今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

パリから日帰りの小旅行

一日予定が空いてしまったら、パリから電車で日帰りできる地方の旅をお勧めします。新幹線TGVを利用すれば意外と遠くまで行くことができ、地方色豊かなフランスを満喫することができます。

世界遺産を巡る

ロワール地方の古城

ロワール川沿いに点在するかつての王侯貴族の古城巡り。 モンパルナス駅からTGVでトゥールToursまで約1時間。シーズン中はトゥール発の観光バスがたくさんある。シーズンオフは少ない。訪れる城は曜日や時間によって変わる。パリからの日帰り観光バスもある。

モン・サン・ミッシェル

フランスで最も人気のある観光地のひとつ。巡礼の地としてかつて栄えた修道院が今もたたずむ。モンパルナス駅からTGVでレンヌまで約2時間。レンヌから直通バスで約1時間15分。もしくは、パリ発の観光バスを利用する。 またモンサンミッシェルから近い海岸沿いに造られた趣のある城塞都市、サン・マロも興味深い。かつては英仏海峡で活躍した海賊たちの拠点だった。 モンパルナス駅から直通TGVで約3時間。ただし、日帰りだとかなり駆け足。本当はモン・サン・ミッシェルと組み合わせて1泊旅行にするのが理想的。

シャルトル

素晴らしいステンドガラスがあるシャルトルの大聖堂はユネスコ世界遺産に登録されている。差し込む青の光はシャルトルブルーと呼ばれ、見る人を魅了する。パリの南西88キロ。モンパルナス駅から約1時間。

ランス (外部リンク)

シャンパンの産地シャンパーニュ地方の中心。ゴシック様式の三大カテドラルと言われるノートルダム大聖堂があり世界遺産に登録されている。東駅からTGVで約1時間30分。

ノルマンディ、印象派を巡るコース

ルーアン (外部リンク): ノルマンディー地方の古都。ジャンヌ・ダルクが火刑になったことで知られる。ノートルダム大聖堂はゴシックの傑作。サン・ラザール駅から1時間から1時間30分。

オンフルール (外部リンク) (外部リンク): 印象派の画家たちが愛した港町。サン・ラザール駅からリジュー(LISIEUX)駅まで1時間40分、リジュー駅からバスで約40分~1時間。パリからの観光バスを利用したほうが楽だろう。

エトルタ (外部リンク) 高さ100メートルにもおよぶ断崖と海岸線。モネやクールベなど画家たちを魅了した風光美。サン・ラザール駅からル・アーヴル(Le Havre)駅まで2時間、そこからバスで約1時間。 パリからの観光バスを利用したほうが楽だろう。

ジヴェルニー: (外部リンク) モネが家族とともに過ごした家とアトリエがある。睡蓮の池や花で溢れる庭園。館内にはモネの浮世絵コレクションが展示されている。パリから約80キロ。

-------------------------------------

シャンティイ城 (外部リンク) オワーズ川の支流から水をひいた池に浮かぶ美しい城。場内にはコンデ美術館がある。パリの北42キロ。

ル・マン (外部リンク) 24時間耐久レースで有名だが、中世の町並みがそのまま残る旧市街も魅力的だ。モンパルナス駅からTGVで約1時間。

paris 

関連
記事 

建築

ルネサンスを代表する建築的偉業 シャンボール城

今から約500年前、ルネサンスの至宝シャンボール城の建設が始まりました。フランソワ1世が自らの権力を誇示するために建てさせたシャンボール城は、中世からルネサンスへの時代の変化が表れた真の建築的偉業と言えるでしょう。今日なお現存する最も謎めいたロワールの古城の一つ、シャンボール城についてさらに詳しく見ていきましょう。

都市

パリジャン気分に浸れる場所-オテル・ド・クリヨン

改装を経て、先日仏ホテル最高の 格付け「パラス」を付与された、フランス新古典主義のアイコン、オテル・ド・クリヨン。18世紀のパリのエスプリと、現代のそれを融合し生み出された、時代を超越するエレガンスをあなたに。

