タルト・タタン

上下逆になっており食べるときに元に戻すことで有名な、このリンゴのタルトは、ロワール渓谷のソローニュ地方で生まれました。キャラメルになったとても柔らかなリンゴが無上の喜びをもたらします。

昔風ポワール・タペ、ポンム・タペ

叩いた洋梨、叩いたリンゴという意味の名前を持つこのお菓子は、まず洋梨またはリンゴをオーブンで乾燥させ、木づちで叩いて平らにします。ポワール・タぺの中心地、チュルカンあるいはリヴァレンヌのTroglo des pommes tapées(トログロ・デ・ポンム・タペ)にて、昔ながらの作業をご覧ください。

モンタルジのプラリーヌ

炒ってバニラの香りのキャラメルを絡めたアーモンドは、申し分なくカリカリです。これを作れるのはモンタルジのMazet(マゼ)だけです。

ゲランドの塩

ロワール渓谷の白いゴールドと呼ばれる塩は、古来より伝わる方法を用いてゲランドの天日塩田にて収穫します。例えばTerre de sel(テール・ド・セル)やMaison des Paludiers(メゾン・デ・ポリュディエ)にてお求めいただけます。

ロワール川の魚

国王ゆかりのロワール川は美味な淡水魚にも恵まれており、特にホソスズキ(sandre)は、まさに国王にふさわしい魚です。ホワイトバターソースを添えた料理がナント地方の郷土料理となっています。他にもカワカマスなどの魚のテリーヌもお薦めです(特にブロワ城近くのComptoir de Loire(コントワール・ド・ロワール)でご賞味いただけます)。

チーズ

ヤギのチーズは人気が高く、特に薪のような形で芯にわらが通っているSainte-Maure-de-Touraine(サント・モール・ド・トゥーレーヌ)チーズ、ハート形をしたSelles-sur-Cher(セル・シュール・シェール)チーズ、先を切り落としたピラピッド型のValençay(ヴァランセ)チーズが有名です。ヴァランセは同名のワインと共にお楽しみください。ナント近辺では、生乳チーズ、Curé Nantais(キュレ・ナンテ)が人気があります。

きのこ類

フランスで「パリのきのこ」と呼ばれているマッシュルームの50%は、ソミュール地方で生産されています。古い洞窟(モンソローにあるSaut du Loups(ソー・デュ・ルー)のマッシュルーム栽培舎は15世紀のもの)の中にしつらえられたマッシュルーム栽培用カーヴで栽培されており、見学も可能です。

トゥーレーヌのリヨン、トゥールのリエット

この2つは豚肉をベースとした食べ物です。リエットは長時間加熱して作り、パンに乗せて食べます。リヨン(胸肉の角切りのコンフィ)は主菜として、レンズ豆、じゃがいも、あるいはサラダなどと美味しく召し上がれます。

オルレアンの酢とマスタード

酢は、中世に船で運ばれたワインが酸敗したことから偶然できたものです。1394年には、オルレアンに複数あった酢醸造業者はインドまで製品を輸出していました。現在、その酢醸造業者で残っているのは、1797年創業のMartin-Pouret(マルタン・プレ)社1社のみです。同社や有名なオルレアンのマスタードと呼ばれるマスタードも製造しています。

ワイン

赤、白、発泡ワインと、ロワール渓谷のワイン畑は、ワイン愛好家を楽しませてくれます。ブリサックにあるCaves de la Loire(カーヴ・ド・ラ・ロワール)は、ロワール、ナント地方、そしてサンセールのワインを厳選して提案。なんと全部で140のブドウ栽培農家を取り扱っています。さらにオリジナルな提案としてはワインに詳しくなるためのゲームスペースもあります。これは、シノン城近くブドウ栽培園Pierre & Bertrand Couly(ピエール・エ・ベルトラン・クリー)が提案しています。