誰よりも先に、ドーヴィルの「フランシスケーヌ(Franciscaines)」に入ってみましょう

数か月前から、ドーヴィルでは根強いうわさが流れています。ノルマンディーに新世代の文化施設ができるんだって?修道院の中に?そのとおりです!既にカレーのレース博物館やマルセイユの装飾芸術・服飾博物館を手がけた、建築家アラン・モアッティが設計を担当しました。オープンは2019年の予定ですが、それに先駆けて、工事現場を覗いてみましょう…。

掟を破って、フランシスコ会修道院がドーヴィルで最も開かれた場所になりつつあります。アラン・モアッティは、すべての人に開かれた屋内空間としてこの場所を見直しました。ようやくあらゆる種類の媒介物(本、リアル作品、デジタルツール、コンサート、イベント)がシンプルに並置される形で共有される、文化の中心になるでしょう。

文化の殿堂の中を自由にそぞろ歩き…

ここには、決められた見学コースはありません。各自が思いのままに、ギャラリー、クロイスター、特別展示室の間を自由に移動するのです。こちらでライブラリーの棚にある本を手に取り、あちらでは壁に展示されている作品を見て回り、さらに向こうではデジタルショーケースの魅力を堪能する…。音楽、映画、ショー、アール・ド・ヴィーヴル、馬、ドーヴィルの歴史、子供向けのコーナー。それぞれの興味にぴったり合うものがきっと見つかるはずです。修道院の中央にある、この場所の活気を生む中心となる場所クロイスターが、休憩や新たな出会いのためにあなたを待っています。ガラスの天井の下に行ってみてください!

…ドーヴィルの「レ・プランシュ」からすぐ近く

2019年、ドーヴィルはあらゆる好み、あらゆる気分にぴったりフィットする都市になります。「レ・プランシュ」または修道院、黄金の砂浜または最先端の展覧会、カジノでブラックジャックまたは「フランシケーヌ」でコンサート。どちらにするか迷いそうです。もちろん両方でもOK。「レ・プランシュ」と修道院は、至近距離にあります。

ノルマンディー地方ドーヴィルの「フランシスケーヌ」への行き方