今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

パリから日帰りの小旅行

一日予定が空いてしまったら、パリから電車で日帰りできる地方の旅をお勧めします。新幹線TGVを利用すれば意外と遠くまで行くことができ、地方色豊かなフランスを満喫することができます。

世界遺産を巡る

ロワール地方の古城

ロワール川沿いに点在するかつての王侯貴族の古城巡り。 モンパルナス駅からTGVでトゥールToursまで約1時間。シーズン中はトゥール発の観光バスがたくさんある。シーズンオフは少ない。訪れる城は曜日や時間によって変わる。パリからの日帰り観光バスもある。

モン・サン・ミッシェル

フランスで最も人気のある観光地のひとつ。巡礼の地としてかつて栄えた修道院が今もたたずむ。モンパルナス駅からTGVでレンヌまで約2時間。レンヌから直通バスで約1時間15分。もしくは、パリ発の観光バスを利用する。 またモンサンミッシェルから近い海岸沿いに造られた趣のある城塞都市、サン・マロも興味深い。かつては英仏海峡で活躍した海賊たちの拠点だった。 モンパルナス駅から直通TGVで約3時間。ただし、日帰りだとかなり駆け足。本当はモン・サン・ミッシェルと組み合わせて1泊旅行にするのが理想的。

シャルトル

素晴らしいステンドガラスがあるシャルトルの大聖堂はユネスコ世界遺産に登録されている。差し込む青の光はシャルトルブルーと呼ばれ、見る人を魅了する。パリの南西88キロ。モンパルナス駅から約1時間。

ランス (外部リンク)

シャンパンの産地シャンパーニュ地方の中心。ゴシック様式の三大カテドラルと言われるノートルダム大聖堂があり世界遺産に登録されている。東駅からTGVで約1時間30分。

ノルマンディ、印象派を巡るコース

ルーアン (外部リンク): ノルマンディー地方の古都。ジャンヌ・ダルクが火刑になったことで知られる。ノートルダム大聖堂はゴシックの傑作。サン・ラザール駅から1時間から1時間30分。

オンフルール (外部リンク) (外部リンク): 印象派の画家たちが愛した港町。サン・ラザール駅からリジュー(LISIEUX)駅まで1時間40分、リジュー駅からバスで約40分~1時間。パリからの観光バスを利用したほうが楽だろう。

エトルタ (外部リンク) 高さ100メートルにもおよぶ断崖と海岸線。モネやクールベなど画家たちを魅了した風光美。サン・ラザール駅からル・アーヴル(Le Havre)駅まで2時間、そこからバスで約1時間。 パリからの観光バスを利用したほうが楽だろう。

ジヴェルニー: (外部リンク) モネが家族とともに過ごした家とアトリエがある。睡蓮の池や花で溢れる庭園。館内にはモネの浮世絵コレクションが展示されている。パリから約80キロ。

-------------------------------------

シャンティイ城 (外部リンク) オワーズ川の支流から水をひいた池に浮かぶ美しい城。場内にはコンデ美術館がある。パリの北42キロ。

ル・マン (外部リンク) 24時間耐久レースで有名だが、中世の町並みがそのまま残る旧市街も魅力的だ。モンパルナス駅からTGVで約1時間。

paris 

関連
記事 

新しい発見

見たことのないシャンパーニュのブドウ畑

シャンパーニュ地方にある老舗メゾン ルイ・ロデレール社は、これまで数々の斬新な試みに挑み、他社とは違った印象を人々に与えてきたシャンパンメーカーです。創立241年を経た今日もその慣習に反することなく、新たなメセナ事業として、フランスの写真賞ラ・ブルス・デュ・タロン(La Bourse du Talent)と提携した写真展示の場を設けています。これは新進気鋭の写真家達に自社ブドウ畑の輝きやシャンパンボトルの煌めきを撮る機会を提供したもので、ひらめきや霊感に富んだ詩的な作品が揃っています。

舞台裏に潜入#4

ヴァンドーム広場にある老舗宝飾店の舞台裏

パリ中心部にあるヴァンドーム広場は、世界屈指の老舗宝飾店が軒を連ねることで知られます。美しい建築が並ぶ四角形の広場に、国際的に名を知られたジュエリーや時計の高級ブランドが並んでいます。その中のひとつヴァンクリーフ&アーペル社は、伝説的な創作ジュエリーを通じてフランスならではの卓越した技術を体現しています。

