ヴァランセ城

ヴァランセ城は、ナポレオン1世の有名な外務大臣だったシャルル・モーリス・タレーランが所有していた城です。1803年に城を購入したタレーランは、この城に、帝国の高官や高貴な来賓を招いて豪華なパーティーを開きました。
ヴァランセ城で体験したいことTOP5

1/ファサードの中世風やルネッサンス風など様々に入り交じった様式を見て楽しむ。
2/城内の帝国様式の家具を見学する。
3/城に付属する建物にある美しい小劇場を見学する。
4/鹿公園の鹿や王子の森の洞窟の蝙蝠を観察する。
5/フランスで最大の迷路で謎を解く子供たちを見て楽しむ。

贅沢に飾られた城

城の建設は、16世紀に始まりました。その後、時代と共に、城は、ルネッサンス様式の繊細さと古典時代の純粋なラインをバランスよく調和させて形を変えていきました。

城内は完全に家具が整えられており、ルイ16世様式と帝国様式の特筆すべきコレクションを保有しています。

儀式の間と私室の造作や彫刻、絵画、貴重なオブジェには、城の所有者の趣味の良さが表れており、ここで開かれた数多くのパーティーがいかに華やかであったかが想像できます。

まるで宝石のようなヴァランセ城の劇場は、1810年に、皇帝ナポレオンの命で、当時ヴァランセに住まわされていたスペインの王子を慰めるために作られました。数多くの作品が上演され、今も大道具や背景が保存されている貴重な劇場です。

広大な敷地内の庭園

城の周りの53ヘクタールの敷地には、フランス式庭園とイギリス式公園があります。
徒歩や小型電気自動車で、4㎞の長さの王子の森を散策してみてはいかがですか?

ナポレオンの大迷路は、家族連れにお勧めです。外に出るには、謎を解くカギを見つけ、7つの扉を開けなければなりません。

季節を通じて、コンサートや展覧会、アトリエ、スペクタクルなどが開催され、いつもとは違った雰囲気で城を見学できます。

ヴァランセ城へのアクセス