水上

トゥ・キャバネと呼ばれるロワール地方伝統のボートに乗って一夜を過ごします。特にランジェ城から3㎞のLa-Chapelle-aux-Naux(ラ・シャペル・オ・ノー)にある Toue Charme と Toue Reine、そしてソミュールのロワール川に浮かぶ宿、Loire Romance Different Holidays(ロワール・ロマンス・ディフェレント・ホリデーズ)がお薦めです。

古い修道院

ボージャンシーの修道院は、12世紀に建設され、その後17世紀に補修。こうして数世紀に渡って歴史の流れを見てきました。三ツ星ホテルHôtel de l’Abbaye(オテル・ド・ラベイ)は、ロワール川に面しボージャンシー橋の眺めが楽しめる客室を備えた美しいホテルです。シャンボール城からわずか23㎞。

旧裁判所

ナントの中心部に位置する4つ星ホテル、Radisson Blu(ラディソン・ブル)は、ネオクラシック様式の旧裁判所に入っており、142の客室と非常にエレガントなスイートルームをご用意しています。

修道院の城

封建時代の領地、荘園、そしてフランス革命まではシャルトルーズ・デュ・リジェ修道会の修道士たちが集っていたという、歴史豊かな場所で過ごす一夜。美しい中世の建築を堪能した後、10㎞程度離れたロシュ城を見に行かれてはいかがでしょう。

白と黒

これが、アンボワーズ城とクロ・リュセ城から20㎞のロッシュコルボンにある四つ星ホテル、l’Art Hôtel(ラール・ホテル)のテーマです。28の客室は黒と白のインテリアで整えられ、寛ぐのにぴったりなシックで落ち着いた雰囲気を演出しています。

ブドウ畑の中

ブドウ畑の中に整備された樽での宿泊をいくつかのドメーヌが提案しており、シュヴェルニー城から4㎞のDomaine de Montcy(ドメーヌ・ド・モンシー)、そしてブルターニュ大公城から17㎞のThouare-sur-Loire(トゥアール・シュール・ロワール)にあるVignoble Marchais(ヴィニョーブル・マルシェ)がその例です。

浮かぶ小屋

シャンボール城からわずか10㎞のLodges de Blois-Chambord(ロージュ・ド・ブロワ=シャンボール)は、自然の中にしつらえた快適な木造の住まいでの一夜を提案しています。

空中庭園

ヴィランドリー城とその庭園の眺めを楽しむには、Le Petit Villandry(ル・プチ・ヴィランドリー)のゲストルームはいかがでしょう。18世紀の一軒家です。

旧チャペル

19世紀のチャペル、Notre-dame-des-Anges(ノートル・ダム・デ・ザンジュ)にSozo Hôtel(ソゾ・オテル)が24の客室とスイートルームをご用意しました。当時の石の円天井とステンドガラスが、現代的なインテリアにしっくり溶け込んでいます。

フォントヴロー王立修道院

フォントヴロー修道院のサン・ラザール小修道院に、四つ星ホテルが客室をご用意。ピュアなデザイン、高級寝具、手作り石鹸など、すべてお客様の快適性を考慮しています。