舞台裏に潜入#3

流行のパン屋さんユートピの舞台裏‐絶品のパンができるまで‐

パリで最もロマンチックな愛の物語がパンだとしたら・・。パリでは街のあちらこちらにパン屋さんがありますが、これらが無いパリはどんなに寂しい街になってしまうことでしょう。店内から焼きたてパンの香ばしい匂いが漂い、店の前を行き交うパリジャン達を惹き付けて止まないパリ11区のパン屋さんユートピの舞台裏に潜入しました。

建築

リニューアルオープンする高級ホテル「ル・ルテシア」、改装プロジェクトを担当した建築家ウィルモット氏が語る舞台裏

パリ左岸の高級ホテル「ル・ルテシア」は4年に渡る大々的な改装工事を終え、7月12日に待望のリニューアルオープンをします。「歴史の無いものは全て撤去し、逆に、歴史の刻まれたもの全てに価値を見出した」。オープンを目前に控え、プロジェクトの指揮を執った建築家ジャン=ミシェル・ウィルモット氏が語る改修工事の舞台裏をインタビュー抜粋の形で紹介します。

ロワール渓谷の古城

ヴィランドリ―城のルネッサンス庭園と建築

ヴィンドリー城は、ロワール川沿いで最後に建てられた大きな城です。ルネッサンス様式のひな壇式庭園が、トゥファでできたファサードと見事に調和しています。色彩豊かな庭園の傑作です !

美術館・博物館

ビヨンセ、ジェイ・Zが見たルーブル美術館

今年5月、ルーブル美術館は、特別な来客を招いていました。歌手のビヨンセと夫でラッパーのジェイ・Z。彼らのルーヴル散策は、モナ・リザやミロのヴィーナス、そしてナポレオンがエキストラとして登場するビデオクリップとなり、ルーヴル美術館を新たな光で照らしだしました。

関連
記事 

新しい発見

見たことのないシャンパーニュのブドウ畑

シャンパーニュ地方にある老舗メゾン ルイ・ロデレール社は、これまで数々の斬新な試みに挑み、他社とは違った印象を人々に与えてきたシャンパンメーカーです。創立241年を経た今日もその慣習に反することなく、新たなメセナ事業として、フランスの写真賞ラ・ブルス・デュ・タロン(La Bourse du Talent)と提携した写真展示の場を設けています。これは新進気鋭の写真家達に自社ブドウ畑の輝きやシャンパンボトルの煌めきを撮る機会を提供したもので、ひらめきや霊感に富んだ詩的な作品が揃っています。

舞台裏に潜入#4

ヴァンドーム広場にある老舗宝飾店の舞台裏

パリ中心部にあるヴァンドーム広場は、世界屈指の老舗宝飾店が軒を連ねることで知られます。美しい建築が並ぶ四角形の広場に、国際的に名を知られたジュエリーや時計の高級ブランドが並んでいます。その中のひとつヴァンクリーフ&アーペル社は、伝説的な創作ジュエリーを通じてフランスならではの卓越した技術を体現しています。

舞台裏に潜入#3

流行のパン屋さんユートピの舞台裏‐絶品のパンができるまで‐

パリで最もロマンチックな愛の物語がパンだとしたら・・。パリでは街のあちらこちらにパン屋さんがありますが、これらが無いパリはどんなに寂しい街になってしまうことでしょう。店内から焼きたてパンの香ばしい匂いが漂い、店の前を行き交うパリジャン達を惹き付けて止まないパリ11区のパン屋さんユートピの舞台裏に潜入しました。

建築

リニューアルオープンする高級ホテル「ル・ルテシア」、改装プロジェクトを担当した建築家ウィルモット氏が語る舞台裏

パリ左岸の高級ホテル「ル・ルテシア」は4年に渡る大々的な改装工事を終え、7月12日に待望のリニューアルオープンをします。「歴史の無いものは全て撤去し、逆に、歴史の刻まれたもの全てに価値を見出した」。オープンを目前に控え、プロジェクトの指揮を執った建築家ジャン=ミシェル・ウィルモット氏が語る改修工事の舞台裏をインタビュー抜粋の形で紹介します。

ロワール渓谷の古城

ヴィランドリ―城のルネッサンス庭園と建築

ヴィンドリー城は、ロワール川沿いで最後に建てられた大きな城です。ルネッサンス様式のひな壇式庭園が、トゥファでできたファサードと見事に調和しています。色彩豊かな庭園の傑作です !

美術館・博物館

ビヨンセ、ジェイ・Zが見たルーブル美術館

今年5月、ルーブル美術館は、特別な来客を招いていました。歌手のビヨンセと夫でラッパーのジェイ・Z。彼らのルーヴル散策は、モナ・リザやミロのヴィーナス、そしてナポレオンがエキストラとして登場するビデオクリップとなり、ルーヴル美術館を新たな光で照らしだしました。