ドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブで過ごす1日

名高いシャンティイ城から5分、パリの北40分の場所に位置するドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブはゴルファー、ファミリー、グルメに理想的。1日、あるいは週末をここで過ごして、ライダーカップの雰囲気に浸りましょう。
9時

小さな湖にボールを打ち込むというユニークなウォーミングアップを終えたら、ホテルを背にして広がる18ホールのコースを回ります。2泊の滞在を予定しているのであれば、アプルモン・ゴルフクラブとラレ・ゴルフクラブでもプレーできる特別パッケージ「ライダーカッププラン」がおすすめ。18番ホールが有名なラレ・ゴルフクラブは、ジャン・コクトーがジャン・マレーを主演に製作した伝説の映画、『美女と野獣』の舞台となったラレ城のすぐそばにあります。

13時

クラブハウスのレストラン「スイングSwing」でランチをとって充電しましょう。午前中にダブルボギー、打ち損ないのドライバーショット、スリーパットなどのミスの見舞われたとしても、スイングの品数豊富な絶品ビュッフェを食べれば気分は上々、活力が漲るはずです。

14時

秀麗なシャンティイ城は必見です。19世紀末にオマール公が寄贈した絵画や古書のコレクションも見応えあり。広々とした厩舎とル・ノートルが設計した庭園を散策したあとは、領地内に設けられたル・アモー(田園風の集落)で、17世紀にこの城の料理長だったフランソワ・ヴァテールが考案したとされているかの有名なクレーム・シャンティイ(ホイップクリーム)を味わいましょう。シャンティイ城は多彩なジャンルの芸術に愛された場所で、そこには映画芸術も含まれます。その証拠に、ロジャー・ムーアがジェームズ・ボンド役を演じた1985年公開の映画、『007 美しき獲物たち』のシーンの多くがここで撮影されました。

16時

城からほんのすぐの場所にある「ポタジェ・デ・プランスPotager des Princes」は意外な穴場で、大人も子どもも夢中になること請け合いです。大コンデ(ルイ2世)が1682年に雉飼育場として整備し、現在は植物園と小さな動物園になっているこの施設では、ウサギのレース、雌鳥のオーケストラ、元気いっぱいのボーダーコリー犬「フエゴ」が羊と鴨の小さな群れを操るショーなど、ファミリーで楽しめるイベントが定期的に開催されています。

18時

ドルチェ・シャンティイ・ホテルに戻り、プールでリラックスのひとときを楽しみましょう。プールは屋外のほかに屋内にも一つあり、すぐそばにサウナ、ハマム、フィットネスルームを併設しています。ビーチバレーにテニスに乗馬…ここではスポーツ好きには退屈する暇などありません。野外で身体を動かす清々しさをたっぷり味わえます。

20時30分

ドルチェ・シャンティイ・ホテルの美食レストラン「ドナテロDonatello」で、シェフ、ジミー・エリザベトの料理を堪能しましょう。カレー、ココナッツ、ウコン、コブミカンの葉などを使ったスパイシーで洗練された料理が特徴です。ここはスイートな雰囲気のもとで、活動的な1日を美しく締めくくるのにぴったりのレストラン。デザートにはぜひ、丸いマンゴーパッションチョコレートケーキをご賞味あれ。極上の味わいです!

他のアイデア
を見る