イヴ・サン・ローラン 女性を変えたデザイナー

「YSL」 この3つの文字は、60年代以降のファッション界に多大な影響を与えたデザイナーのイニシャルです。フランスのオートクチュール界の天才と呼ばれた彼の名は、イヴ・サン・ローラン。服に対する既成概念を打ち破る近代的なヴィジョンでファッションに革新をもたらし、数奇な運命を生きました。

若き成功者

1954年、17歳の若き天才は、当時フランス領だったアルジェリアのオランからパリへやってきました。その3年後、運命の糸は彼をクリスチャン・ディオールの元へと導きます。そして彼の死とともに、わずか21歳で、ディオールの主任デザイナーとなったのです。
これを機にイヴ・サン・ローランは空前の成功に満ちたキャリアを歩き始めます。1961年にはついに、恋人であるピエール・ベルジェの後援を受けて、自身のメゾン、イヴ・サン・ローランを立ち上げました。

ファッション界のスター

ピエール・ベルジェとイヴ・サン・ローラン、この伝説のカップルの愛と天才的なビジネス感覚が、イヴ・サン・ローランを、オートクチュール界の世界的スターの座へと押し上げました。
YSLは、まさに文字通りファッションの創造主となります。彼は、芸術や、彼が愛したエキゾチックな場所(アジアやロシア)からインスピレーションを得て、スタイルを作り変えたのです。

伝統の破壊者

初期のコレクションの頃から、イヴ・サン・ローランは、自分のやり方を明確に示していました。彼は、戦後のパリのオートクチュール特有のコードを破り、当時の厳格で不自然だったモデルを捨て去りました。
自由になりたい、という女性たちの声に耳を傾け、ピュアなラインを求めた彼のファッションは、プレタポルテの時代の到来を告げることになります。彼が、1966年にパリに開いたブティック、サン・ローラン・リヴ・ゴーシュは、プレタポルテの初のブティックでした。こうして、彼は、万人に開かれた現在のファッションにつながる道を開いたのです。

芸術とエキゾチックな場所:創作の源

1966年夏の初の女性用タキシードや“トップレス・アビエ”を発表したのは彼です。シックに作り変えられたサファリ―・ルックや有名なピーコート、それも彼です。こうして、次々と服装に関して保守的な大勢の人々を驚かせるスタイルが発表されていきました。
また芸術に対する興味も、彼の作品には良く表れています。たとえば、1965年の有名なモンドリアン・ルックは、画家ピエト・モンドリアンの抽象画へのオマージュです。同じく、1988年春夏のピカソ、1980年のマティス、そして1969年には彫刻家ラランヌと、それぞれの芸術家の作品から着想を得たドレスを発表しています。

20世紀の偉大なデザイナーだったイヴ・サン・ローランは、女性たちのワードローブを引っ掻き回し、女性に着せるために男性の服装からヒントを得てファッション・コードを変革し、そして2008年に、この世を去りました。

Voir cette publication sur Instagram

[HISTOIRE / HISTORY] English translation below — 🇫🇷 Plus de 200 personnes dévouées et fidèles telle une grande famille, ont travaillé avec enthousiasme avec Yves Saint Laurent sur chaque collection. Le cœur de la maison était le studio, situé au premier étage. Yves Saint Laurent y a travaillé avec une équipe de six à sept collaborateurs, dont Anne-Marie Muñoz, Loulou de La Falaise et plusieurs assistantes dans un espace lumineux et discret. Les ateliers se répartissaient en deux types, le "flou" chargé de créer des vêtements fluides comme des robes et des chemisiers, et le "tailleur" chargé de créer des pièces plus structurées comme des costumes ou des smokings, en plus des ateliers "chapeau" et "chaussure". — 🇬🇧 More than 200 people worked enthusiastically together with Yves Saint Laurent, with as much dedication and loyalty as an extended family, on each collection. The heart of the house, the Studio, was located on the first floor. There Yves Saint Laurent worked with a team of six or seven collaborators, including Anne-Marie Muñoz, Loulou de La Falaise and several assistants in a bright understated space. The workshops were divided between "flou" charged with creating fluid garments like dresses and blouses, and "tailoring" charged with creating more structured pieces like suits and tuxedos, in addition to "hat" workshop and a "shoe" workshop. — Yves Saint Laurent, Pierre Bergé et Anne-Marie Muñoz au Studio de la Maison de couture, 5 avenue Marceau, 1977 © Photo Guy Marineau — @myslmarrakech #behindthescene #workshop #work #atelier #team #teamwork #history #yvessaintlaurent #annemariemunoz #louloudelafalaise #paris #fashion #hautecouture #museeyslparis #museeysl #myslmarrakech #myslm #marrakech #morocco #fondationjardinmajorelle

Une publication partagée par Musée Yves Saint Laurent Paris (@museeyslparis) le

Paris 

5, place François premier, 75008 Paris