今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

フォンテーヌブロー城 - 国立美術館

「何世紀にも渡る王の家」とはナポレオン1世がフォンテーヌブロー城を指して言った言葉。その言葉通り、12世紀から19世紀まで800年に渡って王の居城でした。

ユネスコ世界遺産

フォンテーヌブロー宮殿とその森は、1981年にユネスコ世界遺産に登録されています。

フォンテーヌブローの地を好んだフランソワ1世は、1528年、かねてより存在していた中世の要塞を増築して、国内最大のルネッサンス様式の宮殿にしました。その後、宮殿には数世紀にわたって歴代の国王が居住し、それぞれが自分の好みに応じて改築を続けました。そのため、様々な建築が混合する今日の形となったのです。

フランソワ1世の時代には、南門ポルト・ドレ(黄金の門)、舞踏の間、白馬の庭がフランソワ1世の回廊で繋がれましたが、これらは当時、イタリアから呼ばれた2人の芸術家プリマティッチョとロッソが才能を競い合って装飾したものです。羽目板にフレスコ画やスタッコの彫刻、木彫細工を施すという装飾パターンを取り入れた彼らは「第一フォンテーヌブロー派」と呼ばれました。

息子アンリ2世の時代になると、建築家フェリベール・ド・ロルムによって宮殿の大拡張が行われ、雄鹿の回廊、ディアヌの回廊とドーフィヌ門が繋がれました。第2段階目の拡張工事はフランス、フランドルの装飾画家にも注目され、城の装飾を申し出た彼らにより、王の私室やディアヌの回廊、三位一体礼拝堂のヴォールト天井の装飾がされました。この時代に活躍した芸術家は「第二フォンテーヌブロー派」と呼ばれます。

その後ルイ16世の時代に至るまで城の増築と改修は続きましが、フランス革命の勃発によって、城の調度品はすべて売り払われます。革命後、ナポレオン1世がフォンテーヌブロー宮殿を訪れた時には、城館は全く空の状態になっていました。ナポレオンは家具調度品を新調し、自分の好みの居城にするため宮殿内を改装し、小住居棟Petits Appartementsを整備しました。ルイ・フィリップの時代、宮殿は全面的な修復工事が行われ、第二帝政時代にフォンテーヌブローは再び活気を取り戻しました。

アクセス:フォンテーヌブロー・アヴォン駅Fontainebleau-AvonからバスA線(La Fourche Warnery方面)に乗り、停留所「エグリーズ・サン・ルイEglise St-Louis」で下車

Château de Fontainebleau
77300 Fontainebleau

Fontainebleau 

Château de Fontainebleau, 77300 Fontainebleau

他のアイデア
を見る 

関連
記事 

舞台裏に潜入#4

ヴァンドーム広場にある老舗宝飾店の舞台裏

パリ中心部にあるヴァンドーム広場は、世界屈指の老舗宝飾店が軒を連ねることで知られます。美しい建築が並ぶ四角形の広場に、国際的に名を知られたジュエリーや時計の高級ブランドが並んでいます。その中のひとつヴァンクリーフ&アーペル社は、伝説的な創作ジュエリーを通じてフランスならではの卓越した技術を体現しています。

舞台裏に潜入#3

流行のパン屋さんユートピの舞台裏‐絶品のパンができるまで‐

パリで最もロマンチックな愛の物語がパンだとしたら・・。パリでは街のあちらこちらにパン屋さんがありますが、これらが無いパリはどんなに寂しい街になってしまうことでしょう。店内から焼きたてパンの香ばしい匂いが漂い、店の前を行き交うパリジャン達を惹き付けて止まないパリ11区のパン屋さんユートピの舞台裏に潜入しました。

建築

リニューアルオープンする高級ホテル「ル・ルテシア」、改装プロジェクトを担当した建築家ウィルモット氏が語る舞台裏

パリ左岸の高級ホテル「ル・ルテシア」は4年に渡る大々的な改装工事を終え、7月12日に待望のリニューアルオープンをします。「歴史の無いものは全て撤去し、逆に、歴史の刻まれたもの全てに価値を見出した」。オープンを目前に控え、プロジェクトの指揮を執った建築家ジャン=ミシェル・ウィルモット氏が語る改修工事の舞台裏をインタビュー抜粋の形で紹介します。

美術館・博物館

ビヨンセ、ジェイ・Zが見たルーブル美術館

今年5月、ルーブル美術館は、特別な来客を招いていました。歌手のビヨンセと夫でラッパーのジェイ・Z。彼らのルーヴル散策は、モナ・リザやミロのヴィーナス、そしてナポレオンがエキストラとして登場するビデオクリップとなり、ルーヴル美術館を新たな光で照らしだしました。

カルチャー

芥川賞作家、平野啓一郎さんのフランス案内

都市

日本人建築家、坂茂氏が手がける「ラ・セーヌ・ミュージカル」

関連
記事 

舞台裏に潜入#4

ヴァンドーム広場にある老舗宝飾店の舞台裏

パリ中心部にあるヴァンドーム広場は、世界屈指の老舗宝飾店が軒を連ねることで知られます。美しい建築が並ぶ四角形の広場に、国際的に名を知られたジュエリーや時計の高級ブランドが並んでいます。その中のひとつヴァンクリーフ&アーペル社は、伝説的な創作ジュエリーを通じてフランスならではの卓越した技術を体現しています。

舞台裏に潜入#3

流行のパン屋さんユートピの舞台裏‐絶品のパンができるまで‐

パリで最もロマンチックな愛の物語がパンだとしたら・・。パリでは街のあちらこちらにパン屋さんがありますが、これらが無いパリはどんなに寂しい街になってしまうことでしょう。店内から焼きたてパンの香ばしい匂いが漂い、店の前を行き交うパリジャン達を惹き付けて止まないパリ11区のパン屋さんユートピの舞台裏に潜入しました。

建築

リニューアルオープンする高級ホテル「ル・ルテシア」、改装プロジェクトを担当した建築家ウィルモット氏が語る舞台裏

パリ左岸の高級ホテル「ル・ルテシア」は4年に渡る大々的な改装工事を終え、7月12日に待望のリニューアルオープンをします。「歴史の無いものは全て撤去し、逆に、歴史の刻まれたもの全てに価値を見出した」。オープンを目前に控え、プロジェクトの指揮を執った建築家ジャン=ミシェル・ウィルモット氏が語る改修工事の舞台裏をインタビュー抜粋の形で紹介します。

美術館・博物館

ビヨンセ、ジェイ・Zが見たルーブル美術館

今年5月、ルーブル美術館は、特別な来客を招いていました。歌手のビヨンセと夫でラッパーのジェイ・Z。彼らのルーヴル散策は、モナ・リザやミロのヴィーナス、そしてナポレオンがエキストラとして登場するビデオクリップとなり、ルーヴル美術館を新たな光で照らしだしました。

カルチャー

芥川賞作家、平野啓一郎さんのフランス案内

都市

日本人建築家、坂茂氏が手がける「ラ・セーヌ・ミュージカル」