雲の上のワインセラーへようこそ。フランスの美酒をご堪能ください!

エールフランス航空の機内では、厳選されたフランスワインをお楽しみいただけます。 ワインのセレクションは、2013年世界ソムリエチャンピオンのパオロ・バッソ氏ならびにワインガイド編纂のデュオ、ティエリー・デソーブ氏とミシェル・ベターヌ氏が選りすぐったシャンパン、フランスワインを心行くまでご堪能ください。

エールフランスの機内では、すべてのクラスのお客様にシャンパンをご提供します。 ファーストクラス、ビジネスクラスでは離陸前にウェルカムシャンパンでお出迎えしますので、搭乗してすぐシートでゆったりとリラックスください。エコノミークラスのお客様は離陸後、シャンパンやワインから選べる食前酒とおつまみをお出しいたします。

食前酒の後、お食事のお時間にはフランスワインをご堪能ください。ワインリストはシャンパン、赤2 種、白2 種の構成。季節によってロゼも加わります。メインの後にはフランス産のフロマージュや、デザートをお楽しみください。お食事の後には、コニャックなどの食後酒を各種ご用意しております。 また、お食事の間にはキャビン内に設置されたバーで、軽食をお楽しみください。

エコノミークラスのお食事 (外部リンク)

2018年度のエアライン世界最高ワインリスト賞を受賞 全てのクラスで優れた仏ワインを提供と高評価

2018年9月11日、ロンドンで行われた英国の高級ワイン専門誌、「The World of Fine Wine (ザ・ワールド・オブ・ファイン・ワイン) 」の第五回「ワールド・ベスト・ワインリスト・アワード2018」で、エールフランス航空は2018年度エアライン世界最高ワインリスト賞を受賞しました。「ワールド・ベスト・ワインリスト・アワード」は著名なワイン専門ジャーナリストや、ソムリエ世界チャンピオンなどが審査するワインリストのコンクールで、1000を越える世界中のレストランやエアラインのワインリストが審査の対象になります。エールフランス航空はファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアム・エコノミークラス、エコノミークラス4つの客室の全てで、バランスの良い、品揃えの洗練されたワインを提供していると高く評価されました。

エールフランス航空はサービスするワインやスピリッツを定期的に見直し、豊穣なフランスの葡萄と風土が生み出す多様なワインから著名なシェフ達が創造するお料理に合わせて選んで提供しています。ファーストクラスの「ラ・プルミエール」、ビジネスクラスでサービスされるワインは1年間で80万本。エコノミーを含む4つの客室では年間75万本のシャンパンが提供されています。乾燥して気圧が低い機内という特別な環境で味覚は通常のように働きません。エールフランス航空ではその環境でも美味しく召し上がれるワインやその他のアルコール飲料を搭載しています。

エールフランス航空のファーストクラス「ラ・プルミエール」とビジネスクラスのワインリストの評価は高く、ビジネス渡航の専門誌のエアラインワインリストの格付けでは2017年度、ワインとシャンパンのセレクションで7つの賞を受けています。

ビジネスクラスのお食事 (外部リンク)

ホテル ランカスター・パリとのコラボレーション

パリ シャルル・ド・ゴール空港のターミナル2EホールLのラウンジ内のバー、「ル・バルコン」では毎晩18時から22時30分まで、数々の伝説に彩られた有名な五つ星の老舗、ホテル ランカスター・パリの女性チーフバーテンダーにより特別に創作されたカクテルの数々をご提供しています。
また、ビジネスクラスの機内ではチーフバーテンダーがエールフランスのために特別なレシピを創作し、全ての長距離線ビジネスクラスで食前酒のサービス時にご提供します。カクテルは年に2回、春夏、秋冬に新作が発表されます。必ず入っているのは選びぬかれた最高のフランス産の材料、そしてシャンパンのトッピング。
パリの空港で、空の上で、素晴らしいひとときをお楽しみください。