フランスのバレンタイン事情

日本でもフランスでも、毎年2月14日は「バレンタイン・デー」として知られています。でも、その祝い方には違いがあるようです。フランスのバレンタイン事情についてご説明しましょう。
バレンタインの由来

ローマ帝国時代、兵士たちの婚姻は士気が下がるという理由で禁止されていました。恋人と一緒になれない兵士たちを憐れんだキリスト教の司祭ワレンティヌスは彼らのために内密で婚姻式を挙げていましたが、やがてこの噂が皇帝の耳の入ると彼は処刑されてしまいました。以来、司祭ワレンティヌスは「愛の守護聖人」として敬愛されるようになり、彼が処刑された2月14日は「愛の日」として現在のバレンタインの起源になったとされています。

バレンタインの過ごし方

日本では、女性が男性に告白をしたり贈り物をしたりすることが一般的ですが、フランスでは、バレンタインは付き合っているカップルの間で祝われることが多く、また贈り物は男性から女性に渡されることがほとんどです。日本のように、友人や同僚に義理のチョコレートを贈る文化もありません。
カップルでロマンチックな食事をしたり、映画やコンサートを鑑賞したりと、普段とは少し違った特別なデートをして過ごします。

バレンタインの贈り物

バレンタインの贈り物は、日本ではチョコレートのイメージが強いですが、フランスではあまり見られないようです。一般的にはバラの花が贈られることが多く、また香水やランジェリーなど女性が喜ぶ品も選ばれています。

バレンタインの考え方

日本では毎年皆が盛り上がるバレンタインですが、フランスではあくまでカップルの間で小さく祝われる行事としての位置づけのよう。また、中にはバレンタインの時にだけ特別なことをしなくても、日常的に愛を感じることの方が大事だという考えから、バレンタインだからと言って特に何もしない人もいるようです。