今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

フォンダシオン ルイ・ヴィトン

パリ南西部のブローニュの森に出現した奇想天外なフォルムの建築は、フランク・ゲーリー設計によるルイ・ヴィトン財団美術館。パリの新しい美術の殿堂です。動きと透明感のあるガラス屋根は、19世紀にパリ市内の庭園に造られた温室建築にインスピレーションを得て作られました。

風をはらんだ帆のような、あるいは空に浮かぶ雲か、はたまた躍動する魚か。一目でそれとわかるゲーリーの作品は、ビルバオ・グッゲンハイム美術館を始め既に世界中に意欲作があふれている感もありますが、最新作もまた魅力に満ちています。ガラスと鋼鉄でできた流れるような外観は見る者の心をとらえて離しません。

3,800枚のシルクスクリーンで装飾された11のギャラリーと3つのテラスでは、コンテンポラリーアートの常設展示のほかに年に2回の特別展を実施します。

フォンダシオン ルイ・ヴィトン
Fondation Louis Vuitton - 8 avenue du Mahatma Gandhi - Bois de Boulogne - 75116 Paris.

アクセス:
メトロ1号線のLes Sablonsレ・サブロン駅から徒歩10‐15分。
凱旋門のあるシャルル・ド・ゴール・エトワール広場から電動シャトルバスも出ています。料金1ユーロ。乗り場はメトロ入口そばのフリードラント通りAvenue de Friedlandです。15分間隔で運行。

Paris 

8 avenue du Mahatma Gandhi, 75116 Paris

関連
記事 

舞台裏に潜入#4

ヴァンドーム広場にある老舗宝飾店の舞台裏

パリ中心部にあるヴァンドーム広場は、世界屈指の老舗宝飾店が軒を連ねることで知られます。美しい建築が並ぶ四角形の広場に、国際的に名を知られたジュエリーや時計の高級ブランドが並んでいます。その中のひとつヴァンクリーフ&アーペル社は、伝説的な創作ジュエリーを通じてフランスならではの卓越した技術を体現しています。

舞台裏に潜入#3

流行のパン屋さんユートピの舞台裏‐絶品のパンができるまで‐

パリで最もロマンチックな愛の物語がパンだとしたら・・。パリでは街のあちらこちらにパン屋さんがありますが、これらが無いパリはどんなに寂しい街になってしまうことでしょう。店内から焼きたてパンの香ばしい匂いが漂い、店の前を行き交うパリジャン達を惹き付けて止まないパリ11区のパン屋さんユートピの舞台裏に潜入しました。

美術館・博物館

ビヨンセ、ジェイ・Zが見たルーブル美術館

今年5月、ルーブル美術館は、特別な来客を招いていました。歌手のビヨンセと夫でラッパーのジェイ・Z。彼らのルーヴル散策は、モナ・リザやミロのヴィーナス、そしてナポレオンがエキストラとして登場するビデオクリップとなり、ルーヴル美術館を新たな光で照らしだしました。

カルチャー

芥川賞作家、平野啓一郎さんのフランス案内

都市

日本人建築家、坂茂氏が手がける「ラ・セーヌ・ミュージカル」

都市

假屋崎省吾さん、パリでの理想的な過ごし方

関連
記事 

舞台裏に潜入#4

ヴァンドーム広場にある老舗宝飾店の舞台裏

パリ中心部にあるヴァンドーム広場は、世界屈指の老舗宝飾店が軒を連ねることで知られます。美しい建築が並ぶ四角形の広場に、国際的に名を知られたジュエリーや時計の高級ブランドが並んでいます。その中のひとつヴァンクリーフ&アーペル社は、伝説的な創作ジュエリーを通じてフランスならではの卓越した技術を体現しています。

舞台裏に潜入#3

流行のパン屋さんユートピの舞台裏‐絶品のパンができるまで‐

パリで最もロマンチックな愛の物語がパンだとしたら・・。パリでは街のあちらこちらにパン屋さんがありますが、これらが無いパリはどんなに寂しい街になってしまうことでしょう。店内から焼きたてパンの香ばしい匂いが漂い、店の前を行き交うパリジャン達を惹き付けて止まないパリ11区のパン屋さんユートピの舞台裏に潜入しました。

美術館・博物館

ビヨンセ、ジェイ・Zが見たルーブル美術館

今年5月、ルーブル美術館は、特別な来客を招いていました。歌手のビヨンセと夫でラッパーのジェイ・Z。彼らのルーヴル散策は、モナ・リザやミロのヴィーナス、そしてナポレオンがエキストラとして登場するビデオクリップとなり、ルーヴル美術館を新たな光で照らしだしました。

カルチャー

芥川賞作家、平野啓一郎さんのフランス案内

都市

日本人建築家、坂茂氏が手がける「ラ・セーヌ・ミュージカル」

都市

假屋崎省吾さん、パリでの理想的な過ごし方