今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

ヴェルサイユと現代アート:未来に戻る?!

シーラ・ヒックス、「Proserpine en Chrysalide(さなぎにになったプロセルピナ)」、© ADAGP, Paris 2017
ヴェルサイユ宮殿は、過去だけに目を向けた古典的な組織ですって?いいえ、とんでもありません!2008年より、今を時めく有名現代アーティストたちが作品を展示して宮殿に新風を吹き込んでおり、われわれが毎年ヴェルサイユを(再)訪問する理由になっています。
2017年:「voyage d'hiver(冬の旅)」、360度の方向転換
マーク・マンダース、「Dry Clay Head(ドライ・クレイ・ヘッド)」、2015年‐2017年 着色したブロンズ Courtesy of the artiste, Zeno X Gallery(アントワープ), Tanya Bonakdar(ニューヨーク)"

10回目となる今回、ヴェルサイユに招待されたのは、アーティスト集団です。パレ・ド・トーキョーのキュレーションの下、木立ちの中に「秋の輝きから冬のまばゆい鉱物まで」、斬新なコースが設けられてています。ここでは、シーラ・ヒックス、ジャン=マリー・アプリウ、オリバー・ビアー、リック・オウエンスらの作品に出会えます。

2016年:オラファー・エリアソン、可能性の入口
オラファー・エリアソン 「Waterfall(滝)」、2016年 インスタレーションの眺め、ヴェルサイユ宮殿、2016年

デンマークとアイスランドのハーフのアーティスト、オラファー・エリアソンが、「水」、「環境」、「自己認識」をテーマにした6作品によって、ヴェルサイユ宮殿と庭園をひそかに自分のものにしました。光による視覚のダンスです。

2015年:アニッシュ・カプーア、両刃の剣
「Dirty Corner(ダーティ・コーナー)」 2011年-2015年 Courtesy Lisson Gallery, Galleria Massimo Minini, Galleria Continua, Kamel Mennour and Kapoor Studio

ヴェルサイユ宮殿の庭園からジュ・ド・ポーム球戯場まで、「権力を手にした王妃の膣」の象徴「Dirty Corner」をはじめ、インド人アーティスト、アニッシュ・カプーアの印象的な6つのインスタレーションが衝撃的な経路を構成しました。

2014年:李禹煥(リ・ウーファン)、瞑想的な散歩
「Relatum - L'Arche de Versailles(関係項‐ヴェルサイユのアーチ)」2014年 ステンレススチール、石2個、© Lee Ufan Courtesy of the artist, Kamel Mennour, Paris/London and Pace, New York

韓国の画家で彫刻家、ミニマリズムの巨匠の彼は、ヴェルサイユをきわめて繊細にとらえています。巧みで無駄のない作業により、風景の中に静かに設置された主に石でできた作品を用いて、彼は空白を理論づけました。うっとりするような幻想的なコンセプトです。

2013年:ジュゼッペ・ペノーネ、豪華絢爛なる王国でアルテ・ポーヴェラ
ジュゼッペ・ペノーネ、「Albero folgorato(雷に打たれた木)」、2012年

アルテ・ポーヴェラの旗手と目されたイタリアのアーティスト、ジュゼッペ・ペノーネは、ル・ノートルが設計した庭園に、木や岩やブロンズでできた木の彫刻でリズムを与えることにより、人間と自然との関係を問いました。

2012年:ジョアンナ・ヴァスコンセロス、権力の座にある王妃
「Valquíria Enxoval」、2009年  ジョアンナ・ヴァスコンセロス

ヴェルサイユ宮殿に招待された初の女性、著名なポルトガル人アーティストのジョアンナ・ヴァスコンセロスは、大胆さ、実験、自由を称える奇抜で陽気な作品を鏡の間に設置しました。

2011年:ベルナール・ヴェネ、勝ち誇った出会い
「85.8˚ Arc x 16(85.8度の弧x16)」 2011年  耐候性鋼  高さ:22メートル 展覧会:「ヴェルサイユでのヴェネ」、 ヴェルサイユ宮殿、2011年

ニース出身のアーティストで、コンセプチュアル・アートの創始者ベルナール・ヴェネは、このイベントのために創作した、茶色のスチールの巨大な円弧からなる、7つの堂々たる作品をヴェルサイユの領地とマルリーの領地に展示しました。

2010年:村上隆、生きる喜びへの賛歌

大いにユーモアのセンスとイマジネーションのある日本人アーティスト村上隆は、「ヴェルサイユの不思議の国」で、歴史と時流、漫画的な美意識とポップカルチャーの融合を考案しました。

2009年:グザヴィエ・ヴェイヤン、大きなスケール
「Le Carrosse(馬車)」、2009年 展覧会風景、「ヴェイヤン ヴェルサイユ」、ヴェルサイユ宮殿、2009年 フランス文化・通信省からの注文作品、フランス国立造形芸術センター © Veilhan / ADAGP, Paris, 2017

立体的な華々しい彫刻が点在する散歩道を通して、造形芸術家グザヴィエ・ヴェイヤンは、自身の作品をヴェルサイユの建築と巧みに対話させ、調和させるという賭けに見事に成功しました。

