お土産にしたい、フランスの地方菓子

フランスの地方には、有名なご当地菓子がたくさん。是非お土産に持って帰りたい、おススメのお菓子をいくつかご紹介します。

ビスキュイ・ローズ・ド・ランス

この投稿をInstagramで見る

Pain perdus de #biscuitsrosesdereims

Biscuits Fossierさん(@biscuitsfossier)がシェアした投稿 -

フランス北部、シャンパーニュ地方の中心地ランスのお菓子です。薄いピンク色をした、ほんのりと甘いビスケット。主な原料は卵白で、口の中でほろとけるシンプルな食感。シャンパンに浸して食べてもおいしいのだとか。

カリソン・デクス

南仏、エクス・アン・プロヴァンスの有名菓子です。15世紀、結婚式の際にプロヴァンスの王が王妃を笑顔にするために宮廷菓子職人に作らせたのが起源なんだとか。フルーツの砂糖漬けをアーモンドの粉に練り込んでひし形にしたお菓子です。

クッサン・ド・リヨン

その名の通り、美食の街リヨンの名物菓子です。緑のクッションの形が特徴。もっちり柔らかいマジパンとがナッシュを、砂糖で包んだお菓子で、見た目も食感も楽しめます!

ナンシーのマカロン

よく知られている、クリームの入った色とりどりのマカロンとは、一味違ったナンシーのマカロン。卵白と砂糖にアーモンドペーストを入れて焼き上げたシンプルなお菓子です。さっくりと素朴な味を楽しむことができます!

塩バターキャラメル

ブルターニュ地方の特産と言えば、塩バター。このバターをじっくりと煮詰めてできたのが、塩キャラメルです。伝統的な製法で丁寧に作られた塩キャラメルはまさに絶品!極上のくちどけを味わうことができます。

カヌレ

ボルドーで伝統的に作られている焼き菓子。特徴的な「カヌレ型」に入れて作られ、外は硬くて香ばしく、中はもっちりと柔らかいのが特徴です!