今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

ローヌ流域のワイン産地

ローヌ流域で感じる四季

リヨン南の古都ヴィエンヌからアヴィニョンまで、ポン・デュ・ガールからリュベロンまで、ローヌ川流域には13のワイン街道が整備されています。ローヌ川に沿って、コート・ロティ(Côte-Rôtie)、タヴェル(Tavel)、ボーム・ド・ヴニーズ(Beaumes-de-Venise) などローヌの有名なAOCワイン発見の旅に出かけましょう。ローヌ地方は一年中、好天に恵まれ、どの季節に訪れても快適な旅を楽しんで頂けます。

  • はブドウを収穫し、セラーでの圧搾を開始する時期。ブドウ畑の散策を最も楽しめる時期でもあります。タン(Tain)にあるセラーから出発するブドウ畑見学ツアー「ガンベールの足跡を辿って(Sur les pas de Gambert)」に参加すれば、レルミタージュのブドウ畑の壮観な景色を見ることができます。所要時間1時間45分。
  • の間もブドウ畑での仕事は続きます。 この時期はまた、ローヌ地方のもう一人のスター、トリュフの収穫期でもあります。プロヴァンス地方でもトリュフの主要産地として知られるリシュランシュ (Richerenches)では、毎年11月中旬からシーズンが終わる3月末まで、有名なトリュフ市が開催されます。生産農家をはじめ、仲買人、バイヤー、一般の見物客が集まって賑やかな雰囲気が広がっています。
  • がやってくると、いよいよワインのボトル詰めが始まります。白衣、試験管、試飲グラスを手に、あなたもワインのブレンド作業を体験してみましょう。オランジュ近郊ヴィオレス(Violès)村にあるワインセラー、ラヴォー会館(Maison Lavau)では、世界にたったひとつの、あなただけのオリジナルワインを造ることができます。
  • はブドウ畑を耕したり、雑草を除いたり、ブドウ枝の支柱への固定など、ブドウ栽培農家にとって大事な時期です。この時期はブドウ畑の観光ツアーやお祭りも沢山実施されます。メネルブ(Ménerbes)にある栓抜き博物館の見学や、ヴィザン(Visan)のワインセラーでの試飲、カリアンヌ(Cairanne)のワインセラーでは嗅覚によるワインのテイスティングをお楽しみください。

是非訪れたい場所

  • アヴィニョン:歴史地区と法王庁宮殿
  • リュベロン地方の丘にある数々の美しい村
  • ヴァントゥー山とモンミライユ山脈(ダンテル・ド・モンミライユ)
  • ブール・サン・タンデオル(Bourg Saint Andéol )村のワイン街道
  • コマ(Comas)のワイン市場
  • シュスクラン(Chusclan)のブドウ収穫祭
  • AOCワイン産地コスティエール・ド・ニーム(Costières de Nîmes) で開催されるワイン祭「狂ったブドウVignes Toquées」
  • グリニャン城(Grignan)
  • スューズ・ラ・ルース城に設けられたワイン大学

他ではできないオリジナル観光

アフター・ワークのワイン講座

アヴィニョンのワイン会館では、月に1度、火曜日の夕方に、夕べのワイン講座を開催しています。様々なローヌワインをテーマ別にティスティングし、異なるワインの微妙なニュアンスの違いについて学べる良い機会となっています。

「ワイン産地と発見」の認定を受けた観光デスティネーション

「ワイン産地と発見」に認定されたワイン生産地区は、さまざまなサービスが保証され、受け入れ施設が整備されて、観光がしやすくなっており、週末旅行や短期滞在をよりスムーズに進めることができます。ローヌ流域では以下の2つのアイティナリーが「ワイン産地と発見」の認定を受けています。:

  • エルミタージュからサン・ジョゼフの地域(D'Hermitage en Saint Joseph)

  • ローヌのクリュッソル地域RhôneCrussol

Avignon 

他のアイデア
を見る 

関連
記事 

料理

5色に染まるブルゴーニュの秋

地元の人々にいわせれば、「ブルゴーニュの最も美しい季節は秋」なのだとか。赤く燃えるようなブドウ畑の中をさまよい、最上のワインに合わせた美食を味わい、湖や河川に浮かんで瞑想にふけるのに、これ以上ふさわしい季節はないでしょう。インスタグラムから厳選した、甘くもあり刺激的でもある、秋の5色を訪ねます。

