今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

とろけるほど美味しい、パリのアイス屋さん

夏、禁断の愉しみといえばアイスクリーム。パリの街角でもつい手が伸びてしまうもの。でもちょっと待って!せっかくパリに来たのならアイスにもこだわりを。6月、マレ地区の中心にオープンしたばかりのダヴィッド・ヴェスマエルの「ラ・グラスリー」でオリジナリティ溢れるアイスを試してみてはいかが?
とろけるほど美味しい、パリのアイス屋さん
チョコレートの貝殻

ラ・グラスリーに来たらまず最初に試していただきたいのが、このチョコレートキャンディ。チョコレートの貝殻を一口かじると、中からフルーティーな風味のソルベが顔をのぞかせます…。さあ、素敵なおやつの時間の始まりです。

とろけるほど美味しい、パリのアイス屋さん
カシス?ヌガー?それともマロン…?

ブルゴーニュのカシス、モンテリマールのヌガーにアルデショワのマロン…。おなじみのフレーバー35種類に加えて、季節限定で味わえるメニューもあるので選ぶのが大変!全てリールの工房から直接届けられる、ライトな食感にこだわったアイスクリームです。

アイスを一切れ…?

こんなアイスクリームの形は見たことがありますか?筒状の容器に入れられたアイスクリームは、冷凍庫から取り出してすぐにスライスして食べることができるのです!数回に分けて食べたい時や、フルーツやビスケットと一緒にお皿に盛り付けたい時にぴったりです。

とろけるほど美味しい、パリのアイス屋さん
アイスを一切れ…?

こんなアイスクリームの形は見たことがありますか?筒状の容器に入れられたアイスクリームは、冷凍庫から取り出してすぐにスライスして食べることができるのです!数回に分けて食べたい時や、フルーツやビスケットと一緒にお皿に盛り付けたい時にぴったりです。

とろけるほど美味しい、パリのアイス屋さん
メレンゲはお好き?

こちらは、ボンブ・グラッセ(ドーム型のアイスクリーム)とヴァシュラン(メレンゲと生クリームのお菓子)を掛け合わせたような形の「ル・ドーム」。アイスクリームとメレンゲの相乗効果で、まさに最高の食感が実現されました!いくつかのフレーバーを組み合わせて、皆でシェアして食べるのも楽しみ方の一つです。

とろけるほど美味しい、パリのアイス屋さん
国家最優秀職人の称号

フランス北部出身で、2004年には国家最優秀職人章(MOF)を授与されたダヴィッド・ヴェスマエル氏。初めはリールのアイスクリーム専門店から出発し、今年6月にはついにパリ店をオープンしました。ここマレ地区の中心、人気デパートBHVの向かいのお店では、いつでも彼の至極のデザートを楽しむことができます!

とろけるほど美味しい、パリのアイス屋さん
アイスクリームとフルーツのマリア―ジュ

綺麗…!と思わず呟いてしまいそうなプレート。3つの異なるフレーバーのアイスクリームに、フルーツのピュレとメレンゲ、そしてビスケットを飾り付けた、とびきり特別な一皿です。

1つ選ぶなんてできない!

他のお店ではまず見られない、こんなアイスもあります。シチリアのピスタチオやブルゴーニュのカシス、それにスペキュロスがミルクチョコレートでコーティングされたアイスバー。コモロ産のバニラアイスに、マントンのレモンシャーベット。塩キャラメルにアーモンドのアイス、それらがまたアーモンドミルクでコーティングされたらどんな味でしょう?目移りしてしまって、一つに絞るなんてできません!

とろけるほど美味しい、パリのアイス屋さん
1つ選ぶなんてできない!

他のお店ではまず見られない、こんなアイスもあります。シチリアのピスタチオやブルゴーニュのカシス、それにスペキュロスがミルクチョコレートでコーティングされたアイスバー。コモロ産のバニラアイスに、マントンのレモンシャーベット。塩キャラメルにアーモンドのアイス、それらがまたアーモンドミルクでコーティングされたらどんな味でしょう?目移りしてしまって、一つに絞るなんてできません!

さらに詳しく :