今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

最高速度は時速320㎞、新型の「TGVオセアン」とは?

フランス国鉄SNCFは12月11日より新型の「TGVオセアン」を採用、2017年7月までに17編成を導入し、パリ、ボルドー、トゥールーズ間で運行することになりました。この新型車両の最高速度は時速320㎞で、年間約230万人の利用を見込んでいます。

「TGVオセアン」の座席数は従来型の「TGVアトランティック」より22%多い556席で、1等席も2等席も座席の快適性が強化されたデザインが特徴。温もりのある木材、ソフトレザー、自然な照明、高品質のファブリックを採用、コネクティヴィティも改善され、乗客はスマートに快適に列車の旅を楽しみながら、目的地へ向かうことができます。

158席ある1等車の座席には最高品質の純毛、レザー、木材が用いられており、仕事をするのにも、読書をするのにも、リラックスするのにも最適。全席木製のテーブル付きで、座席の背もたれに収納可能、コンセントとUSBポートも完備しています。また、フランスの列車としてはめずらしく、「TGVオセアン」の1等席は進行方向を向くように180度回転する仕組みになっています。2等車両の座席数は398席で、幅広いトレーテーブル、USBポート、220Vのコンセントがあります。座席の組み合わせもさまざまで、家族や大小のグループでの利用にも適しています。

広々としたカフェバーのデザインは、1等車や2等車のモダンな雰囲気を引き継いており、装飾には天然木、白を基調としたコーリアンパネル、ソフトレザーなど、清潔感のある軽やかな素材を採用。オープンなサービスカウンターには、天然木でできた広いカウンターテーブルと冷蔵ショーケースがあります。有名なフランスの照明デザイナー、イオナ・ヴォートランがデザインした赤いテーブルランプが差し色となり、温もりのある魅力的な空間を演出しています。その場で軽食を楽しめるよう、小さなグループ向けの座席とスタンディングカウンターがあるのも魅力です。

関連
記事 

都市

パリジャン気分に浸れる場所-オテル・ド・クリヨン

改装を経て、先日仏ホテル最高の 格付け「パラス」を付与された、フランス新古典主義のアイコン、オテル・ド・クリヨン。18世紀のパリのエスプリと、現代のそれを融合し生み出された、時代を超越するエレガンスをあなたに。

美術館・博物館

お見逃しなく!パリの展覧会情報 2018-2019

今シーズンはどんな展覧会がパリの美術館や博物館で催されるのでしょう?印象派、ポップ・アイコン、過激なアンダーグラウンド・アート、キュビスム…多彩な分野とジャンルが陽気に混ざり合い、絵、彫刻、写真、音楽をもって表現されます。常識を覆す展覧会の数々、必見です!パリの週末を過ごすにはここがおすすめ、もちろん週末以外でも!

ワイン

ボルドーのブドウ畑を散策

ワインは単なる飲み物というだけに留まらず、それ以上の存在感を放ちます。ボルドーでブドウ栽培やワイン醸造の世界を違った角度から紹介し、土壌を尊び、遺産の再発見の機会を提案するワイン生産家たちを以下に紹介します。

クルージング

セーヌ川クルーズに新たな価値を与えたアラン・デュカス

ノートルダム大聖堂、歴史ある橋、たくさんの遊覧船、いつも変わらぬ佇まいのそれらがセーヌ川のすべてだと思ったらそれは大間違いである。セーヌの魅力はとどまるところを知らない。フランス料理界の巨匠アラン・デュカスの厨房が水上クルーズしているなんて、それはもう驚くどころではないはずだろう。一体どういうことか、以下の1、2、3でお教えしよう。

ゴルフ

ライダーカップ2018に参加するゴルファー気分で ヴェルサイユを旅する

ヴェルサイユ宮殿から目と鼻の先で開催されるライダーカップ。この栄えある大会を味わうのに、世界屈指のゴルファーになる必要はありません。大会に参加するゴルファーたちと同じ経験ができる旅のアイディアをいくつか紹介しますので、ここヴェルサイユで、ゴルフとグルメの週末を楽しんでみませんか。

ライダーカップ

ライダーカップ2018の開催地、ル・ゴルフ・ナショナル

パリのすぐそば、サン・カンタン・アン・イヴリーヌにあるこの輝かしいコースで2018年9月、ライダーカップが開催されます。それこそが、ル・ゴルフ・ナショナルでプレーする理由のひとつでしょう。ですが、理由はそれだけにとどまりません…。

関連
記事 

都市

パリジャン気分に浸れる場所-オテル・ド・クリヨン

改装を経て、先日仏ホテル最高の 格付け「パラス」を付与された、フランス新古典主義のアイコン、オテル・ド・クリヨン。18世紀のパリのエスプリと、現代のそれを融合し生み出された、時代を超越するエレガンスをあなたに。

美術館・博物館

お見逃しなく!パリの展覧会情報 2018-2019

今シーズンはどんな展覧会がパリの美術館や博物館で催されるのでしょう?印象派、ポップ・アイコン、過激なアンダーグラウンド・アート、キュビスム…多彩な分野とジャンルが陽気に混ざり合い、絵、彫刻、写真、音楽をもって表現されます。常識を覆す展覧会の数々、必見です!パリの週末を過ごすにはここがおすすめ、もちろん週末以外でも!

ワイン

ボルドーのブドウ畑を散策

ワインは単なる飲み物というだけに留まらず、それ以上の存在感を放ちます。ボルドーでブドウ栽培やワイン醸造の世界を違った角度から紹介し、土壌を尊び、遺産の再発見の機会を提案するワイン生産家たちを以下に紹介します。

クルージング

セーヌ川クルーズに新たな価値を与えたアラン・デュカス

ノートルダム大聖堂、歴史ある橋、たくさんの遊覧船、いつも変わらぬ佇まいのそれらがセーヌ川のすべてだと思ったらそれは大間違いである。セーヌの魅力はとどまるところを知らない。フランス料理界の巨匠アラン・デュカスの厨房が水上クルーズしているなんて、それはもう驚くどころではないはずだろう。一体どういうことか、以下の1、2、3でお教えしよう。

ゴルフ

ライダーカップ2018に参加するゴルファー気分で ヴェルサイユを旅する

ヴェルサイユ宮殿から目と鼻の先で開催されるライダーカップ。この栄えある大会を味わうのに、世界屈指のゴルファーになる必要はありません。大会に参加するゴルファーたちと同じ経験ができる旅のアイディアをいくつか紹介しますので、ここヴェルサイユで、ゴルフとグルメの週末を楽しんでみませんか。

ライダーカップ

ライダーカップ2018の開催地、ル・ゴルフ・ナショナル

パリのすぐそば、サン・カンタン・アン・イヴリーヌにあるこの輝かしいコースで2018年9月、ライダーカップが開催されます。それこそが、ル・ゴルフ・ナショナルでプレーする理由のひとつでしょう。ですが、理由はそれだけにとどまりません…。