カルチャー

「ルネサンス500周年」:2019年、見逃せないイベントの数々

2019年、ロワール渓谷はルネサンスの色が濃く表れた年になります。展覧会、スペクタクル、見学…この地方にある古城やその他の歴史的建造物が、文化と芸術の復興の時代ルネサンスの中枢へと訪れる人々をいざないます。France.fr が見逃せないイベントをご紹介しましょう。

ブルターニュの灯台を巡る旅

ヨーロッパ大陸の西の果て、ブルターニュ半島の先端には、フィニステール県があり、そこにはイロワーズ海の景色を形づくる潮の満ち引きを見つめ続けてきた灯台が、連なるように点在しています。このような素晴らしい石づくりの見張り台に出会える「ルート・デ・ファール(灯台街道) 」へあなたをお連れします。

モニュメント

シャンボール城:知っておくべき9つのポイント

シャンボール城は、フランソワ1世のために建設され、レオナルド・ダ・ヴィンチの構想によるものとされており、ロワール渓谷内の城のうちでも、最大の規模と威容を誇る城です。フランスのルネッサンスの代表建築であるとともに、芸術と文学をこよなく愛した支配者の権力の象徴でもありました。

美術館・博物館

お見逃しなく!パリの展覧会情報 2018-2019

今シーズンはどんな展覧会がパリの美術館や博物館で催されるのでしょう?印象派、ポップ・アイコン、過激なアンダーグラウンド・アート、キュビスム…多彩な分野とジャンルが陽気に混ざり合い、絵、彫刻、写真、音楽をもって表現されます。常識を覆す展覧会の数々、必見です!パリの週末を過ごすにはここがおすすめ、もちろん週末以外でも!

関連
記事 

建築

ルネサンスを代表する建築的偉業 シャンボール城

今から約500年前、ルネサンスの至宝シャンボール城の建設が始まりました。フランソワ1世が自らの権力を誇示するために建てさせたシャンボール城は、中世からルネサンスへの時代の変化が表れた真の建築的偉業と言えるでしょう。今日なお現存する最も謎めいたロワールの古城の一つ、シャンボール城についてさらに詳しく見ていきましょう。

都市

パリジャン気分に浸れる場所-オテル・ド・クリヨン

改装を経て、先日仏ホテル最高の 格付け「パラス」を付与された、フランス新古典主義のアイコン、オテル・ド・クリヨン。18世紀のパリのエスプリと、現代のそれを融合し生み出された、時代を超越するエレガンスをあなたに。

カルチャー

「ルネサンス500周年」:2019年、見逃せないイベントの数々

2019年、ロワール渓谷はルネサンスの色が濃く表れた年になります。展覧会、スペクタクル、見学…この地方にある古城やその他の歴史的建造物が、文化と芸術の復興の時代ルネサンスの中枢へと訪れる人々をいざないます。France.fr が見逃せないイベントをご紹介しましょう。

ブルターニュの灯台を巡る旅

ヨーロッパ大陸の西の果て、ブルターニュ半島の先端には、フィニステール県があり、そこにはイロワーズ海の景色を形づくる潮の満ち引きを見つめ続けてきた灯台が、連なるように点在しています。このような素晴らしい石づくりの見張り台に出会える「ルート・デ・ファール(灯台街道) 」へあなたをお連れします。

モニュメント

シャンボール城:知っておくべき9つのポイント

シャンボール城は、フランソワ1世のために建設され、レオナルド・ダ・ヴィンチの構想によるものとされており、ロワール渓谷内の城のうちでも、最大の規模と威容を誇る城です。フランスのルネッサンスの代表建築であるとともに、芸術と文学をこよなく愛した支配者の権力の象徴でもありました。

美術館・博物館

お見逃しなく!パリの展覧会情報 2018-2019

今シーズンはどんな展覧会がパリの美術館や博物館で催されるのでしょう?印象派、ポップ・アイコン、過激なアンダーグラウンド・アート、キュビスム…多彩な分野とジャンルが陽気に混ざり合い、絵、彫刻、写真、音楽をもって表現されます。常識を覆す展覧会の数々、必見です!パリの週末を過ごすにはここがおすすめ、もちろん週末以外でも!