今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

お見逃しなく!フランスの展覧会情報2018 - 2019

ここMucemで開催されるアイ・ウェイウェイ(Ai Weiwei)展示会は、これまでの常識の問いを投げかけます。
フランス各地の美術館では毎年、見逃せない展覧会が数多く開催されています。ボルドーを筆頭に、パリ、メッス、ルーアン、リール、リヨン、エクス=アン=プロヴァンス、ランス、マルセイユなどの都市が、今年もあなたを感動させ、考えさせ、驚かせます...
アイ・ウェイウェイ(Ai Weiwei)展

2018年6月20日~11月12日 マルセイユMucem(ヨーロッパ・地中海文明博物館)にて
現代美術の芸術家アイ・ウェイウェイ氏による今回の「ファンタン( Fan Tan)展」では、日常づかいのモノからインスピレーションを得た彼の作品が、訪れる者たちの常識の解釈を揺さぶります。その作品の力強さで我々の考えを問い直してくれる、それこそアイ・ウェイウェイ氏が愛される理由なのです。
Mucem(ヨーロッパ・地中海文明博物館) (外部リンク)

エルドラド(Eldorado)リール3000

2019年4月27日~12月6日 リールにて 
「リール3000」はコンサートや様々なイベント、展覧会、ワークショップなどが催される長期の文化イベントです。2019年はそのテーマ「Eldorado」という名の通り、リールの街全体がエルドラド(黄金郷)に変貌します!最大規模で街中が飾り付けられ、リールの街が夢の都市の伝説を再現する様子をぜひお見逃しなく。
Lille 3000 (外部リンク)

ミロ展

2018年10月3日~2019年2月4日 グラン・パレにて
パリのグラン・パレは、その135の作品と共にミロの70年にわたる創作活動を振り返る大規模回顧展を開催します。彼の画風の変遷をその人生に照らして辿りましょう。フランスで初公開される作品にもご注目を。
パリの展覧会情報 もチェックしてください!

ポルト(Porto)展

2018年10月5日~2019年1月6日 ボルドー、シテ・デュ・ヴァン博物館にて
正式名称は、「ポルト展:ドウロ川、大陸の風を海に運ぶ(Porto : Douro, l’air de la terre au bord des eaux)」。
ボルドーのシテ・デュ・ヴァン博物館では、期間限定でポルトガルのワイン産地を紹介する展示企画を開催します。様々なイベントやワインの試飲などを通して、まだよく知られていないポルトガルワインについての理解を深めてみませんか?
シテ・デュ・ヴァン博物館 (フランス語) (外部リンク)

アムール(Amour)展

2018年9月26日~2019年1月21日 ランス、ルーヴル・ランスにて
ルーヴル美術館ランス別館で、250点もの多様な作品を通してさまざまな「愛」の形を探ってみてはどうでしょう?情熱、崇拝、誘惑からロマンチシズムへ。7つのテーマで「愛」という普遍的な感情を見つめなおします。「愛」に溢れた展覧会をどうぞお楽しみください。
ルーヴル・ランス (フランス語) (外部リンク)

シャガール展

2018年11月1日~2019年3月24日 エクス=アン=プロヴァンスにて
「シャガール展 モノクロからカラーへ(Chagall, du noir et blanc à la couleur)」では、マルク・シャガール自身について再発見するとともに、彼のモノクローム表現への探求についても理解を深めることができます。1948年から彼の死までの間に生み出された100以上の作品を通して、シャガールの世界観を心ゆくまで堪能しましょう。
オテル・ド・コマン (外部リンク)

ユーゴ・プラット(Hugo Pratt)展

2018年4月7日~2019年3月24日 リヨンにて
名作「コルト・マルテーゼ」知れらるイタリアの漫画家ユーゴ・プラット。今回コンフリュアンス博物館で開催される「ユーゴ・プラット展、水平線(Hugo Pratt, lignes d’horizons)」では体験型展示が用意され、ユーゴ・プラットの旅や文化に対する自由な精神に触れることができます。さらに、博物館のコレクションに合わせた原画も展示されます。大人も子どもも楽しめる冒険漫画家の世界観を満喫しましょう。
コンフリュアンス博物館 (外部リンク)

「夜を描く」 展

2018年10月13日~2019年4月15日 メッスにて
夜の醸しだす空気は、常に芸術家たちを魅了してやみません。ポンピドゥー・センター・メッスを訪れたなら、新しい夜の魅力を発見できることでしょう。宵っ張りのみなさん、美術館で夜の散策をしてみませんか?鑑賞後は、きっと夜の見方が変わっているはずです。
ポンピドゥー・センター・メス (外部リンク)

「デッサンの芸術」展

2018年11月8日~2019年2月11日 ルーアンにて
実は8,000点を超える所蔵デッサンが、その素材の脆さゆえに人々の目に触れることなく保管されていた、ルーアン美術館。今冬の展覧会で、それらの作品が一挙公開されることになったのです!貴重な収蔵品を通して、時代を追いながら芸術作品の全体感を把握していきましょう。このチャンスをぜひお見逃しなく。
ルーアン美術館 (外部リンク)

関連
記事 

フェスティバル

クリスマス・マーケットの魔法が広がるルーヴル美術館ランス別館周辺地域(ALL)へ!

