ストラスブール  Strasbourg

イラストと写真で巡るフランス

3

Strasbourg

ストラスブール

ドイツとの国境に近く、街の至る所にドイツ風の趣が感じられるストラスブール。木骨組の家々が並ぶ路地の散策、暖かな伝統料理を楽しみつつ、アーティストたちはストラスブールならではの作品を仕上げました。

ストラスブール近郊の見どころ

Château du Haut-Koenigsbourg

オー・クニクスブール城

ヴォージュ山脈とブドウ畑を見下ろす堅固な要塞、オー・クニクスブール城。12世紀に築かれて以降、30年戦争で破壊され、1900年にドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の命で再建。その後第一次世界大戦を経てフランス領となりました。赤みを帯びた岩は、荘厳な印象を与えます。

Musée Lalique

ラリック美術館

20世紀のフランス、ジュエリーデザイナーとして成功を収めたルネ・ラリックのガラス作品やデッサンなどが収められた、ラリック美術館。 ラリックは、当時ジュエリーに多く使われていた金や宝石ではなく、象牙や七宝などの新しい素材を用いた革新的なデザインを世に送り出しました。

次のガイド

Dessine-moi la France!

「イラストと写真で巡るフランス」展覧会

本サイトでご紹介している、エイドリアン・ホーガン氏、ロバート・キルシュ氏のイラスト・写真作品の一部を原画でご覧いただける、期間限定の展覧会を神楽坂のカフェギャラリーにて開催いたします。

開催期間
2019年1月24日(木)~28日(月) 11時~19時(最終日28日は15時まで)
アクセス
〒162-0825 東京都新宿区 神楽坂2ー21 パルスギャラリー
(JR飯田橋駅より徒歩6分、メトロ神楽坂駅より徒歩8分)

特製カレンダーが当たる!

キャンペーン実施中!



#イラストと写真で巡るフランス でツイートいただいた方から
抽選で40名様に特製カレンダーをプレゼントいたします。





応募要項

・ツイート応募期限 1月31日
・応募方法:フランス観光開発機構のTwitterアカウント(@franceiine (外部リンク))をフォローし、 #イラストと写真で巡るフランス をつけてご自身のTwitterアカウントで投稿してください。投稿内容は自由です。
・鍵付きのアカウントからはご応募いただけません。
・当選した方には、フランス観光開発機構よりDMにてご連絡いたします。
・本イベント応募に関するインターネット接続料および通信費は、お客様ご自身のご負担となります。
・応募に関するご質問は、sakidori.jp@atout-france.fr (外部リンク) までお問い合わせください。