印象派時代を巡る旅

パリからノルマンディー地方まで、印象派の最も有名な画家たちの足跡を訪ねてみてください。

印象派の時代を巡る旅の出発点は、オルセー美術館 (外部リンク)**Musée d’Orsay (外部リンク)**です。ここは印象派の画家が描いた作品の世界最大のコレクションを所有しています。2011年には、長年の改装工事を経て新しくなった印象派ギャラリーが再オープン。マネ、ドガ、モネ、セザンヌ、ルノワール、シスレーといった巨匠の作品が、テーマ別にわかりやすく展示されています。

メトロの駅、ケ・ドルセーから地下鉄に乗って少し行くと、パリの16区にあるマルモッタン・モネ美術館 (外部リンク)**Musée Marmottan Monet (外部リンク)**でクロード・モネのコレクションをご鑑賞下さい。ここは主に第一帝政時代の美術作品を多く集めた美術館ですが、時代別に描かれたモネの一連の大作を鑑賞することで、彼の画家としてのキャリアをより深く理解することができます。 またモネと交流のあった印象派の画家、オーギュスト・ルノワールや、« 新しい絵画の流派を作り上げた中心人物 »のシスレー、ピサロ、ゴーギャン、ドガ、ベルト・モリゾといった画家の作品も充実しています。

ノルマンディー地方の玄関口、ジベルニー (外部リンク)**Giverny (外部リンク)**では、モネが1883年から1926年まで住んだ家があり、モネについてさらに詳しく知ることができます。モネが情熱を傾けた庭園とそこに溢れる色彩からは、彼が庭の花々と池を正真正銘の作品と見なし、描きあげたことがよくわかるでしょう。

パリに戻る際、今度はオヴェール・シュル・オワーズ城Château d’Auvers-sur-Oiseへ足をのばしてください。ヴァン・ゴッホが最晩年を過ごし、作品を残した村を訪ねると、最新の技術(スクリーンに次々に映し出される絵画、遠近効果など)を駆使した印象派世界にたっぷり浸ることができますよ。

時間が許せばノルマンディー地方にもう少し長く滞在し、ルーアンの大聖堂Cathédrale de Rouen (外部リンク) (外部リンク)、オンフルールの港 port d’Honfleur、セーヌ河岸 vallée de Seineといった、多くの印象派の画家たちがインスピレーションを得た場所へも立ち寄ってみてください。