bonponさん オクシタニー・南フランス カオール・サン・シル・ラポピー編

  • ヴァラントレ橋

    14世紀に作られた、ロット川にかかる立派なヴァラントレ橋は、たちまちカオールの街の象徴となりました。ゴシック様式の6つのアーチと3つの塔。街を挟んでサン・テティエンヌ大聖堂に面する形で作られました。

    ヴァラントレ橋
    © Dominique VIET - CRT Occitanie
    ヴァラントレ橋
  • サン・テティエンヌ大聖堂

    12世紀に建たてられたサン・テティエンヌ大聖堂は、直径18m、高さ32mの大きな2つにのドームが特徴的で、片方にはフレスコ画が描かれています。イエス・キリストが身に着けていたとされる被り物Saint Coiffeが収められています。回廊は1504年に完成しました。

    サン・テティエンヌ大聖堂
  • 隠された庭園巡り

    カオールの街には「隠された庭園Jardin Secrets」と名付けられた庭園が24あります。庭園は思いがけない場所などにもあり、訪れる人はこれらの庭園をたどりながらカオールの街の歴史や文化について発見することができるのです。

    隠された庭園巡り
    © Patrice THEBAULT - CRT Occitanie
  • シャトー・メルケス

    13世紀に建築された古城シャトー・メルケスは、100年戦争や宗教戦争を免れ1905年の政教分離まではカオールの司教の夏の別荘として使われていました。今は、カオールを代表する素晴らしいシャトー・ホテルとして、世界中からお客様を受け入れています。AOCカオールワインの製造もおこなっており、年間15万本ものワインをシャトーで生産しています。

    シャトー・メルケス
    シャトー・メルケス

サン・シル・ラポピー
Saint-Cirq-Lapopie

「フランスで最も美しい村」の一つ。切り立った断崖に張りつくようにして中世の家々が立っています。
村の城跡まで上ると緑の田園風景と蛇行するロット川が見晴らせます。
土産物屋やアーティストのギャラリーはたくさんありますが、村の景観を守るため、
売店が外に張り紙をしたり商品を展示することは厳しく規制されています。

  • サン・シル教会

    村の中心でひときわ高いロマネスク様式の塔。中はシンプルなステンドグラスと主祭壇です。

    サン・シル教会
    サン・シル教会
    © Dominique VIET - CRT Occitanie

トップページへ戻る

他のアイデア
を見る