今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

セーヌ川クルーズに新たな価値を与えたアラン・デュカス

ノートルダム大聖堂、歴史ある橋、たくさんの遊覧船、いつも変わらぬ佇まいのそれらがセーヌ川のすべてだと思ったらそれは大間違いである。セーヌの魅力はとどまるところを知らない。フランス料理界の巨匠アラン・デュカスの厨房が水上クルーズしているなんて、それはもう驚くどころではないはずだろう。一体どういうことか、以下の1、2、3でお教えしよう。

1. 船上のエコレストラン「デュカス・シュル・セーヌ」

アラン・デュカスは、このセーヌ川を巡行する船上レストランについて、料理を語るよりも前に「清潔で静かで、都市の新たなモビリティを象徴する、地球に優しい電気式船舶のクルーズにようこそ」とコメントしてみせた。クルーズが楽しめて、料理を味わえるだけでなく、環境に対する責任や持続可能性があることを示唆しているのである。
世界初の100%電動駆動の船上レストランを手がけた建築家ジェラール・ロンザッティは、「デュカス・シュル・セーヌのクルーズは、まるでパリを移動撮影しているかのよう」と説明している。

Pont Ducasse sur Seine ©pmonetta-8590 - opt

2. まごうことなき美食の旅へ

セーヌ川に滑り出せば、そこはもう魔法の時間だ。シェフのフランソワ・フォーヴェルが率いる36人の料理人とパティシエのチームが、アラン・デュカスが考案したメニューを演奏するがごとく調理する。皿の上に繰り広げられるそのスペクタクルを前にすれば、きっと感動の鳥肌が立つことだろう。
デュカス・シュル・セーヌでは、コンテンポラリーなフランス料理、コースごとのペアリングにはフランス国内の葡萄畑で手間暇をかけて作られたワインが供され、スパイスへの漬け込みや塩釜焼き、アラン・デュカスならではのじっくりと煮詰めたソース……それらが醸す濃厚な味わいを堪能できるものとなっている。

Ducasse sur Seine Tour eiffel-18vignette ©pmonetta-7874 opt

3. パリに投げかける新たな視線

セーヌの右岸から乗船すれば、目の前にそびえ立つのはシャイヨの丘だ。トロカデロ地区とエッフェル塔にまたがる景色は絵になることこの上ない。
日中はもちろん夜間も、ノートルダム大聖堂、ルーヴル美術館、オルセー美術館、シテ島、サン=ルイ島……といった美術館やモニュメントの数々、新しく整備が進む岸辺の佇まいが、歴史あるパリの今昔を語りかけてくる。
ディナータイムには、まどろみ始めたパリの街を船が静かにすり抜ける。クルーズの終点は乗船と同じ場所だ。反対の左岸へと降り立つと、そこはエッフェル塔の足もとである。ライトアップされた貴婦人の魅力的な姿に目を奪われることだろう。
お急ぎの時は、喫茶タイムに停泊したデュカス・シュル・セーヌを利用することも可能である。

関連
記事 

料理

ヴェルサイユにデュカス、または国王たちの宴

観光名所ヴェルサイユ宮殿には、美食レストランもあります。フランスのガストロノミーを象徴するアラン・デュカスは、歴史が詰まった場所「デュフール棟」を改装し、レストラン「オール」(ラテン語で「口」の意味)をオープンしました。メニューからウェイターの服装、雰囲気からテーブルアートまで、すべての要素が相俟って、ヴェルサイユのサロンでのディナーが特別な経験になるのです。料理を手がけるシェフ、ステファン・デュシロンに話を伺いました。

後代に受け継がれるべき料理

ジョエル・ロブションが遺した、代表的な5つのレシピ

ほっぺたも落ちてしまいそうなピュレの生みの親、フランスの料理界に革命を起こしたジョエル・ロブション。「国家最優秀職人賞」「シェフ・オブ・ザ・イヤー」「世紀の料理人」など数々のタイトルを受賞した彼は、並外れた料理のノウハウを後世に遺していきました。料理界の巨星への賞賛の念を込めて、彼の代表作品を5つご紹介しましょう。

料理

インスピレーションあふれるパティシエ、ピエール・エルメ

記念すべきサロン・ドゥ・ラ・パティスリー第1回が2018年6月15日から17日にかけてパリで開催されました。今回、名誉総裁を務めるパティシエのピエール・エルメ氏が、取材に応じてくれました。自身のインスピレーション、最近の傾向、思い出のお菓子、出身地アルザスの名物ほか、おいしいインタビューをどうぞ。

関連
記事 

料理

ヴェルサイユにデュカス、または国王たちの宴

観光名所ヴェルサイユ宮殿には、美食レストランもあります。フランスのガストロノミーを象徴するアラン・デュカスは、歴史が詰まった場所「デュフール棟」を改装し、レストラン「オール」(ラテン語で「口」の意味)をオープンしました。メニューからウェイターの服装、雰囲気からテーブルアートまで、すべての要素が相俟って、ヴェルサイユのサロンでのディナーが特別な経験になるのです。料理を手がけるシェフ、ステファン・デュシロンに話を伺いました。

後代に受け継がれるべき料理

ジョエル・ロブションが遺した、代表的な5つのレシピ

ほっぺたも落ちてしまいそうなピュレの生みの親、フランスの料理界に革命を起こしたジョエル・ロブション。「国家最優秀職人賞」「シェフ・オブ・ザ・イヤー」「世紀の料理人」など数々のタイトルを受賞した彼は、並外れた料理のノウハウを後世に遺していきました。料理界の巨星への賞賛の念を込めて、彼の代表作品を5つご紹介しましょう。

料理

インスピレーションあふれるパティシエ、ピエール・エルメ

記念すべきサロン・ドゥ・ラ・パティスリー第1回が2018年6月15日から17日にかけてパリで開催されました。今回、名誉総裁を務めるパティシエのピエール・エルメ氏が、取材に応じてくれました。自身のインスピレーション、最近の傾向、思い出のお菓子、出身地アルザスの名物ほか、おいしいインタビューをどうぞ。