エッフェル塔

鉄の貴婦人

最も有名なパリのシンボルであるエッフェル塔は、1889年にパリ万国博覧会のためギュスターヴ・エッフェルによって設計されました。

当初、その建築は激しい議論を呼びましたが、現代のパリの風景からは切っても切れない存在となりました。

高さ324m、18038個の金属パーツと250万の鋲でできたエッフェル塔は「鉄の貴婦人」と呼ばれ、3階からの眺めは感動的です。シャンゼリセ、凱旋門、バスティーユ、サクレクール寺院までを一望することができます。

夜にはライトアップされ、またイベントや記念日には特別のライティングでパリの街を華やかに演出します。特に無数の光がきらめくシャンパン・フラッシュは一見の価値あり。

各階ごとにエレベーターを乗り継ぎますが、健脚に自信があれば、1665段ある階段を登り、2階からの眺めを楽しむことができます。


各種情報は公式サイトで確認:http://www.toureiffel.paris/jp (外部リンク)

PARIS