今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

冬を代表する食材 フランス産牡蠣

フランスグルメを代表する食材である牡蠣は、国内のさまざまな地方で生産されており、ひとつひとつが異なる特徴を持っています。

フランス最大の牡蠣養殖地

ノルマンディー地方(イジニー・スペシャル牡蠣、サン=ヴァースト牡蠣、プレーヌ・メール牡蠣)

ノルマンディー地方で生産される牡蠣は、身入りが良くヨードをたっぷり含んでいるため、牡蠣好きに非常に好まれます。最も知られているものにイジニー産スペシャル牡蠣がありますが、非常に強いヨード香はその地理的条件に起因するものです。サン=ヴァースト牡蠣はハシバミ(クルミ)の風味で知られ、プレーヌ・メール牡蠣はより上品な味わいが特徴です。

有名産地

ブルターニュ地方(カンカル牡蠣、ブロン牡蠣)、ヴァンデ県(ヴァンデ=アトランティック牡蠣)

潮の風味が豊かで身が締まっており、同時にとろけるような柔らかいカンカル牡蠣は、愛好家が一、二番に好む牡蠣と言っても良いでしょう。独特の風味はモン・サン・ミッシェルの真向かいで養殖され、世界でも最も激しい干満差の海で育つことが齎しています。カンカル産牡蠣とは対照的に、ブロン牡蠣はヒラガキであり非常に繊細な味を愉しみます。ヴァンデ=アトランティック牡蠣はバランスの取れた味わいと歯応えある身が特徴です。

特別な熟成法

シャラント=マリティム県(マレンヌ=オレロン牡蠣、フィーヌ・ド・クレール牡蠣、プース・アン・クレール牡蠣、島で生産されるその他の牡蠣)

この地方で一番有名な牡蠣と言えばマレンヌ=オレロン産の牡蠣です。オレロン島沿岸部で生産された牡蠣は、口に含むと‘大地と海’の両方を思わせる風味が残ります。クレール熟成と呼ばれる独特の方法で仕上げられるフィーヌ・ド・クレール牡蠣は、身が美しい緑に色付いています。プース・アン・クレール牡蠣は身が締まっていてプリプリとした食感であり、島で生産されるその他の牡蠣はより磯の香が強くなっています。

フランス各地に牡蠣稚貝を卸す種苗産地

アルカッション湾(アルカッション牡蠣)

良質な餌を大量に摂取して熟成するアルカション産の牡蠣は、特徴的な味がすることで知られます。中でも、キャップ=フェレ牡蠣は柑橘類や野菜を思わせる香りがし、イル・デ・ゾワゾー牡蠣はよりミネラルや植物の香りが強くなっています。

南仏で生産される牡蠣

地中海地方(地中海牡蠣、グリュイッサン牡蠣)

地中海では2種類の牡蠣が生産されていますが、それらは非常に異なる質のものです。地中海牡蠣はとろけるような柔らかさと締った肉質を持ち合わせているのに対し、グリュイッサン牡蠣はより磯の香りが強くなっています。地中海は潮の干満差が全くないため、ナイロン糸に牡蠣の稚貝を固定して養殖するコラージュという方法が取り入れられています。

関連
記事 

ブルターニュの灯台を巡る旅

ヨーロッパ大陸の西の果て、ブルターニュ半島の先端には、フィニステール県があり、そこにはイロワーズ海の景色を形づくる潮の満ち引きを見つめ続けてきた灯台が、連なるように点在しています。このような素晴らしい石づくりの見張り台に出会える「ルート・デ・ファール(灯台街道) 」へあなたをお連れします。

ワイン

ボルドーのブドウ畑を散策

ワインは単なる飲み物というだけに留まらず、それ以上の存在感を放ちます。ボルドーでブドウ栽培やワイン醸造の世界を違った角度から紹介し、土壌を尊び、遺産の再発見の機会を提案するワイン生産家たちを以下に紹介します。

職人

注目人物:アナイス・ブイイ ジュエリー職人

ブルターニュ地方レンヌ近郊で自然に囲まれて暮らしている、アナイス。彼女はジュエリーデザイナーとしての新しい人生を始めるために、生まれ故郷に戻ってきました。「フェアトレードジュエリー」という新たな切り口で、自身の夢に取り組みます。

カルチャー

5分でわかるノルマンディーのチーズのすべて

繊細な香りのチーズはどんなふうに作られているのか知っていますか…?カマンベール発祥の地、ノルマンディー地方のチーズの全てをお伝えします。

魅惑の島

モン・サン・ミッシェルをとりまく6つの謎

広大な湾の中心にある岩山の頂に建つ、この美しい大修道院は13世紀以来、浮上するかのように幻想的にそびえ続けています。人々を魅了してやまない絶景です。

田舎

ノルマンディーの絶景巡り

北フランス ノルマンディー地方で自然の神秘にふれてみましょう。 驚くべき地形と海が作り出す絶景は、きっと忘れられない思い出になるはず。

関連
記事 

ブルターニュの灯台を巡る旅

ヨーロッパ大陸の西の果て、ブルターニュ半島の先端には、フィニステール県があり、そこにはイロワーズ海の景色を形づくる潮の満ち引きを見つめ続けてきた灯台が、連なるように点在しています。このような素晴らしい石づくりの見張り台に出会える「ルート・デ・ファール(灯台街道) 」へあなたをお連れします。

ワイン

ボルドーのブドウ畑を散策

ワインは単なる飲み物というだけに留まらず、それ以上の存在感を放ちます。ボルドーでブドウ栽培やワイン醸造の世界を違った角度から紹介し、土壌を尊び、遺産の再発見の機会を提案するワイン生産家たちを以下に紹介します。

職人

注目人物:アナイス・ブイイ ジュエリー職人

ブルターニュ地方レンヌ近郊で自然に囲まれて暮らしている、アナイス。彼女はジュエリーデザイナーとしての新しい人生を始めるために、生まれ故郷に戻ってきました。「フェアトレードジュエリー」という新たな切り口で、自身の夢に取り組みます。

カルチャー

5分でわかるノルマンディーのチーズのすべて

繊細な香りのチーズはどんなふうに作られているのか知っていますか…?カマンベール発祥の地、ノルマンディー地方のチーズの全てをお伝えします。

魅惑の島

モン・サン・ミッシェルをとりまく6つの謎

広大な湾の中心にある岩山の頂に建つ、この美しい大修道院は13世紀以来、浮上するかのように幻想的にそびえ続けています。人々を魅了してやまない絶景です。

田舎

ノルマンディーの絶景巡り

北フランス ノルマンディー地方で自然の神秘にふれてみましょう。 驚くべき地形と海が作り出す絶景は、きっと忘れられない思い出になるはず。