今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

ギャラリー・ラファイエットのクリスマスの舞台裏

微小な星と駐車場でキラキラ光るわずかのラメ以外には、このサン・モール・デ・フォセの住宅街で行われていることを推測させるものは何もありません。秘密は厳重に守られています。クリスマスの約2か月前、毎年ギャラリー・ラファイエットのクリスマスデコレーションの準備が行われる、パリの東部郊外にあるこのアトリエに潜入することができました。

重厚な扉を開けると、樹脂とおがくずの混ざり合った匂いがわれわれを迎えます。壁には工具がすぐに使えるように掛けられています。床には木切れやセロテープの切れ端、膨らまされた風船、ラメ粉などが落ちています。
アトリエには活気があります。ブルーの作業服を着た人もいれば、シンプルなジーンズ姿の人もいますが、全員ペンキやニスの染みがついています。大きなガラス屋根の下はひんやりとしていますが、照明は煌々と灯されています。窓にニスを塗る人、りんごあめを磨く人、綿菓子を形作る人…。誰もが忙しく働いています。ハンマーがテンポよく打たれ、鋸とサンドペーパーが調和して動きます。

慌ただしく動き回るクリスマスの職人たち

「私の真っ白なガチョウに染みをつけないように気を付けて!」観覧車とたくさんのクロムめっきされた風船の間で、クリスマスの職人たちが慌ただしく動き回る様子が眺められます。ボザールやエコール・ブールからやって来た、金属や布地が専門の彼らは、磨いたり、色を塗ったり、コーティングしたりしていますが、何でも器用にこなします。ここでは、割り当てられた役割も場所もありません。空いている場所で必要な作業をするのです。ニーズと手の空き具合に応じて、チームが組まれては、またばらばらになります。

真っ赤なりんごあめ

まだ真っ白なデコレーションの中に、カラーが少しずつ取り入れられます。5分前まで綿菓子を巻いていたマチルドが、まだ完全にはパレードの準備ができていない象の足に色を塗っているのが見えます。ローラはあっという間に色が真っ赤なりんごあめに変化する、不思議な混合物を準備しています。一方アンジェラは、クロムめっきのピストルを置き、風船を梱包しています。風船には、ブルー、ピンク、シルバーがあり、すべてはパリのギャラリー・ラファイエット・オスマン店のかの有名なガラスのドームの下に設置される大きなクリスマスツリーのためのものです。
突然、静寂の中で、メリーゴーランドが回転を始めます…。もうすぐ休憩時間です。でもあまり長くは休めません。なぜならば、今度は観覧車が仕上げの準備を待っていますから。帰る前に、われわれは衣服や髪に積もった埃やラメを吹き払うために、送風清掃機をかけます。そして駐車場に戻ってきました。もしやこれは夢だったのでしょうか?確認のために、クリスマスシーズンが始まったらすぐに、オスマン通り40番地へと向かうことにしましょう。

パリへの行き方 

他のアイデア
を見る 

関連
記事 

美術館・博物館

お見逃しなく!パリの展覧会情報 2018-2019

今シーズンはどんな展覧会がパリの美術館や博物館で催されるのでしょう?印象派、ポップ・アイコン、過激なアンダーグラウンド・アート、キュビスム…多彩な分野とジャンルが陽気に混ざり合い、絵、彫刻、写真、音楽をもって表現されます。常識を覆す展覧会の数々、必見です!パリの週末を過ごすにはここがおすすめ、もちろん週末以外でも!

