今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

海

海 

ぜひ
お見逃しなく 

絞り込み

ブルターニュの灯台を巡る旅

ヨーロッパ大陸の西の果て、ブルターニュ半島の先端には、フィニステール県があり、そこにはイロワーズ海の景色を形づくる潮の満ち引きを見つめ続けてきた灯台が、連なるように点在しています。このような素晴らしい石づくりの見張り台に出会える「ルート・デ・ファール(灯台街道) 」へあなたをお連れします。

深海の不思議

新しいナウシカ(国立海洋センター)の舞台裏

オー・ド・フランス地方のブーローニュ・シュル・メールにある国立海洋センターは、訪れる人を、陸地から遠く離れた海の世界へ誘います。最近、ヨーロッパで最大規模の水槽をはじめとする新たな拡張工事が行われました。一般公開に先立って、内部の様子をご紹介します。

マルセイユで過ごす3日間 : 家族で潮風を感じてみてはいかがですか?

暑い季節になり、ますます海に心惹かれる日々となりました。今こそマルセイユに出発しましょう。遊び心溢れる文化的見学アイデア、市内での海水浴、カランク散策など家族で楽しめるアイティナリーがいっぱいです。

魅惑の島

モン・サン・ミッシェルをとりまく6つの謎

広大な湾の中心にある岩山の頂に建つ、この美しい大修道院は13世紀以来、浮上するかのように幻想的にそびえ続けています。人々を魅了してやまない絶景です。

セレクション 

写真家マチュー・ル・ガルと共にブルターニュ地方の街を歩く

ブルターニュ地方の端には、ブレストとプルガステル半島があります。写真家マチュー・ル・ガルが、知る人ぞ知る道を歩きながら街の魅力を紹介します。

海と航海の博物館、ボルドーでまもなくオープン

2018年の夏、ボルドーにて海と航海の博物館がオープンします。ボルドーの歴史ある港に位置する1万3000m²のこの博物館では、海の冒険の歴史を探究していただけます。オープンを待つ間、このプロジェクトに情熱を傾けた主唱者ノルベール・フラダンに会って詳しい説明を聞きました。

スポーツ

バスク海岸では冬でもサーフィンを楽しむことができます!

ブログ「Allons Rider」のマノンは、冬の間さえサーフィンに情熱を傾けています。波を楽しむということに関して、バスク地方と有名な海岸の素晴らしい環境とはどんなものでしょう?

パッキングの技:西フランスの海辺行き!

さて、何を持って行きましょうか?西フランスの海辺では、天気は気まぐれです。快晴、土砂降り、心地よいそよ風、暴風雨。ここでは、時には一日のうちに、何度も天気が変わることもあります。お出かけ先がブルターニュでも、ノルマンディーでも、あるいはバスク地方でも、France.frがパッキングをお手伝いしましょう…

ノルマンディーで海の写真を撮る

ノルマンディーのジュルヴィルで、エロワ・ド・ラ・モヌレは海の写真を撮っています。それは当たり前のこと、いや陳腐なことに思えるかもしれません。しかし実は、1枚1枚の写真には個人的なストーリーが込められています。

自転車

エクストリームスポーツのヒーロー3人とのコート・ダジュール散策

写真家ジュール・ランジャアールの目を通してBMXとフリーライド*のアスリート、タンギー・ラベルトランドとトム・バレールと一緒にコート・ダジュールを巡る旅をしてみよう。 * 自転車によるアクロバット