今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

最高速度は時速320㎞、新型の「TGVオセアン」とは?

フランス国鉄SNCFは12月11日より新型の「TGVオセアン」を採用、2017年7月までに17編成を導入し、パリ、ボルドー、トゥールーズ間で運行することになりました。この新型車両の最高速度は時速320㎞で、年間約230万人の利用を見込んでいます。

「TGVオセアン」の座席数は従来型の「TGVアトランティック」より22%多い556席で、1等席も2等席も座席の快適性が強化されたデザインが特徴。温もりのある木材、ソフトレザー、自然な照明、高品質のファブリックを採用、コネクティヴィティも改善され、乗客はスマートに快適に列車の旅を楽しみながら、目的地へ向かうことができます。

158席ある1等車の座席には最高品質の純毛、レザー、木材が用いられており、仕事をするのにも、読書をするのにも、リラックスするのにも最適。全席木製のテーブル付きで、座席の背もたれに収納可能、コンセントとUSBポートも完備しています。また、フランスの列車としてはめずらしく、「TGVオセアン」の1等席は進行方向を向くように180度回転する仕組みになっています。2等車両の座席数は398席で、幅広いトレーテーブル、USBポート、220Vのコンセントがあります。座席の組み合わせもさまざまで、家族や大小のグループでの利用にも適しています。

広々としたカフェバーのデザインは、1等車や2等車のモダンな雰囲気を引き継いており、装飾には天然木、白を基調としたコーリアンパネル、ソフトレザーなど、清潔感のある軽やかな素材を採用。オープンなサービスカウンターには、天然木でできた広いカウンターテーブルと冷蔵ショーケースがあります。有名なフランスの照明デザイナー、イオナ・ヴォートランがデザインした赤いテーブルランプが差し色となり、温もりのある魅力的な空間を演出しています。その場で軽食を楽しめるよう、小さなグループ向けの座席とスタンディングカウンターがあるのも魅力です。

関連
記事 

舞台裏に潜入#4

ヴァンドーム広場にある老舗宝飾店の舞台裏

パリ中心部にあるヴァンドーム広場は、世界屈指の老舗宝飾店が軒を連ねることで知られます。美しい建築が並ぶ四角形の広場に、国際的に名を知られたジュエリーや時計の高級ブランドが並んでいます。その中のひとつヴァンクリーフ&アーペル社は、伝説的な創作ジュエリーを通じてフランスならではの卓越した技術を体現しています。

舞台裏に潜入#3

流行のパン屋さんユートピの舞台裏‐絶品のパンができるまで‐

パリで最もロマンチックな愛の物語がパンだとしたら・・。パリでは街のあちらこちらにパン屋さんがありますが、これらが無いパリはどんなに寂しい街になってしまうことでしょう。店内から焼きたてパンの香ばしい匂いが漂い、店の前を行き交うパリジャン達を惹き付けて止まないパリ11区のパン屋さんユートピの舞台裏に潜入しました。

建築

リニューアルオープンする高級ホテル「ル・ルテシア」、改装プロジェクトを担当した建築家ウィルモット氏が語る舞台裏

パリ左岸の高級ホテル「ル・ルテシア」は4年に渡る大々的な改装工事を終え、7月12日に待望のリニューアルオープンをします。「歴史の無いものは全て撤去し、逆に、歴史の刻まれたもの全てに価値を見出した」。オープンを目前に控え、プロジェクトの指揮を執った建築家ジャン=ミシェル・ウィルモット氏が語る改修工事の舞台裏をインタビュー抜粋の形で紹介します。

美術館・博物館

ビヨンセ、ジェイ・Zが見たルーブル美術館

今年5月、ルーブル美術館は、特別な来客を招いていました。歌手のビヨンセと夫でラッパーのジェイ・Z。彼らのルーヴル散策は、モナ・リザやミロのヴィーナス、そしてナポレオンがエキストラとして登場するビデオクリップとなり、ルーヴル美術館を新たな光で照らしだしました。

ワイン

ボルドー:ワインと生きるよろこび

カルチャー

芥川賞作家、平野啓一郎さんのフランス案内

関連
記事 

舞台裏に潜入#4

ヴァンドーム広場にある老舗宝飾店の舞台裏

パリ中心部にあるヴァンドーム広場は、世界屈指の老舗宝飾店が軒を連ねることで知られます。美しい建築が並ぶ四角形の広場に、国際的に名を知られたジュエリーや時計の高級ブランドが並んでいます。その中のひとつヴァンクリーフ&アーペル社は、伝説的な創作ジュエリーを通じてフランスならではの卓越した技術を体現しています。

舞台裏に潜入#3

流行のパン屋さんユートピの舞台裏‐絶品のパンができるまで‐

パリで最もロマンチックな愛の物語がパンだとしたら・・。パリでは街のあちらこちらにパン屋さんがありますが、これらが無いパリはどんなに寂しい街になってしまうことでしょう。店内から焼きたてパンの香ばしい匂いが漂い、店の前を行き交うパリジャン達を惹き付けて止まないパリ11区のパン屋さんユートピの舞台裏に潜入しました。

建築

リニューアルオープンする高級ホテル「ル・ルテシア」、改装プロジェクトを担当した建築家ウィルモット氏が語る舞台裏

パリ左岸の高級ホテル「ル・ルテシア」は4年に渡る大々的な改装工事を終え、7月12日に待望のリニューアルオープンをします。「歴史の無いものは全て撤去し、逆に、歴史の刻まれたもの全てに価値を見出した」。オープンを目前に控え、プロジェクトの指揮を執った建築家ジャン=ミシェル・ウィルモット氏が語る改修工事の舞台裏をインタビュー抜粋の形で紹介します。

美術館・博物館

ビヨンセ、ジェイ・Zが見たルーブル美術館

今年5月、ルーブル美術館は、特別な来客を招いていました。歌手のビヨンセと夫でラッパーのジェイ・Z。彼らのルーヴル散策は、モナ・リザやミロのヴィーナス、そしてナポレオンがエキストラとして登場するビデオクリップとなり、ルーヴル美術館を新たな光で照らしだしました。

ワイン

ボルドー:ワインと生きるよろこび

カルチャー

芥川賞作家、平野啓一郎さんのフランス案内