされており、ロワール渓谷内の城のうちでも、最大の規模と威容を誇る城です。フランスのルネッサンスの代表建築であるとともに、芸術と文学をこよなく愛した支配者の権力の象徴でもありました。

カルチャー

クロ・リュセ城にあるレオナルド・ダ・ヴィンチの天才的発明品の数々

戦車、巨大カタパルト(投石機)、飛行機・・。レオナルド・ダ・ヴィンチが天才的に発明した数々のマシーンは、ロワール地方にあるクロ・リュセ城の庭園で実物大展示されており、実際に触れたり動かしたりすることができます。どれもが並外れた発明品でダ・ヴィンチの天才性を再確認するものであり、ダッソー・システムズ社の3D技術を使ったグラフィック映像により分かり易く学べるようになっています。

ワイン

注目すべき才能:有機ぶどう栽培者、ジェローム・ブルトドー

ロワール渓谷では、さまざまな世代のぶどう栽培者たちが、高い志をもって、大胆な方法で有機農業に取り組んでいます。ジェローム・ブルトドーもその一人。ジェローム・ブルトドーは好奇心が強く、アイデア豊富。それぞれのビンテージで自らを表現する。そんな彼が自分の土地を案内してくれました。

ロワール渓谷の古城

ヴィランドリ―城のルネッサンス庭園と建築

ヴィンドリー城は、ロワール川沿いで最後に建てられた大きな城です。ルネッサンス様式のひな壇式庭園が、トゥファでできたファサードと見事に調和しています。色彩豊かな庭園の傑作です !