クルージング

アラン・デュカスはいかにしてセーヌのクルーズに新たな価値を与えたのか

ノートルダム大聖堂、歴史ある橋、たくさんの遊覧船、いつも変わらぬ佇まいのそれらがセーヌ川のすべてだと思ったらそれは大間違いである。セーヌの魅力はとどまるところを知らない。フランス料理界の巨匠アラン・デュカスの厨房が水上クルーズしているなんて、それはもう驚くどころではないはずだろう。一体どういうことか、以下の1、2、3でお教えしよう。

ライダーカップ

ライダーカップ2018の開催地、ル・ゴルフ・ナショナル

パリのすぐそば、サン・カンタン・アン・イヴリーヌにあるこの輝かしいコースで2018年9月、ライダーカップが開催されます。それこそが、ル・ゴルフ・ナショナルでプレーする理由のひとつでしょう。ですが、理由はそれだけにとどまりません…。

ゴルフ

ライダーカップ2018に参加するゴルファー気分で ヴェルサイユを旅する

ヴェルサイユ宮殿から目と鼻の先で開催されるライダーカップ。この栄えある大会を味わうのに、世界屈指のゴルファーになる必要はありません。大会に参加するゴルファーたちと同じ経験ができる旅のアイディアをいくつか紹介しますので、ここヴェルサイユで、ゴルフとグルメの週末を楽しんでみませんか。

ゴルフ

ドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブで過ごす1日

名高いシャンティイ城から5分、パリの北40分の場所に位置するドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブはゴルファー、ファミリー、グルメに理想的。1日、あるいは週末をここで過ごして、ライダーカップの雰囲気に浸りましょう。

ゴルフ

パリの西部にある魅力あふれるゴルフ場8選

ライダーカップの舞台として、ル・ゴルフ・ナショナルは伝説のコースの仲間入りを果たすことになりましたが、パリの西部にはほかにも思わずドライバーを握りたくなるような華麗で名高いゴルフ場が揃っています。その中から8つのサイトを紹介しましょう。

関連
記事 

美術館・博物館

お見逃しなく!パリの展覧会情報 2018-2019

今シーズンはどんな展覧会がパリの美術館や博物館で催されるのでしょう?印象派、ポップ・アイコン、過激なアンダーグラウンド・アート、キュビスム…多彩な分野とジャンルが陽気に混ざり合い、絵、彫刻、写真、音楽をもって表現されます。常識を覆す展覧会の数々、必見です!パリの週末を過ごすにはここがおすすめ、もちろん週末以外でも!

クルージング

アラン・デュカスはいかにしてセーヌのクルーズに新たな価値を与えたのか

ノートルダム大聖堂、歴史ある橋、たくさんの遊覧船、いつも変わらぬ佇まいのそれらがセーヌ川のすべてだと思ったらそれは大間違いである。セーヌの魅力はとどまるところを知らない。フランス料理界の巨匠アラン・デュカスの厨房が水上クルーズしているなんて、それはもう驚くどころではないはずだろう。一体どういうことか、以下の1、2、3でお教えしよう。

ライダーカップ

ライダーカップ2018の開催地、ル・ゴルフ・ナショナル

パリのすぐそば、サン・カンタン・アン・イヴリーヌにあるこの輝かしいコースで2018年9月、ライダーカップが開催されます。それこそが、ル・ゴルフ・ナショナルでプレーする理由のひとつでしょう。ですが、理由はそれだけにとどまりません…。

ゴルフ

ライダーカップ2018に参加するゴルファー気分で ヴェルサイユを旅する

ヴェルサイユ宮殿から目と鼻の先で開催されるライダーカップ。この栄えある大会を味わうのに、世界屈指のゴルファーになる必要はありません。大会に参加するゴルファーたちと同じ経験ができる旅のアイディアをいくつか紹介しますので、ここヴェルサイユで、ゴルフとグルメの週末を楽しんでみませんか。

ゴルフ

ドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブで過ごす1日

名高いシャンティイ城から5分、パリの北40分の場所に位置するドルチェ・シャンティイ・ゴルフクラブはゴルファー、ファミリー、グルメに理想的。1日、あるいは週末をここで過ごして、ライダーカップの雰囲気に浸りましょう。

ゴルフ

パリの西部にある魅力あふれるゴルフ場8選

ライダーカップの舞台として、ル・ゴルフ・ナショナルは伝説のコースの仲間入りを果たすことになりましたが、パリの西部にはほかにも思わずドライバーを握りたくなるような華麗で名高いゴルフ場が揃っています。その中から8つのサイトを紹介しましょう。