美食文化が堪能できるフランスの主要なイベント

フランスの味を再発見して堪能するために、魅力的なグルメイベントに参加してみるのはいかがでしょう。市場やグルメサロン、または星付きレストランのテーブルでは、季節の移り変わりとともに、地元の食材を使ったシェフのレシピ、伝統と革新を共有する楽しい時間が常に約束されています。味覚を研ぎ澄まして、さあ、いただきましょう!

グード・フランス

2015年に開始したGoût de France/Good France(グード・フランス)は、フランスの料理のノウハウを海外に広め、また「フランス料理」がユネスコの無形文化遺産に登録されたことを祝うことを目的としています。毎年、世界中のレストラン経営者やトップシェフがグード・フランスのメニューを考案し、パリをはじめとするフランス全土の数十軒のレストランが、フランスの食文化を象徴する料理でこのイベントを祝います。

2021年、日本ではグード・フランスのオンラインイベントを開催しました。イベントの映像はこちら (外部リンク)

グラン・ルパ

2016年にロワール渓谷で開始され、2019年にはフランス全土に拡大されたイベント「Grand Repasグラン・ルパ」のメニューには、陽気さ、分かち合い、好奇心、喜びといった価値観が盛り込まれています。コンセプトはシンプルで、地元のシェフが地元の旬の食材を使って考案したユニークな地域限定メニューを各参加地域で提供するというものです。2021年には、三ツ星シェフであるアンヌ=ソフィー・ピック氏がナショナルパトロンを務めます。彼女は、参加する各地区にスポンサーのシェフを伴っています。

Grand Repasグラン・ルパ (外部リンク)
2021年10月21日

プロヴァンスとペリゴールのトリュフ市場

「黒いダイヤ」の異名を持つトリュフは、強力な香りと繊細なアロマで愛好家を楽しませてくれます。多くの洗練された料理の秘密の材料であるトリュフは、フランスの偉大なシェフたちに愛されています。プロヴァンスのヴォークリューズ県やドルドーニュ渓谷で最もよく売られています。11月中旬から3月末まではトリュフのシーズンで、市場が盛り上がります。カルパントラス、リシュランシュ、ラルバンク、キュザンス、そしてペリゴールの中心地であるサルラでは、優れた嗅覚を持ったプロに囲まれて、実際に香りを嗅ぎ、重さを量り、交渉することができます。おすすめを聞きながら、テイスティングをしたり、レシピのアイデアを探したり...お楽しみがいっぱいです。

ペリゴールのトリュフ市場 (外部リンク)
プロヴァンスのトリュフ市場 (外部リンク)
2021年11月~2022年3月

海外領土とフランス語圏のガストロノミー・サロン

冬の中心にある太陽と料理のエキゾチシズム、それが2014年から毎年開催されている「Salon de la gastronomie des Outre-mer et de la Francophonie海外領土とフランス語圏のガストロノミー・サロン」です。週末には、グアドループ、フランス領ギアナ、マルティニーク、マイヨット、ニューカレドニア、フランス領ポリネシア、レユニオン、サンマルタン、サンバルテルミー、サンピエール・エ・ミクロン、ウォリス・フツナが、会場であるパリ・エクスポ・ポルト・ド・ヴェルサイユを華やかに彩ります。地の果ての味、フルーツのピラミッドや色とりどりの料理、スパイシーな香りや甘い香り......料理の才能に恵まれた様々な地域の美食の遺産を発見し、堪能してみてください。

Salon de la gastronomie des Outre-mer et de la Francophonie海外領土とフランス語圏のガストロノミー・サロン (外部リンク)
2022年1月28日、29日、30日

他のアイデア
を見る