今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

ル・トゥケ・パリ・プラージュへ行こう!

パ・ド・カレ県のオパール海岸に位置するル・トゥケ・パリ・プラージュは、パリやリールやロンドンから2時間の距離にあるリゾート地です。恵まれた環境とリゾート地にふさわしい優れた商業施設があることから、一年を通じて季節ごとににぎわっています。

ル・トゥケは、家族的な雰囲気でありながらも賑やかで、バラエティー豊かな生活スタイルが魅力の町です。

ガイドともに自転車に乗って建築物を見て回ったり、海岸を馬で遠乗りしたり、カンシュ湾自然公園をハイキングしたり、灯台に登って素晴らしい風景を眺めたり、恵まれた環境の中で海と森の両方を楽しみましょう。

≪スポーツ・パラダイス≫で思いっきり発散!

森と砂丘の中にゴルフ・コースが3つ、テニスコートは33面、完全リニューアルした乗馬センター、広大な砂浜でのランドセーリングなど、ル・トゥケ・パリ・プラージュでは、家族そろって一年中スポーツが楽しめます。

フランスの代表的なファミリー・リゾートであるル・トゥケ・パリ・プラージュでは、毎夏、子供向けのフェスティバルを開催し、子供たちの感性を目覚めさせるのに役立つ無料のスペクタクルや楽しい文化活動を行っています。夏の間、語り部や手品師や人形遣いや竹馬乗りや曲芸師のお手本に従ってみんなで参加できるイベントが開催されます。

Le Touquet Paris Plage 

他のアイデア
を見る 

関連
記事 

深海の不思議

新しいナウシカ(国立海洋センター)の舞台裏

オー・ド・フランス地方のブーローニュ・シュル・メールにある国立海洋センターは、訪れる人を、陸地から遠く離れた海の世界へ誘います。最近、ヨーロッパで最大規模の水槽をはじめとする新たな拡張工事が行われました。一般公開に先立って、内部の様子をご紹介します。

都市

プロモーションスタッフのオススメ観光地紹介 「ルーベの美術館、ラ・ピシーヌ」

こんにちは。プロモーションを担当している金田です。 この記事では私が今まで見てきたフランスの観光地の中で、個人的に皆さんにオススメしたいと思...

都市

ランスのルーヴル美術館別館

ルーブル美術館の別館が北フランスのランス(Lens)にあります。 設計は日本人による設計事務所SANAAとアメリカのイムレー・カルバートImrey-Culbert社...

カルチャー

アミアンのノートル・ダム大聖堂

アミアンが誇るゴシック様式の大聖堂 アミアンのノートル・ダム大聖堂は1220年から1288年という、中世の大聖堂としては著しく短期間で建設された建物...

美術館・博物館

クリスチャン・ラクロワがルーヴル美術館ランス別館で、カージャール朝芸術の演出を手がけます

2018年3月28日から7月22日まで、ルーヴル美術館ランス別館にて、1786年から1925年にかけて黄金時代を経験したイランの王朝カージャールの芸術をテーマにした初の回顧展『L'Empire des roses(バラの帝国)』が開催されます。西洋では正当に評価されていない、非常に独特の美的規範を持つこれらのペルシャの傑作は、長い間キッチュで悪趣味なものとみなされていました。この展覧会のコミッショナーを務めるグウェナエル・フェランジェのイニシアティブによって、ようやくこの過ちが償われたのです。この展覧会の演出を手がけたクリスチャン・ラクロワに、インタビューしました。

カルチャー

2018年にリールで体験したい8つの感興をそそる時間

「リール3000」。それは、展覧会、イベント、アトリエ、そしてストリートアートの散策…。絶えず文化運動が行われている都市リールへようこそ。

関連
記事 

深海の不思議

新しいナウシカ(国立海洋センター)の舞台裏

オー・ド・フランス地方のブーローニュ・シュル・メールにある国立海洋センターは、訪れる人を、陸地から遠く離れた海の世界へ誘います。最近、ヨーロッパで最大規模の水槽をはじめとする新たな拡張工事が行われました。一般公開に先立って、内部の様子をご紹介します。

都市

プロモーションスタッフのオススメ観光地紹介 「ルーベの美術館、ラ・ピシーヌ」

こんにちは。プロモーションを担当している金田です。 この記事では私が今まで見てきたフランスの観光地の中で、個人的に皆さんにオススメしたいと思...

都市

ランスのルーヴル美術館別館

ルーブル美術館の別館が北フランスのランス(Lens)にあります。 設計は日本人による設計事務所SANAAとアメリカのイムレー・カルバートImrey-Culbert社...

カルチャー

アミアンのノートル・ダム大聖堂

アミアンが誇るゴシック様式の大聖堂 アミアンのノートル・ダム大聖堂は1220年から1288年という、中世の大聖堂としては著しく短期間で建設された建物...

美術館・博物館

クリスチャン・ラクロワがルーヴル美術館ランス別館で、カージャール朝芸術の演出を手がけます

2018年3月28日から7月22日まで、ルーヴル美術館ランス別館にて、1786年から1925年にかけて黄金時代を経験したイランの王朝カージャールの芸術をテーマにした初の回顧展『L'Empire des roses(バラの帝国)』が開催されます。西洋では正当に評価されていない、非常に独特の美的規範を持つこれらのペルシャの傑作は、長い間キッチュで悪趣味なものとみなされていました。この展覧会のコミッショナーを務めるグウェナエル・フェランジェのイニシアティブによって、ようやくこの過ちが償われたのです。この展覧会の演出を手がけたクリスチャン・ラクロワに、インタビューしました。

カルチャー

2018年にリールで体験したい8つの感興をそそる時間

「リール3000」。それは、展覧会、イベント、アトリエ、そしてストリートアートの散策…。絶えず文化運動が行われている都市リールへようこそ。