今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

ママ・シェルター、斬新で活気溢れるホテル

遊び心満載で話題のデザイン・ホテル「ママ・シェルター」は、トリガノ家 (クラブ・メッド創立者)、シリル・アウィゼラート(哲学者)、フィリップ・スタルク(空間デザイナー)という異色の出会いから生まれたものです。非常にスタイリッシュでありながら、手頃な価格帯で利用できるママ・シェルター。ホテル界の掟を破り、フランスには珍しくラフな感覚を取り入れて成功を収めています。

気さくでスタイリッシュ、手頃な価格で利用可能

ホテル以上の機能をなすママ・シェルターは、イベント開催や生活の場でもあり、スタイリッシュでありながら和気あいあいとした雰囲気。宿泊客のみならず一般市民も簡単に利用できる交流の場となっています。

館内至るところに面白い装飾がされ、デザイン性に富んだ客室も遊び心に溢れています。全客室に冷蔵庫、湯沸かしポット、電子レンジなどのキチネット設備が整い、Apple社iMacが壁面に設置されてVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスを楽しめます。

ママ・シェルターのコンセプトは「上質なものを手頃な価格で」というシンプルなもの。貸切可能なテラスやシックなバー、DJナイトイベントやフォーラム開催など、各種サービスへのこだわりも感じられます。

厳選されたロケーション

1号店であるパリのママ・シェルターは、ペール・ラシェーズ墓地の裏手にあるアーティスト達お気に入りの界隈に。観光名所から若干離れた、ホテルにしては一風変わった場所にあります。

マルセイユのママ・シェルターは町の中心部6区、最もシックな界隈にあります。

リヨンのママ・シェルターは、ローヌ河岸近くのプレスキルという半島エリア東部、絶えず変化を遂げる活気ある界隈にあります。

一番最近できたママ・シェルターはボルドー。大聖堂や市庁舎から程近い歩行者天国にあり、ホテル屋上からは思わず息を飲む美しい市街地のパノラマが眺められます。

次々と成功をおさめ話題のママ・シェルターは、更なる事業展開の一環で2018年にトゥールーズに、2019年にはパリのポルト・ドゥ・ヴェルサイユに新ホテルオープンを予定しています。

Mama Shelter Paris
109, rue de Bagnolet 75020 Paris

Mama Shelter Marseille
64, rue de la Loubière 13006 Marseille

Mama Shelter Bordeaux
19, rue Poquelin Molière 33000 Bordeaux

Mama Shelter Lyon
13, rue Domer 69007 Lyon

Paris 

他のアイデア
を見る 

関連
記事 

ゴルフ

5分で分かるフランスのゴルフ事情

サン・カンタン・アン・イヴリーヌにあるル・ゴルフ・ナショナル(国立ゴルフ場)にて、フランスで初めて、由緒ある「ライダーカップ」が開催されるま...

後代に受け継がれるべき料理

ジョエル・ロブションが遺した、代表的な5つのレシピ

ほっぺたも落ちてしまいそうなピュレの生みの親、フランスの料理界に革命を起こしたジョエル・ロブション。「国家最優秀職人賞」「シェフ・オブ・ザ・イヤー」「世紀の料理人」など数々のタイトルを受賞した彼は、並外れた料理のノウハウを後世に遺していきました。料理界の巨星への賞賛の念を込めて、彼の代表作品を5つご紹介しましょう。

美術館・博物館

ルーヴル美術館の見学を成功させる7つのコツ

世界最大規模の美術館であり、世界一来場者の多い美術館であるルーヴル美術館。シンボルであるガラスのピラミッドなど、パリを旅する際には必ずや訪れたい名所です。でもどのように準備しておけば良いでしょうか?これほど有名でスケールの大きい美術館で、どの作品を逃さずに見て、記憶に留めてくれば良いでしょうか。見学前に知っておくと、鑑賞を更に楽しめるコツを全てご紹介します。

パリの秘密

パリ・ノートルダム大聖堂の6つの秘密

パリの中心で高くそびえるこの大聖堂は、850年以上にわたってシテ島を見守ってきました。ゴシック建築の至宝であり、フランス史の真の証人として、暗黒の時代を生きながらえたのです。中世から20世紀まで、パリ・ノートルダム大聖堂にまつわる6つの知られざる秘密が、ここに紐解かれます。

料理

インスピレーションあふれるパティシエ、ピエール・エルメ

記念すべきサロン・ドゥ・ラ・パティスリー第1回が2018年6月15日から17日にかけてパリで開催されました。今回、名誉総裁を務めるパティシエのピエール・エルメ氏が、取材に応じてくれました。自身のインスピレーション、最近の傾向、思い出のお菓子、出身地アルザスの名物ほか、おいしいインタビューをどうぞ。

スポーツ

サッカーの魔力:見たことのないフランス

サッカーのフランス代表は時に、お祝いムードに包まれた予想外のサプライズをしてくれることがあります。それはW杯優勝という快挙だけが国民にもたらす比べ様のない喜びです。フランス代表のファンだけではなく、全ての人に楽しんで頂けるビックリするような、または笑ってしまうイメージ10選をお送りします!

関連
記事 

ゴルフ

5分で分かるフランスのゴルフ事情

サン・カンタン・アン・イヴリーヌにあるル・ゴルフ・ナショナル(国立ゴルフ場)にて、フランスで初めて、由緒ある「ライダーカップ」が開催されるま...

後代に受け継がれるべき料理

ジョエル・ロブションが遺した、代表的な5つのレシピ

ほっぺたも落ちてしまいそうなピュレの生みの親、フランスの料理界に革命を起こしたジョエル・ロブション。「国家最優秀職人賞」「シェフ・オブ・ザ・イヤー」「世紀の料理人」など数々のタイトルを受賞した彼は、並外れた料理のノウハウを後世に遺していきました。料理界の巨星への賞賛の念を込めて、彼の代表作品を5つご紹介しましょう。

美術館・博物館

ルーヴル美術館の見学を成功させる7つのコツ

世界最大規模の美術館であり、世界一来場者の多い美術館であるルーヴル美術館。シンボルであるガラスのピラミッドなど、パリを旅する際には必ずや訪れたい名所です。でもどのように準備しておけば良いでしょうか?これほど有名でスケールの大きい美術館で、どの作品を逃さずに見て、記憶に留めてくれば良いでしょうか。見学前に知っておくと、鑑賞を更に楽しめるコツを全てご紹介します。

パリの秘密

パリ・ノートルダム大聖堂の6つの秘密

パリの中心で高くそびえるこの大聖堂は、850年以上にわたってシテ島を見守ってきました。ゴシック建築の至宝であり、フランス史の真の証人として、暗黒の時代を生きながらえたのです。中世から20世紀まで、パリ・ノートルダム大聖堂にまつわる6つの知られざる秘密が、ここに紐解かれます。

料理

インスピレーションあふれるパティシエ、ピエール・エルメ

記念すべきサロン・ドゥ・ラ・パティスリー第1回が2018年6月15日から17日にかけてパリで開催されました。今回、名誉総裁を務めるパティシエのピエール・エルメ氏が、取材に応じてくれました。自身のインスピレーション、最近の傾向、思い出のお菓子、出身地アルザスの名物ほか、おいしいインタビューをどうぞ。

スポーツ

サッカーの魔力:見たことのないフランス

サッカーのフランス代表は時に、お祝いムードに包まれた予想外のサプライズをしてくれることがあります。それはW杯優勝という快挙だけが国民にもたらす比べ様のない喜びです。フランス代表のファンだけではなく、全ての人に楽しんで頂けるビックリするような、または笑ってしまうイメージ10選をお送りします!