フランス領ポリネシアで考案された水上コテージをご存じですか?

コテージは、世界の果てのラグーンでの素晴らしいヴァカンスをイメージさせます。水上コテージは50年前に、フランス領ポリネシアのタヒチの沖合の島で誕生しました。エキゾチックで象徴的な宿泊施設の歴史を辿りましょう。
ラグーンに浸るための天才的なアイデア

1963年、カリフォルニアの3人ヒュー・ケリー、ムック・マッカラム、ジェイ・カーライルはフランス領ポリネシアの魅力に恋しました。観光事業の経験がないにもかかわらず、彼らはソシエテ諸島の2つの島、モーレア島とライアテア島に、Bali Hai(バリハイ)という2つのホテルを開業します。ライアテア島には砂浜がないので、3人は水の上に部屋を創るというアイデアを思いついたのです!パンダナスの葉、ココヤシの幹で作られた藁葺屋根は、ポリネシアの伝統的な住居や漁師の小屋からインスピレーションを受けています。彼らは水上にコテージを建設しますが、それはすぐ目的地の象徴になりました。

海洋動物を観察するためのガラスの床

あなたは波音に揺られながら泳いだり、水かき、マスク、シュノーケルで探検するために、コテージのテラスから全くプライベートに水中に滑り込むことができます。水面に足を垂らして夕日を鑑賞したり、部屋のガラスの床の下を、群れを成して泳ぐラグーンの魚たちを観たり…。成功の鍵はそこにあります。それから丸木舟で提供される朝食は?

このコンセプトが大好きなスターたち

最初の数年間以来、マーロン・ブランドは、ライアテア島のバリハイの水上コテージに足繁く通い、それからフランス領ポリネシアに永続的に定住し、そしてテティアロア島を購入します。今日、ロビンソン・クルーソーの精神は有名人たちを引きつけ続けています。レオナルド・ディカプリオ、ビヨンセ、キアヌ・リーブス、カトリーヌ・ドヌーブ、ヴァンサン・カッセルもまた、タヒチと周辺諸島のターコイズブルーの海にある水上コテージに滞在しています。

島々に広まった水上コテージ

フランス領ポリネシアには現在、884軒の水上コテージがあり、それは7つの島々の22軒のホテルに広がっています。それらのうちひとつを除き、すべてがソシエテ諸島、特にモーレア島とボラボラ島に位置しています。スパ、プライベートプール、細かいところにまで配慮したサービスなど。それらはたいていの場合、豪華な施設で、背景には緑濃い植生で覆われた山々や尖峰があります。その中に、ライアテア島とラグーンを共有する名祖の島にルレ&シャトー タハア アイ ランドリゾート&スパがあります。皮肉なことに、水上コテージが生まれた島には、もはや水上に客室はありません。

トゥアモトゥ諸島の究極の場所

タヒチ島の北西に位置するトゥアモトゥ諸島は、ターコイズブルーの海に浮かぶ優雅な環礁、光り輝く環状珊瑚島です。2015年以来、ランギロア島は水上コテージによるトゥアモトゥ諸島の唯一の宿泊施設キアオラリゾート&スパを受け入れています。

タヒチへの行き方