クロ・リュセ城は、ユネスコの世界遺産に登録されているルネッサンス様式の城です。レオナルド・ダ・ヴィンチの業績をテーマに、彼が未来の世代に残した遺産を紹介する様々な文化プロジェクトを行っています。レオナルド・ダ・ヴィンチのフランスでの生活は、このクロ・リュセ城で始まり、ここで多くの傑作を残しました。

クロ・リュセ城 アンボワーズのレオナルド・ダ・ヴィンチパークで体験したいことTOP5

1/ルネッサンスの大広間から台所まで見学し、レオナルド・ダ・ヴィンチの日常生活を想像する。
2/忠実に再現されたレオナルド・ダ・ヴィンチのアトリエで、ルネッサンス時代最大の天才の世界を発見する。
3/陳列室で、地球全図や骨格や植物標本などの驚きの品々を見つける。
4/パーク内で、彼のスケッチを元に作られた実物大の装置を動かしてみる。
5/スタッフが当時の衣装を着て当時の食事を給仕するオーベルジュ・デュ・プリウレでタイムスリップしてみる。

レオナルド・ダ・ヴィンチの家

フランソワ1世の招きに応じて、1516年秋、64歳のレオナルド・ダ・ヴィンチは、フランチェスコ・メルツィなどの弟子や、彼の忠実なミラノ人の召使のバティスタ・ド・ヴィラニスとともにアルプスを越え、アンボワーズに身を落ち着けました。この時、彼は、彼の手稿と「モナリザ」を含む3作の傑作絵画を持参しました。これらの絵画は、現在、ルーブル美術館に所蔵されています。レオナルド・ダ・ヴィンチは、クロ・リュセ城で暮らしながら、仕事を続け、1519年5月2日にクロ・リュセ城の自室で亡くなりました。

彼の寝室やフランソワ1世の姉のマルグリット・ド・ナヴァルの寝室、弟子たちが描いた礼拝堂のフレスコ画、台所、レオナルド・ダ・ヴィンチが賓客やアンボワーズに滞在する芸術家たちを出迎えた部屋などを見学できます。博物館風のホールでは、彼の業績や、彼とフランスの関係についての研究をテーマにした展覧会《レオナルド・ダ・ヴィンチとフランス》が開催されています

レオナルド・ダ・ヴィンチに捧げられた文化パーク

7ヘクタールの公園と庭園は、まさに屋外美術館であり、レオナルド・ダ・ヴィンチの自然への思いを物語ります。自然は、レオナルド・ダ・ヴィンチにとって一番のインスピレーションの源でした。自然の風景の中のコースをたどれば、未来を見通す目を持つ天才であり、技術者であり、画家であり、建築家だった彼の足跡を知る旅に出ることができます。

20点もの実物大の模型を動かして、レオナルド・ダ・ヴィンチの発明を実際に試したり、確かめたりしてみましょう。大人も子供も楽しめる展示です。40枚の半透明のキャンバスと8つのオーディオ・スタンドが、顔の光、体の美しさ、生命のメカニズム、技術プロジェクト、さらには理想都市を通して、ダ・ヴィンチ・パークならではやり方でレオナルド・ダ・ヴィンチの業績の様々な側面を発見させてくれます。