【おうち時間】自宅でフランスを感じるプレイリスト:朝編

フランスを旅行する日が待ち遠しいですが、それまではフランスが皆様の家を訪れます。目覚めの音楽はサン・トロペ(Saint-Tropez)やピガール(Pigalle)から直でお届けするクラシック音楽や懐かしい曲。リズムに乗ったクールな朝をどうぞ。続いて、ダンス音楽のズークやラップで食欲を刺激しましょう。

7時半、ご機嫌な1日をスタート

砂浜に立ってコート・ダジュールの素敵な夏を歌うのはブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)。ベッドから起きた途端に、そこはフランス。地中海のビーチにいる気分に!
Deezerで聴く (外部リンク)

8時半、ビンテージ風の朝食

ピガール(Pigalle)のカフェテラスにいると想像しましょう。パリの人々の喧騒に取り囲まれた中で、ブラックコーヒー、クロワッサン。そして忘れがたきシャルル・トレネ(Charles Trenet)が帽子を軽く持ち上げて挨拶。まるで回想シーンのよう。
Deezerで聴く (外部リンク)

11時、南の島のリズムに乗る

フランスは5つの海に広がっています。カリブ海に浮かぶフランス領アンティル諸島から、ダンスミュージックのズークはいかが。グアドループ島で踊られる典型的なダンスミュージックをズーク・マシンヌ(Zouk Machine)が音色高らかにリズムを刻みます。
Deezerで聴く (外部リンク)

12時、盛大にランチを楽しむ

フランス人と料理の関係については、話せば長いことになります。オーブンの前に立つのはいつも真剣勝負。オッフェンバック作曲の「カンカン」をバックに牛肉の赤ワイン煮込みの準備を始めるまではあっという間。
Deezerで聴く (外部リンク)

他のアイデア
を見る