今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

南西部の名物料理

南西部、郷土料理

南西部の料理は特に有名です。フォワグラ、カスーレ、雌鶏のポトフ、コンフィ…味と質、真実を結集したレシピの数々です。

田舎風の料理

ペリゴールからジェールヘ、ランドからタルンへ、南西部の料理は詰め物料理、瓶詰料理、コンフィから成っています。

白インゲンとガチョウのコンフィ、トゥールーズのソーセージ、豚の脛肉を組み合わせ、長時間煮込んだカスーレです。トゥールーズのキャピトル広場に近いレストラン、コロンビエ(Colombier)でそれを味わうことができます。

ベアルヌのポーで、この地方でできたアンリ4世のお気に入り料理であった雌鶏のポトフをどうぞ。

家禽の王国

フライパン1枚分のフォアグラ、鴨のささみ、ガチョウのリエットは、レストランのメニューで無視できない存在です。毎冬に開催される、趣のあるマルシェ・オ・グラを訪れてみてください。シャポン(去勢鶏)や鴨、ガチョウ、話題になっている南西部の鴨のフォアグラ、フランスグルメの至宝があります。ボルドーのケ・デ・サヴール(Quai des Saveur)sのシェフたちから、料理を習いましょう。

黒トリュフとキャビア

ペリゴールのサルラから、ケルシーのラルバンクまで、黒トリュフは女王とされています。犬か豚を連れた、トリュフ探しの実演を見学しましょう、そしてソルジュにあるオベルジュ・ドゥ・ラ・トリュフ(l’Auberge de la Truffe)のシェフであるピエール・コーと伝統的なトリュフ入りオムレツの作り方を学びましょう。

更に、養殖チョウザメから採れるアキテーヌのキャビアも、現在南西部のレストランのメニューにあります。

南西部の甘いデザート

南西部で必ず食べたい甘いものといえば、ラム酒とバニラ、バーボンの香りがし、名前の由来となった溝のある鋳型で焼かれたボルドーのカヌレです。フルーツでいえば、アジャンのプラム、栽培されたドライプラム、西洋スモモが有名です。

Aquitaine 

他のアイデア
を見る