ロワールワインの宝、サンセール!

ブドウ畑の広がる谷間にロワール川が流れ、それを見下ろすように火山がそびえます。サンセールの村ののどかな風景は、ワイン愛好家そして「本物」を愛する人たちから喜ばれています。

ブドウ畑の広がる谷間にロワール川が流れ、それを見下ろすように火山がそびえます。サンセールの村ののどかな風景は、ワイン愛好家そして「本物」を愛する人たちから喜ばれています。

サンセールで生産されるワインの62%が国外に輸出されます。これはこのワインが国際的に知られ、高級レストランで飲まれていることを意味しています。サンセールでは白ワインが最も有名ですが、赤、ロゼも作られています。

AOCサンセールは3000ヘクタールにおよび、3種類の土壌があります。まず粘土・石灰質の土壌、つぎに黄色でやわらかい白亜質、そして粘土と燧石の混ざった土壌です。サンセールのワインには2つのブドウ品種が使われています。ソーヴィニヨン・ブランが80%、ピノノワールが20%で、植えられた土壌によって、タンニンの強さなど、大きく違ったワインができます。

サンセールの白は、爽やかで繊細、白色果実(白桃、ナシ、リンゴなど)や柑橘類、トロピカルフルーツのアロマがあります。サンセールの赤はピノノワールの特徴をたいへんよく表しています。味はしっかりとしていて余韻があり、赤色果実、黒色果実のアロマがあります。

サンセールのすぐ隣に、シャヴィニョルChavignol という小さな村があります。ここにもクロタン・ド・シャヴィニョルという別のAOCがあります。小ぶりな山羊のチーズで、熟成度に幅があり(フレッシュ、セミドライ、軽く青みを帯びたもの、ブルー)、サンセールの白と相性抜群です。村の眺めと地元の名産品を堪能するなら、サンセールの村にあるトゥール・デ・フィエフTour des Fiefsへどうぞ。ロワール川とブドウ畑の眺めを360° 楽しめます!