遠きにありて想うフランスの最も美しい庭園

ヴォルテールVoltaireは書きました。‘自分の畑は自分で耕さなければならない’と。本来の意味でも比喩的でも、このアドバイスに文字通り従ってみましょう!実際に訪れることができる日を待ち望みながら、写真、ビデオ、バーチャルでの見学を通じて、フランスの最も美しい庭園の数々を鑑賞してください。心地よい瞑想のひと時を過ごすため、他にはない緑あふれる空間の中心に身を置いてみましょう!

最も荘厳なヴェルサイユ

フランスの偉大さをフルに体現するため、ルイ14世の時代に建てられた、このとてつもない建築物ヴェルサイユを、まだ紹介する必要があるでしょうか?今日、国の所有地となっているこの敷地の面積は800ha以上。マリー・アントワネットMarie-Antoinetteが好んで散歩を楽しんだ場所でした。 
【マリー・アントワネットとヴェルサイユで過ごす24時間】

ヴェルサイユの庭園は、アンドレ・ル・ノートルAndré Le Nôtre指揮の下、ほぼ40年かけて完成しました。‘フランス式’庭園に見られる秩序ある左右対称の構造が代表的な特徴です。ヴェルサイユ宮殿の庭園は、花壇、多くの植え込み、彫像、イベント時には噴水ショーが開かれる、まるで緑の宝石箱です。この幻想的な世界にエスケープし、夢見心地の時間を是非どうぞ! 

庭園巡りの動画 (外部リンク)

最も絵になるジヴェルニー

フランスで最も象徴的な庭園のひとつ、印象派の巨匠クロード・モネClaude Monetが作り上げたジヴェルニーの庭園をご覧ください!1883年、家族と移り住んだジヴェルニーにモネは、‘クロ・ノルマン(Clos Normand、ノルマンディーの囲い地の意味)’と呼ばれる花の庭、また日本風の発想の水の庭を作りました。藤、しだれ柳と、かの有名なスイレン(絵画はオランジュリー美術館で鑑賞可能)からなる庭園自体が、まさしく大作です。夢のような庭を見てみたい、ですって?印象派の画家たちの足跡をたどるノルマンディー地方発見の旅に先駆けて、ご自宅にいながらにして、ジヴェルニーの家と庭をバーチャルで訪問なさってください!
クロード・モネの家バーチャルツアー (外部リンク)
【ジヴェルニー印象派美術館】

最も優雅なヴィランドリー

ヴィランドリーは、ロワール渓谷でルネサンス期の最後に建てられたお城ですが、その魅力は他にひけを取りません。特筆すべきは、その庭園。カルヴァロCarvallo一族によって構築、修復された庭園は、4段階に分かれ、フランス的な優雅さを象徴しています。装飾菜園、装飾庭園、水の庭園、シンプル庭園、クマシデの生垣迷路、太陽の庭園の6つの各庭園は、それぞれがまるで緑の絵画のようでもあります。よろしいですか、本当に目がくらむこと、間違いありませんよ!
【アレックス・マクリーンによる空から見たロワールの古城】

最もアロマティックなヴァル・ド・マルヌのバラ園

19世紀末、ジュール・グラヴローJules Gravereauxとエドワール・アンドレEdouard Andréによって設置されたヴァル・ド・マルヌVal de Marneのバラ園は、花の女王・バラ専門の初めての庭園でした。このバラ園は、世界最大のオールド・ローズ・コレクションを有しています。世界的にも良く知られ、"傑出した庭園Jardin remarquable"の認定を受けたこのバラ園には今日、およそ2900種のバラが1,5haのフランス式庭園に植えられています。バラの最も心地よい香りで、リラックスした穏やかな散歩を楽しんでください!
紹介動画 (外部リンク)

最もエキゾチックなエフルッシ・ド・ロスチャイルド邸&庭園

ニースとモナコの間にあるエフルッシ・ド・ロスチャイルドEphrussi de Rothschild邸は、素晴らしい庭園に囲まれた、コート・ダジュールで最も美しい邸宅のひとつです。地中海を眼下に望むこの邸宅は、ロスチャイルド家の裕福な相続人、ベアトリス・エフルッシ・ド・ロスチャイルドBéatrice Ephrussi de Rothschildにより、ベル・エポック時代に7年の歳月をかけて建てられました。ここにはフロランタン庭園、スペイン庭園、フランス式庭園、エキゾチック庭園、ラピダリー庭園、日本庭園、プロヴァンス庭園、バラ園、セーヴル庭園の9つがあり、列柱、滝、池や花壇を鑑賞することができます。視覚と嗅覚を駆使する旅となりますよ!
紹介動画 (外部リンク)