ワイン

ヴーヴ・クリコの畑でぶどう摘み体験

夏の終わりはシャンパーニュ畑で葡萄摘みが始まる合図。それは、シャンパーニュ地方が誇る唯一無二の飲み物を製造するためのファーストステップである。メゾン・ヴーヴ・クリコの葡萄摘みは、テクニック、ノウハウ、みんなの力をかけ合わせる格別なひと時だ。

ワイン

ボルドーのブドウ畑を散策

ワインは単なる飲み物というだけに留まらず、それ以上の存在感を放ちます。ボルドーでブドウ栽培やワイン醸造の世界を違った角度から紹介し、土壌を尊び、遺産の再発見の機会を提案するワイン生産家たちを以下に紹介します。

ワイン

注目すべき才能:有機ぶどう栽培者、ジェローム・ブルトドー

ロワール渓谷では、さまざまな世代のぶどう栽培者たちが、高い志をもって、大胆な方法で有機農業に取り組んでいます。ジェローム・ブルトドーもその一人。ジェローム・ブルトドーは好奇心が強く、アイデア豊富。それぞれのビンテージで自らを表現する。そんな彼が自分の土地を案内してくれました。

新しい発見

見たことのないシャンパーニュのブドウ畑

シャンパーニュ地方にある老舗メゾン ルイ・ロデレール社は、これまで数々の斬新な試みに挑み、他社とは違った印象を人々に与えてきたシャンパンメーカーです。創立241年を経た今日もその慣習に反することなく、新たなメセナ事業として、フランスの写真賞ラ・ブルス・デュ・タロン(La Bourse du Talent)と提携した写真展示の場を設けています。これは新進気鋭の写真家達に自社ブドウ畑の輝きやシャンパンボトルの煌めきを撮る機会を提供したもので、ひらめきや霊感に富んだ詩的な作品が揃っています。

ワイン

ボルドー:ワインと生きるよろこび

ボルドーワインの産地として世界的に有名なフランス南西部の中心都市ボルドー。巨大なガロンヌ川に特色づけられ、「月の港」として世界遺産に指定され...

関連
記事 

料理

5色に染まるブルゴーニュの秋

地元の人々にいわせれば、「ブルゴーニュの最も美しい季節は秋」なのだとか。赤く燃えるようなブドウ畑の中をさまよい、最上のワインに合わせた美食を味わい、湖や河川に浮かんで瞑想にふけるのに、これ以上ふさわしい季節はないでしょう。インスタグラムから厳選した、甘くもあり刺激的でもある、秋の5色を訪ねます。

ワイン

ヴーヴ・クリコの畑でぶどう摘み体験

夏の終わりはシャンパーニュ畑で葡萄摘みが始まる合図。それは、シャンパーニュ地方が誇る唯一無二の飲み物を製造するためのファーストステップである。メゾン・ヴーヴ・クリコの葡萄摘みは、テクニック、ノウハウ、みんなの力をかけ合わせる格別なひと時だ。

ワイン

ボルドーのブドウ畑を散策

ワインは単なる飲み物というだけに留まらず、それ以上の存在感を放ちます。ボルドーでブドウ栽培やワイン醸造の世界を違った角度から紹介し、土壌を尊び、遺産の再発見の機会を提案するワイン生産家たちを以下に紹介します。

ワイン

注目すべき才能:有機ぶどう栽培者、ジェローム・ブルトドー

ロワール渓谷では、さまざまな世代のぶどう栽培者たちが、高い志をもって、大胆な方法で有機農業に取り組んでいます。ジェローム・ブルトドーもその一人。ジェローム・ブルトドーは好奇心が強く、アイデア豊富。それぞれのビンテージで自らを表現する。そんな彼が自分の土地を案内してくれました。

新しい発見

見たことのないシャンパーニュのブドウ畑

シャンパーニュ地方にある老舗メゾン ルイ・ロデレール社は、これまで数々の斬新な試みに挑み、他社とは違った印象を人々に与えてきたシャンパンメーカーです。創立241年を経た今日もその慣習に反することなく、新たなメセナ事業として、フランスの写真賞ラ・ブルス・デュ・タロン(La Bourse du Talent)と提携した写真展示の場を設けています。これは新進気鋭の写真家達に自社ブドウ畑の輝きやシャンパンボトルの煌めきを撮る機会を提供したもので、ひらめきや霊感に富んだ詩的な作品が揃っています。

ワイン

ボルドー:ワインと生きるよろこび

ボルドーワインの産地として世界的に有名なフランス南西部の中心都市ボルドー。巨大なガロンヌ川に特色づけられ、「月の港」として世界遺産に指定され...