パリ・ノートルダム大聖堂の6つの秘密

パリの中心で高くそびえるこの大聖堂は、850年以上にわたってシテ島を見守ってきました。ゴシック建築の至宝であり、フランス史の真の証人として、暗黒の時代を生きながらえたのです。中世から20世紀まで、パリ・ノートルダム大聖堂にまつわる6つの知られざる秘密が、ここに紐解かれます。
シテ島の第5世代

1163年、ノートルダム大聖堂の礎となった最初の石は、厳密には最初ではありません! シテ島のこの地には、聖エティエンヌ(聖ステファノ)に捧げられた4世紀の初期キリスト教の教会、メロヴィング朝の教会堂、カロリング朝の大聖堂、ロマネスク様式の大聖堂と、4つの教会がすでに建立されてきたからです。これらの建築に使われた石材はノートルダムの建設者たちの手により再利用され、2度目の生を受けた装飾も少なくなかったのです。聖アンナのポルタイユ(正面入口)にある聖母の彫像はそうした装飾のひとつで、1140年〜1150年に作られたロマネスク様式の傑作です。

ノートルダムを救うため、ナポレオン1世とヴィクトル・ユーゴーが“団結”

19世紀、大聖堂が消滅の危機にあったことをご存知でしょうか。フランス革命で荒廃し、“理性の神殿(temple de la Raison)”に改称され、その後は倉庫として使われました。ついには建物が崩壊しはじめ、完全に破壊すべきという話が持ち上がったのです。その運命を免れることができたのは、1804年に皇帝に即位したナポレオン1世の、そしてそれ以上に、大聖堂救済のため名著『ノートルダム・ド・パリ(ノートルダムのせむし男)』を1831年に出版したヴィクトル・ユーゴーのおかげでした。その後1845年になって、建築家ウジェーヌ・ヴィオレ・ル・デュクによる大掛かりな修復が始まるという吉報を、ユーゴーは耳にすることになるのです。

サン・キュロットの手で首を失った王たち

フランス革命の最中、ポルタイユの上にある王のギャラリーの彫像が消失し、頭部が落とされました。サン・キュロット(革命を推進した民衆層)がこれらの像を、ユダヤの王ではなくフランスの王と勘違いしたからです。1977年、彫像28体のうち21個の頭部が、パリ9区の邸宅の建設現場で発見。また、王の彫像群はポルタイユの上部に元の形で復元されました。発掘されたオリジナルの頭部は現在、国立クリュニー中世美術館に展示されています。

使徒立像群の侵入者

ヴィオレ・ル・デュクが12世紀の様式で大聖堂の尖塔を復元した際、尖塔を取り囲む十二使徒の彫像を制作しました。このとき、建築家は大胆な行動に出ます。自身の作品である尖塔を見つめる聖トマ像を、自分の姿に似せたのです! ちなみに、聖トマは建築家たちの守護聖人にあたるそうです。

時代錯誤のキマイラたち

屋根のいたるところに鎮座する、怪物の姿をしたガーゴイルの歴史は中世にさかのぼりますが、ノートルダム大聖堂の高所に点在するキマイラ(シメール)は、ヴィオレ・ル・デュクの想像力と読書の産物です。悪魔のような奇妙な生物たちの中で最も有名なのが、シャルル・メリヨンの銅版画からヒントを得た、色欲を寓意化したストリガ(飽くなき吸血鬼)で、パリという都市を表す象徴のひとつとなっています。

敬虔なオンドリ

19世紀に完全復元された尖塔の先を飾るオンドリは、実は一般的な風見鶏ではありません。1935年以来、ここには聖ドニと聖女ジュヌヴィエーヴの聖遺物や、聖ルイが1239年に持ち帰ったイバラの冠の一部が収められているのです。当時のパリ大司教ヴェルディエは信者たちを守るため、精神的な避雷針を、尖塔の上に作りたかったようです!