今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

ライダーカップ2018の開催地、ル・ゴルフ・ナショナル

パリのすぐそば、サン・カンタン・アン・イヴリーヌにあるこの輝かしいコースで2018年9月、ライダーカップが開催されます。それこそが、ル・ゴルフ・ナショナルでプレーする理由のひとつでしょう。ですが、理由はそれだけにとどまりません…。
1. なんといっても、あのライダーカップが開催される栄えあるコースであること

ゴルフのライダーカップは、サッカー・ワールドカップとオリンピックに続いて、世界第3位のTV視聴者数を誇る一大スポーツイベントです。よって、ル・ゴルフ・ナショナルはこの伝説的な大会の開催後、過去にその舞台となったヨーロッパのいくつかの名門コースから成る特別なクラブの仲間入りを果たすことになります。つまり、ル・ゴルフ・ナショナルでプレーすることは、ゴルフの歴史に名を刻んだコースでプレーすることを意味します。
ライダーカップ2018のウェブサイト (外部リンク)

2. 難易度の高いチャレンジングなコースを備えていること

ル・ゴルフ・ナショナルはヨーロッパ屈指の難コースを備えています。その証拠に今年6月、フランス人ゴルファー、ミカエル・ロレンゾ・ヴェラが、「黒いボール で示されたプロ向けスタート地点からアマチュアが100を切るスコアでパー72のこのコースを回ることは不可能だ」とさえ述べています。さあ、この難しいコースに挑み、彼の認識が誤りであることを証明しませんか?
ル・ゴルフ・ナショナルのウェブサイト (外部リンク)

3. オープン・ド・フランスの開催コースであること

1991年よりル・ゴルフ・ナショナルはヨーロピアンツアーを構成するオープン・ド・フランスの開催コースとなっています(1999年と2001年を除く)。レティーフ・グーセン、コリン・モンゴメリー、ホセ・マリア・オラサバル、マルティン・カイマーなど超一流のゴルファーたちがアルバトロス(ル・ゴルフ・ナショナルにふたつある18ホールのコースのひとつ)のグリーンでプレーし、勝利を収めました。さあ、今度はあなたがパットを試す番です。
オープン・ド・フランスのウェブサイト (外部リンク)

4. ビリヤード台の上でプレーしているような完璧な芝を誇ること

スペイン人グリーンキーパー、アレハンドロ・レイエスと彼のチームがアルバトロスをヨーロッパ大陸屈指の美しさを誇るコースに仕立て上げました。近くに海はありませんが、アルバトロスはなぜかリンクス(海沿いのゴルフ場)の香気をまとっています。完璧に整えられたフェアウェイやグリーンを備えたコースはじつに美しく、ファンタスティックなラウンドが楽しめます。

5. それぞれのレベルと好みに合わせて楽しめること
6. すぐ近くにヴェルサイユ宮殿があること

パリも決して遠くはありませんが、ヴェルサイユ宮殿まではなんと車でほんの数分です。ルイ14世が造らせた有名な庭園を散策し、バロック音楽を聴きながら噴水をめでましょう。ここでひとつ、注意。ヴェルサイユ宮殿の芝生が完璧に手入れされているとはいえ、ここはゴルフを楽しむ場所ではありません。くれぐれもクラブはご持参なさいませんように…。
ヴェルサイユ宮殿のウェブサイト (外部リンク)

ゴルフ・ナショナルへのアクセス 

他のアイデア
を見る 

関連
記事 

ゴルフ

ライダーカップフランス大会まであと1年:カウントダウンスタート!

2018年のライダーカップは、ライダーカップ史上初のフランスでの開催。この伝説のゴルフカップが、2018年9月28日から30日、パリ地方にあるゴルフ・ナショナルで行われます。それまで待つために、欧州選抜のキャプテン、トーマス・ビヨンに、カウントダウンに当たってインタビューをお願いしました。

ゴルフ

ライダーカップ2018に参加するゴルファー気分で ヴェルサイユを旅する

ヴェルサイユ宮殿から目と鼻の先で開催されるライダーカップ。この栄えある大会を味わうのに、世界屈指のゴルファーになる必要はありません。大会に参加するゴルファーたちと同じ経験ができる旅のアイディアをいくつか紹介しますので、ここヴェルサイユで、ゴルフとグルメの週末を楽しんでみませんか。

ゴルフ

ゴルフ ライダー・カップ:パリの休日に魅了されたキャプテンたち

2018年にパリで開催されるゴルフの全米チームと全欧チームの決戦、ライダー・カップまであと1年、ジム・フューリックとトーマス・ビヨンが、大会への...

ゴルフ

アリアンヌ・プロヴォーと楽しむ、バスク地方のグリーン

海と山、穏やかな気候、陽気な生活スタイルに恵まれたバスク地方は、ゴルフファンとアフターゴルフの天国。半径30kmに8つのコースがあり、ゴルフは時々楽しむ程度、という人から上級者やプロまで、それぞれに合ったコースをどのように選べばよいのでしょう。バスク地方のブロガー、ジュリアン・ディズダルが、グリーンの微妙な違いを教えてもらおうと女性ゴルファー、アリアンヌ・プロヴォーと会って来ました。

ゴルフ

5分で分かるフランスのゴルフ事情

サン・カンタン・アン・イヴリーヌにあるル・ゴルフ・ナショナル(国立ゴルフ場)にて、フランスで初めて、由緒ある「ライダーカップ」が開催されるま...

関連
記事 

ゴルフ

ライダーカップフランス大会まであと1年:カウントダウンスタート!

2018年のライダーカップは、ライダーカップ史上初のフランスでの開催。この伝説のゴルフカップが、2018年9月28日から30日、パリ地方にあるゴルフ・ナショナルで行われます。それまで待つために、欧州選抜のキャプテン、トーマス・ビヨンに、カウントダウンに当たってインタビューをお願いしました。

ゴルフ

ライダーカップ2018に参加するゴルファー気分で ヴェルサイユを旅する

ヴェルサイユ宮殿から目と鼻の先で開催されるライダーカップ。この栄えある大会を味わうのに、世界屈指のゴルファーになる必要はありません。大会に参加するゴルファーたちと同じ経験ができる旅のアイディアをいくつか紹介しますので、ここヴェルサイユで、ゴルフとグルメの週末を楽しんでみませんか。

ゴルフ

ゴルフ ライダー・カップ:パリの休日に魅了されたキャプテンたち

2018年にパリで開催されるゴルフの全米チームと全欧チームの決戦、ライダー・カップまであと1年、ジム・フューリックとトーマス・ビヨンが、大会への...

ゴルフ

アリアンヌ・プロヴォーと楽しむ、バスク地方のグリーン

海と山、穏やかな気候、陽気な生活スタイルに恵まれたバスク地方は、ゴルフファンとアフターゴルフの天国。半径30kmに8つのコースがあり、ゴルフは時々楽しむ程度、という人から上級者やプロまで、それぞれに合ったコースをどのように選べばよいのでしょう。バスク地方のブロガー、ジュリアン・ディズダルが、グリーンの微妙な違いを教えてもらおうと女性ゴルファー、アリアンヌ・プロヴォーと会って来ました。

ゴルフ

5分で分かるフランスのゴルフ事情

サン・カンタン・アン・イヴリーヌにあるル・ゴルフ・ナショナル(国立ゴルフ場)にて、フランスで初めて、由緒ある「ライダーカップ」が開催されるま...