今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

料理

料理

料理 

ぜひ
お見逃しなく 

絞り込み

後代に受け継がれるべき料理

ジョエル・ロブションが遺した、代表的な5つのレシピ

ほっぺたも落ちてしまいそうなピュレの生みの親、フランスの料理界に革命を起こしたジョエル・ロブション。「国家最優秀職人賞」「シェフ・オブ・ザ・イヤー」「世紀の料理人」など数々のタイトルを受賞した彼は、並外れた料理のノウハウを後世に遺していきました。料理界の巨星への賞賛の念を込めて、彼の代表作品を5つご紹介しましょう。

カルチャー

5分でわかるノルマンディーのチーズのすべて

繊細な香りのチーズはどんなふうに作られているのか知っていますか…?カマンベール発祥の地、ノルマンディー地方のチーズの全てをお伝えします。

料理

注目人物:ル・プチ・マチュー パリとコルシカ島を行き来するレストラン経営者

ル・プチ・マチューことマチュー・ゴンチエは、料理を通してコルシカ島と地中海への情熱を表現する。ボニファシオとパリで彼が経営する2つのレストランは、いずれも活気に満ちた多彩な雰囲気とともに話題になっている。

料理

インスピレーションあふれるパティシエ、ピエール・エルメ

記念すべきサロン・ドゥ・ラ・パティスリー第1回が2018年6月15日から17日にかけてパリで開催されました。今回、名誉総裁を務めるパティシエのピエール・エルメ氏が、取材に応じてくれました。自身のインスピレーション、最近の傾向、思い出のお菓子、出身地アルザスの名物ほか、おいしいインタビューをどうぞ。

セレクション 

料理

フランスが誇るシェフ ギィ・マルタンが幼少期を過ごした街

パリの一流レストラン「ル・グラン・ヴェフール(Le Grand Véfour)」のシェフ、ギィ・マルタン氏。レストランの厨房にいないとすれば、アルプス山脈の中の町ブール・サン・モーリスにいるでしょう。彼の生まれ故郷であるオート・タランテーズ渓谷を、幼少期を振り返りつつ案内してもらいました。

料理

注目人物:ル・プチ・マチュー パリとコルシカ島を行き来するレストラン経営者

ル・プチ・マチューことマチュー・ゴンチエは、料理を通してコルシカ島と地中海への情熱を表現する。ボニファシオとパリで彼が経営する2つのレストランは、いずれも活気に満ちた多彩な雰囲気とともに話題になっている。

職人

アルザスの伝統菓子「パン・デピス」 職人のこだわり

素晴らしい窯の技を見にアルザスのムツィグやってきた。パン・デピスづくりを見に来たのだ。アルザス名産の微妙な味わいに溢れたこのお菓子は、私たちを優しく冬にいざなってくれる。元クリヨンのシェフパティシエ、クリストフ・フェルデルのアトリエで作られたパン・デピスは特にそうである。

料理

注目人物:リュシル・ダロゼー  シェフパティシエ

ブルゴーニュ地方、ディジョン。白い上着の若い女性が、レストラン「ロワゾー・デ・デュック Loiseau des Ducs」の席まで案内してくれた。2014年に新しくオープンしたこのレストランは、オープンするやいなやミシュランのガイドで星を獲得。ここのシェフパティシエがリュシル・ダロゼーだ。グルメ通の人々は、彼女のことばかり話題にしている。そんな彼女をフォローしよう。

写真家マチュー・ル・ガルと共にブルターニュ地方の街を歩く

ブルターニュ地方の端には、ブレストとプルガステル半島があります。写真家マチュー・ル・ガルが、知る人ぞ知る道を歩きながら街の魅力を紹介します。

料理

ファッションブロガーが紹介するリヨンの魅力

文化遺産とグルメ、名所と知られざる場所。リヨン発のお洒落なライフスタイルを発信する @marieandmoodと一緒に、街を散歩しましょう