今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

偉大な創立者たち

フランス美食の創立者たち

パティシエ、仕出し業者、そして上質な食料品店といったフランス美食の指導者たちは、その傑出した製品で食通を惹きつけています。

ラデュレ、スウィーツの製造者

ルイ=エルネスト・ラデュレがパリにブーランジェリーを開業したのは1862年のことでした。何年か経ち、彼の妻がパリのカフェとパティスリーの中間になる場所を想いつき、パリで最初のサロン・ド・テを開きました。

ラ・メゾン・ダロワイヨ、王宮美食の遺産

300年以上にも及ぶ、菓子やチョコ作り、料理の経験と共に、ダロワイヨは一族の歴史を繋いできました。2007年、その類稀な腕前と名声により、「無形文化財企業」(Entreprise du Patrimoine Vivant)に認定されました。

マリアージュ・フレール、紅茶におけるフランス芸術

貿易商の一族の跡取りであったエドワールとアンリのマリア―ジュ兄弟が、1854年に自分たちの名前をつけた、フランス式紅茶の店舗を構えました。最初のサロン・ド・テが開かれたのは1986年のことです。

フォション、フランスにおいて豪華でモダンで独創的

1886年、オーギュスト・フォションは最初の食料品店を始めました。マドレーヌ広場周辺に、パティスリーやブーランジェリー、そしてサロン・ド・テを開いていきました。「メイドインF、フォションとフランス」(Made in F, Made in Fauchon)を信条としています。

ルノートル、味の技術と文化

1957年に設立されたルノートルは、当時は洗練されたケーキ類や料理でした。その後、徐々にチョコレートや砂糖菓子を製造販売、パーティーの主催やケータリング業などに事業を発展させていきました。製菓、料理教室にはプロアマ問わず、世界中から受講者が集まります。

エディアール、味の探究者

1848年、フェルディナンド・エディアールはル・アーヴルの港で外国産のフルーツに注目しました。 1870年以降、エディアールはマドレーヌ広場に店を構えています。2007年に、国宝企業の認定を受けました。

ラ・グランド・エピスリー・ド・パリ、リヴ・ゴーシュの精神

デパート、ル・ボン・マルシェは1923年に「食品売り場」を開設、最高級の紅茶や高級缶詰を販売しました。現在30000種類の商品が売られています。

バイヤルドラン、ボルドーカヌレのスペシャリスト

18世紀、アノンシアード修道院の修道女が、ボルドーの港で船から小麦粉を下し、恵まれない人たちのために小さなお菓子を作っていました。1987年、フィリップ・バイヤルドランが、その溝付きの鋳型で焼かれた小さなお菓子を甦らせたのです。

他のアイデア
を見る 

関連
記事 

料理

5色に染まるブルゴーニュの秋

地元の人々にいわせれば、「ブルゴーニュの最も美しい季節は秋」なのだとか。赤く燃えるようなブドウ畑の中をさまよい、最上のワインに合わせた美食を味わい、湖や河川に浮かんで瞑想にふけるのに、これ以上ふさわしい季節はないでしょう。インスタグラムから厳選した、甘くもあり刺激的でもある、秋の5色を訪ねます。

料理

プロヴァンスの秋の味覚を料理できる6アドレス

9月に入ると、プロヴァンスはより身近になります。料理を学びつつ地元の食材を味わうのには理想的な時期です。キノコ、イチジク、栗、それから11月に早くも顔を出し始めるトリュフはもちろんのこと、ここでは秋を最大限に味わうための6つのアドレスをご紹介します!