2008年:ジェフ・クーンズ、過激さの王様
「Balloon Dog(バルーン・ドッグ)」 ジェフ・クーンズ

このアメリカの“スーパースター”アーティストは、見事な悪趣味とボリュームによって、王の大居室の奇異な装飾に挑みました。けばけばしい彫刻によって、ルイ14世の供宴のにぎやかな興奮が受け継がれています。

ヴェルサイユへの行き方 

関連
記事 

都市

パリジャン気分に浸れる場所-オテル・ド・クリヨン

改装を経て、先日仏ホテル最高の 格付け「パラス」を付与された、フランス新古典主義のアイコン、オテル・ド・クリヨン。18世紀のパリのエスプリと、現代のそれを融合し生み出された、時代を超越するエレガンスをあなたに。

美術館・博物館

お見逃しなく!パリの展覧会情報 2018-2019

今シーズンはどんな展覧会がパリの美術館や博物館で催されるのでしょう?印象派、ポップ・アイコン、過激なアンダーグラウンド・アート、キュビスム…多彩な分野とジャンルが陽気に混ざり合い、絵、彫刻、写真、音楽をもって表現されます。常識を覆す展覧会の数々、必見です!パリの週末を過ごすにはここがおすすめ、もちろん週末以外でも!

クルージング

セーヌ川クルーズに新たな価値を与えたアラン・デュカス

ノートルダム大聖堂、歴史ある橋、たくさんの遊覧船、いつも変わらぬ佇まいのそれらがセーヌ川のすべてだと思ったらそれは大間違いである。セーヌの魅力はとどまるところを知らない。フランス料理界の巨匠アラン・デュカスの厨房が水上クルーズしているなんて、それはもう驚くどころではないはずだろう。一体どういうことか、以下の1、2、3でお教えしよう。

ゴルフ

ライダーカップ2018に参加するゴルファー気分で ヴェルサイユを旅する

ヴェルサイユ宮殿から目と鼻の先で開催されるライダーカップ。この栄えある大会を味わうのに、世界屈指のゴルファーになる必要はありません。大会に参加するゴルファーたちと同じ経験ができる旅のアイディアをいくつか紹介しますので、ここヴェルサイユで、ゴルフとグルメの週末を楽しんでみませんか。

ライダーカップ

ライダーカップ2018の開催地、ル・ゴルフ・ナショナル

パリのすぐそば、サン・カンタン・アン・イヴリーヌにあるこの輝かしいコースで2018年9月、ライダーカップが開催されます。それこそが、ル・ゴルフ・ナショナルでプレーする理由のひとつでしょう。ですが、理由はそれだけにとどまりません…。

ゴルフ

ドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブで過ごす1日

名高いシャンティイ城から5分、パリの北40分の場所に位置するドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブはゴルファー、ファミリー、グルメに理想的。1日、あるいは週末をここで過ごして、ライダーカップの雰囲気に浸りましょう。

関連
記事 

都市

パリジャン気分に浸れる場所-オテル・ド・クリヨン

改装を経て、先日仏ホテル最高の 格付け「パラス」を付与された、フランス新古典主義のアイコン、オテル・ド・クリヨン。18世紀のパリのエスプリと、現代のそれを融合し生み出された、時代を超越するエレガンスをあなたに。

美術館・博物館

お見逃しなく!パリの展覧会情報 2018-2019

今シーズンはどんな展覧会がパリの美術館や博物館で催されるのでしょう?印象派、ポップ・アイコン、過激なアンダーグラウンド・アート、キュビスム…多彩な分野とジャンルが陽気に混ざり合い、絵、彫刻、写真、音楽をもって表現されます。常識を覆す展覧会の数々、必見です!パリの週末を過ごすにはここがおすすめ、もちろん週末以外でも!

クルージング

セーヌ川クルーズに新たな価値を与えたアラン・デュカス

ノートルダム大聖堂、歴史ある橋、たくさんの遊覧船、いつも変わらぬ佇まいのそれらがセーヌ川のすべてだと思ったらそれは大間違いである。セーヌの魅力はとどまるところを知らない。フランス料理界の巨匠アラン・デュカスの厨房が水上クルーズしているなんて、それはもう驚くどころではないはずだろう。一体どういうことか、以下の1、2、3でお教えしよう。

ゴルフ

ライダーカップ2018に参加するゴルファー気分で ヴェルサイユを旅する

ヴェルサイユ宮殿から目と鼻の先で開催されるライダーカップ。この栄えある大会を味わうのに、世界屈指のゴルファーになる必要はありません。大会に参加するゴルファーたちと同じ経験ができる旅のアイディアをいくつか紹介しますので、ここヴェルサイユで、ゴルフとグルメの週末を楽しんでみませんか。

ライダーカップ

ライダーカップ2018の開催地、ル・ゴルフ・ナショナル

パリのすぐそば、サン・カンタン・アン・イヴリーヌにあるこの輝かしいコースで2018年9月、ライダーカップが開催されます。それこそが、ル・ゴルフ・ナショナルでプレーする理由のひとつでしょう。ですが、理由はそれだけにとどまりません…。

ゴルフ

ドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブで過ごす1日

名高いシャンティイ城から5分、パリの北40分の場所に位置するドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブはゴルファー、ファミリー、グルメに理想的。1日、あるいは週末をここで過ごして、ライダーカップの雰囲気に浸りましょう。