今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

アートファン

アートファン

アートファン 

ぜひ
お見逃しなく 

絞り込み

美術館・博物館

ルーヴル美術館の見学を成功させる7つのコツ

世界最大規模の美術館であり、世界一来場者の多い美術館であるルーヴル美術館。シンボルであるガラスのピラミッドなど、パリを旅する際には必ずや訪れたい名所です。でもどのように準備しておけば良いでしょうか?これほど有名でスケールの大きい美術館で、どの作品を逃さずに見て、記憶に留めてくれば良いでしょうか。見学前に知っておくと、鑑賞を更に楽しめるコツを全てご紹介します。

カルチャー

5分で分かる、ロワールの古城のすべて

栄枯盛衰、建築的偉業、宮廷のラブストーリー、秘め事…。『千夜一夜物語』よりもさらに感動がいっぱいのロワールの古城を、5分でご案内しましょう!

美術館・博物館

クリスチャン・ラクロワがルーヴル美術館ランス別館で、カージャール朝芸術の演出を手がけます

2018年3月28日から7月22日まで、ルーヴル美術館ランス別館にて、1786年から1925年にかけて黄金時代を経験したイランの王朝カージャールの芸術をテーマにした初の回顧展『L'Empire des roses(バラの帝国)』が開催されます。西洋では正当に評価されていない、非常に独特の美的規範を持つこれらのペルシャの傑作は、長い間キッチュで悪趣味なものとみなされていました。この展覧会のコミッショナーを務めるグウェナエル・フェランジェのイニシアティブによって、ようやくこの過ちが償われたのです。この展覧会の演出を手がけたクリスチャン・ラクロワに、インタビューしました。

カルチャー

誰よりも先に、ドーヴィルの「フランシスケーヌ(Franciscaines)」に入ってみましょう

数か月前から、ドーヴィルでは根強いうわさが流れています。ノルマンディーに新世代の文化施設ができるんだって?修道院の中に?そのとおりです!既にカレーのレース博物館やマルセイユの装飾芸術・服飾博物館を手がけた、建築家アラン・モアッティが設計を担当しました。オープンは2019年の予定ですが、それに先駆けて、工事現場を覗いてみましょう…。