料理

リヨン国際美食館:レジス・マルコンの創る世界

リヨンから車で1時間半ほどの山間部サン・ボネ・ル・フロワにあるレストラン「レジス&ジャック・マルコン」の3つ星シェフ、レジス・マルコンは2019年に開館を待たれているリヨン国際美食館の完成に向けて入念な計画を練るメンバーの1人です。今からオープンが待ち遠しい国際美食館。その‛原材料‘と‘レシピ’‘メニュー’をプロの料理人らしく私たちに教えてくれます。

クルージング

セーヌ川クルーズに新たな価値を与えたアラン・デュカス

ノートルダム大聖堂、歴史ある橋、たくさんの遊覧船、いつも変わらぬ佇まいのそれらがセーヌ川のすべてだと思ったらそれは大間違いである。セーヌの魅力はとどまるところを知らない。フランス料理界の巨匠アラン・デュカスの厨房が水上クルーズしているなんて、それはもう驚くどころではないはずだろう。一体どういうことか、以下の1、2、3でお教えしよう。

ゴルフ

ライダーカップ2018に参加するゴルファー気分で ヴェルサイユを旅する

ヴェルサイユ宮殿から目と鼻の先で開催されるライダーカップ。この栄えある大会を味わうのに、世界屈指のゴルファーになる必要はありません。大会に参加するゴルファーたちと同じ経験ができる旅のアイディアをいくつか紹介しますので、ここヴェルサイユで、ゴルフとグルメの週末を楽しんでみませんか。

カルチャー

5分でわかるノルマンディーのチーズのすべて

繊細な香りのチーズはどんなふうに作られているのか知っていますか…?カマンベール発祥の地、ノルマンディー地方のチーズの全てをお伝えします。

関連
記事 

料理

5色に染まるブルゴーニュの秋

地元の人々にいわせれば、「ブルゴーニュの最も美しい季節は秋」なのだとか。赤く燃えるようなブドウ畑の中をさまよい、最上のワインに合わせた美食を味わい、湖や河川に浮かんで瞑想にふけるのに、これ以上ふさわしい季節はないでしょう。インスタグラムから厳選した、甘くもあり刺激的でもある、秋の5色を訪ねます。

料理

プロヴァンスの秋の味覚を料理できる6アドレス

9月に入ると、プロヴァンスはより身近になります。料理を学びつつ地元の食材を味わうのには理想的な時期です。キノコ、イチジク、栗、それから11月に早くも顔を出し始めるトリュフはもちろんのこと、ここでは秋を最大限に味わうための6つのアドレスをご紹介します!

料理

リヨン国際美食館:レジス・マルコンの創る世界

リヨンから車で1時間半ほどの山間部サン・ボネ・ル・フロワにあるレストラン「レジス&ジャック・マルコン」の3つ星シェフ、レジス・マルコンは2019年に開館を待たれているリヨン国際美食館の完成に向けて入念な計画を練るメンバーの1人です。今からオープンが待ち遠しい国際美食館。その‛原材料‘と‘レシピ’‘メニュー’をプロの料理人らしく私たちに教えてくれます。

クルージング

セーヌ川クルーズに新たな価値を与えたアラン・デュカス

ノートルダム大聖堂、歴史ある橋、たくさんの遊覧船、いつも変わらぬ佇まいのそれらがセーヌ川のすべてだと思ったらそれは大間違いである。セーヌの魅力はとどまるところを知らない。フランス料理界の巨匠アラン・デュカスの厨房が水上クルーズしているなんて、それはもう驚くどころではないはずだろう。一体どういうことか、以下の1、2、3でお教えしよう。

ゴルフ

ライダーカップ2018に参加するゴルファー気分で ヴェルサイユを旅する

ヴェルサイユ宮殿から目と鼻の先で開催されるライダーカップ。この栄えある大会を味わうのに、世界屈指のゴルファーになる必要はありません。大会に参加するゴルファーたちと同じ経験ができる旅のアイディアをいくつか紹介しますので、ここヴェルサイユで、ゴルフとグルメの週末を楽しんでみませんか。

カルチャー

5分でわかるノルマンディーのチーズのすべて

繊細な香りのチーズはどんなふうに作られているのか知っていますか…?カマンベール発祥の地、ノルマンディー地方のチーズの全てをお伝えします。