ノルマンディーで海の写真を撮る

ノルマンディーのジュルヴィルで、エロワ・ド・ラ・モヌレは海の写真を撮っています。それは当たり前のこと、いや陳腐なことに思えるかもしれません。しかし実は、1枚1枚の写真には個人的なストーリーが込められています。

この秘密の場所は、私の子供の頃の遊び場でした。少年時代の私の探検は、今ではカメラのレンズを通して続いています。

ここでは、光は絶えず変化します。海は時によってはブルー、グリーン、ブラック、あるいはグレーになります。ひっきりなしに変化するこれらの自然の要素で写真を構成するのは、非常に興味深いものです。

呼吸にも似た日々の潮の満ち干の中で、浜辺に刻まれるこの縞模様には、何か有機的なものが感じられます。

海辺のリゾート地のアトラクションは、考えられないような人々のミックスによって、非常に独特なムードを醸し出しています。

私は必ずしもビーチや人出の多い場所ではなく、目立たない場所を写真に撮るのが好きです。

私のお気に入りの構図は、日常の光景がまるで絵画のように自然に形になるときに、自動的にでき上がる構図です。

海辺の空は雄大で絶えず変化しており、予想し難いものです。

ノルマンディー地方のジュルヴィルへの行き方