最も緑あふれるプラフランスの竹園

‘傑出した庭園’と‘歴史的建造物‘に認定されたこの竹園は1856年、園芸に情熱を傾けたウジェーヌ・マゼルEugène Mazelによって設置されました。彼は極東旅行の際、多くの外国産の品種、特に竹を持ち帰りました。12haに及ぶ庭園は今日、樹齢数百年の木々だけではなく水の庭園、緑の迷宮やラオス村、またマゼル温室などで、魅力あふれる場所となっています。ガール県(ニームの近く)のセヴェンヌCévennes地方に位置するフランスでも珍しい庭園で、ちょっと変わった体験をどうぞ。
公式サイト (外部リンク)

最も幻想的なシュノンソー

シェールCher川沿いに建てられたシュノンソー城は、ロワール渓谷の至宝のひとつとして、またルネサンス建築の象徴として確固たる地位を築いています。別名«貴婦人たちのお城château des Dames »の通り、お城の歴史は数々の女性たちによって作り上げられました。また水、石、植物の美しい配置から、建築物と景観の絶妙なバランスを見てとれます。 
優雅なフランス式庭園は、訪れる人の目を楽しませてくれます。ディアンヌ・ド・ポワチエDiane de Poitiers庭園のつる性のバラ、カトリーヌ・ド・メディシスCatherine de Medicis庭園の花壇、円形の迷路、花畑、緑の庭園に加え、最近はラッセル・ペイジRussell Pageに敬意を表した庭園が登場しました。専用のアプリで、この比類ないシュノンソーを訪れることができますよ! 
シュノンソー城公式アプリ (外部リンク)

最も牧歌的なバガテル

ブーローニュの森の中心にひっそりと佇むバガテルBagatelleは、パリの植物園の4つの拠点のひとつです。バガテルのお城と庭園は1775年、マリー・アントワネットと義弟アルトワArtois伯との賭けによって建てられました。滝、小さな橋、水の鏡の間を気持ちよく、そしてロマンティックにお散歩できる公園です。また1200種類もの異なるバラの品種があるバラ園でも有名で、夏には特にクラシック音楽のコンサートが開かれます。
バガテル公園 (外部リンク)

最も地中海的なレイヨルのドメーヌ

ラバンドゥとサン・トロぺの間に位置するレイヨルRayolは当初、ビジネスマンのアフレッド・クルムAlfred Courmesが1909年に未開拓の40haに及ぶ灌木地帯を購入し、構想を練ったドメーヌです。その後放置されましたが、モールMaures懸崖の手つかずの海岸を守るため1989年、沿岸保存所は造園家のジル・クレマンGilles Clémentに修復を依頼します。彼は地中海世界の風景に由来する庭園を、その場所に作ります。つまり地中海流域、カリフォルニア南東部、チリ中部、南アフリカのケープ地域、オーストラリア南部の風景をそこに再現したのです。しばし時間が止まったかのような、20haの自然保護区域の旅へお連れします!

最もリラックスできる、アルベール・カーン庭園

1895年、銀行家アルベール・カーンAlbert Kahnはオ・ド・セーヌHauts-de-Seine県の邸宅を購入するやいなや、まさに情熱を傾けた植物アートに没頭します。庭師のチーフ、ルイ・ピカーLouis Picartの助けを借りて、19世紀に特に好まれた «舞台のある»庭園を作ります。フランス式庭園、イギリス式庭園、日本式庭園、ボージュ地方の森林を堪能できるでしょう。穏やかで瞑想へといざなうアルベール・カーン庭園は、様々な文化の研究と知識を通じて一生涯、慈善家であった銀行家カーンが掲げた、普遍的な平和の理想を反映しています。庭園は2021年、再オープンの予定です。
アルベール・カーンの庭園 (外部リンク)

他のアイデア
を見る