オー・ド・フランス地方(Hauts-de-France) は、その名のとおりフランス北部に位置しています。英仏海峡の下に建設されたトンネルでイギリスとつながっている沿岸地域でもあり、多くの名所が存在します。

カルチャー

「ルネサンス500周年」:2019年、見逃せないイベントの数々

2019年、ロワール渓谷はルネサンスの色が濃く表れた年になります。展覧会、スペクタクル、見学…この地方にある古城やその他の歴史的建造物が、文化と芸術の復興の時代ルネサンスの中枢へと訪れる人々をいざないます。France.fr が見逃せないイベントをご紹介しましょう。

モニュメント

シャンボール城:知っておくべき9つのポイント

シャンボール城は、フランソワ1世のために建設され、レオナルド・ダ・ヴィンチの構想によるものとされており、ロワール渓谷内の城のうちでも、最大の規模と威容を誇る城です。フランスのルネッサンスの代表建築であるとともに、芸術と文学をこよなく愛した支配者の権力の象徴でもありました。

美術館・博物館

お見逃しなく!パリの展覧会情報 2018-2019

今シーズンはどんな展覧会がパリの美術館や博物館で催されるのでしょう?印象派、ポップ・アイコン、過激なアンダーグラウンド・アート、キュビスム…多彩な分野とジャンルが陽気に混ざり合い、絵、彫刻、写真、音楽をもって表現されます。常識を覆す展覧会の数々、必見です!パリの週末を過ごすにはここがおすすめ、もちろん週末以外でも!

カルチャー

クロ・リュセ城にあるレオナルド・ダ・ヴィンチの天才的発明品の数々

戦車、巨大カタパルト(投石機)、飛行機・・。レオナルド・ダ・ヴィンチが天才的に発明した数々のマシーンは、ロワール地方にあるクロ・リュセ城の庭園で実物大展示されており、実際に触れたり動かしたりすることができます。どれもが並外れた発明品でダ・ヴィンチの天才性を再確認するものであり、ダッソー・システムズ社の3D技術を使ったグラフィック映像により分かり易く学べるようになっています。

料理

リヨン国際美食館:レジス・マルコンの創る世界

リヨンから車で1時間半ほどの山間部サン・ボネ・ル・フロワにあるレストラン「レジス&ジャック・マルコン」の3つ星シェフ、レジス・マルコンは2019年に開館を待たれているリヨン国際美食館の完成に向けて入念な計画を練るメンバーの1人です。今からオープンが待ち遠しい国際美食館。その‛原材料‘と‘レシピ’‘メニュー’をプロの料理人らしく私たちに教えてくれます。

関連
記事 

フェスティバル

クリスマス・マーケットの魔法が広がるルーヴル美術館ランス別館周辺地域(ALL)へ!

オー・ド・フランス地方(Hauts-de-France) は、その名のとおりフランス北部に位置しています。英仏海峡の下に建設されたトンネルでイギリスとつながっている沿岸地域でもあり、多くの名所が存在します。

カルチャー

「ルネサンス500周年」:2019年、見逃せないイベントの数々

2019年、ロワール渓谷はルネサンスの色が濃く表れた年になります。展覧会、スペクタクル、見学…この地方にある古城やその他の歴史的建造物が、文化と芸術の復興の時代ルネサンスの中枢へと訪れる人々をいざないます。France.fr が見逃せないイベントをご紹介しましょう。

モニュメント

シャンボール城:知っておくべき9つのポイント

シャンボール城は、フランソワ1世のために建設され、レオナルド・ダ・ヴィンチの構想によるものとされており、ロワール渓谷内の城のうちでも、最大の規模と威容を誇る城です。フランスのルネッサンスの代表建築であるとともに、芸術と文学をこよなく愛した支配者の権力の象徴でもありました。

美術館・博物館

お見逃しなく!パリの展覧会情報 2018-2019

今シーズンはどんな展覧会がパリの美術館や博物館で催されるのでしょう?印象派、ポップ・アイコン、過激なアンダーグラウンド・アート、キュビスム…多彩な分野とジャンルが陽気に混ざり合い、絵、彫刻、写真、音楽をもって表現されます。常識を覆す展覧会の数々、必見です!パリの週末を過ごすにはここがおすすめ、もちろん週末以外でも!

カルチャー

クロ・リュセ城にあるレオナルド・ダ・ヴィンチの天才的発明品の数々

戦車、巨大カタパルト(投石機)、飛行機・・。レオナルド・ダ・ヴィンチが天才的に発明した数々のマシーンは、ロワール地方にあるクロ・リュセ城の庭園で実物大展示されており、実際に触れたり動かしたりすることができます。どれもが並外れた発明品でダ・ヴィンチの天才性を再確認するものであり、ダッソー・システムズ社の3D技術を使ったグラフィック映像により分かり易く学べるようになっています。

料理

リヨン国際美食館:レジス・マルコンの創る世界

リヨンから車で1時間半ほどの山間部サン・ボネ・ル・フロワにあるレストラン「レジス&ジャック・マルコン」の3つ星シェフ、レジス・マルコンは2019年に開館を待たれているリヨン国際美食館の完成に向けて入念な計画を練るメンバーの1人です。今からオープンが待ち遠しい国際美食館。その‛原材料‘と‘レシピ’‘メニュー’をプロの料理人らしく私たちに教えてくれます。