リール Lille

イラストと写真で巡るフランス

2

Lille

リール

フランス北部の街、リール。古くから工業で栄えて、商業の伝達路でもありました。

リールの見どころ

Lille3000

リール3000

2004年に欧州文化首都に選定されて以降、リールでは3年に1度Lille3000が催されています。この期間、世界のアーティストがリールに集まり、街全体で様々な文化イベントが開催されます。

ベルギーとフランス北部にまたがるフランドル地方には、伝統的に街の中心に鐘楼(Beffrois)が建てられており、ここリールでも市庁舎の鐘楼(Beffroi de l’Hôtel de ville)が街のランドマークとなっています。

サン・ソヴール駅(Gare Saint Sauveur)にて、Lille3000の一環で企画された”Ola Cuba !”という現代アート展示会。

Villa Cavrois

ヴィラ・カヴロワ

リール郊外の街クロワ(Croix)に佇むヴィラ・カヴロワ。1929年、この地域の裕福な実業家だったポール・カヴロワ一家の邸宅として建築家ロベール・マレ・ステヴァンスが設計し、現在では近代建築の名作として知られています。

次のガイド

Dessine-moi la France!

「イラストと写真で巡るフランス」展覧会

本サイトでご紹介している、エイドリアン・ホーガン氏、ロバート・キルシュ氏のイラスト・写真作品の一部を原画でご覧いただける、期間限定の展覧会を神楽坂のカフェギャラリーにて開催いたします。

開催期間
2019年1月24日(木)~28日(月) 11時~19時(最終日28日は15時まで)
アクセス
〒162-0825 東京都新宿区 神楽坂2ー21 パルスギャラリー
(JR飯田橋駅より徒歩6分、メトロ神楽坂駅より徒歩8分)

特製カレンダーが当たる!

キャンペーン実施中!



#イラストと写真で巡るフランス でツイートいただいた方から
抽選で40名様に特製カレンダーをプレゼントいたします。





応募要項

・ツイート応募期限 1月31日
・応募方法:フランス観光開発機構のTwitterアカウント(@franceiine (外部リンク) )をフォローし、 #イラストと写真で巡るフランス をつけてご自身のTwitterアカウントで投稿してください。投稿内容は自由です。
・鍵付きのアカウントからはご応募いただけません。
・当選した方には、フランス観光開発機構よりDMにてご連絡いたします。
・本イベント応募に関するインターネット接続料および通信費は、お客様ご自身のご負担となります。
・応募に関するご質問は、sakidori.jp@atout-france.fr までお問い合わせください。