今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

フランスのグルメ、郷土の食材

フランス各地方のグルメや名物の郷土食材を味わいに出かけてみませんか。多くの生産者がそれぞれ個性的な見学方法で製品を紹介しています。

チーズ製造業者や熟成工房ではしばしば試食付きの見学を提案しています。味見して気に入ったチーズはその場で購入することも可能です。

「ビエンヴニュ・ア・ラ・フェルム(Bienvenue à la ferme)」ネットワークに参加している農家は、農場をツーリストに開放しており、一般の人でも見学できるようになっています。こういった農家では別棟をペンションとしている所も多く、採れたての食材や生産者から直接買い付けた新鮮な食品をふんだんに取り入れた郷土料理の夕食付滞在を提案しています。宿泊する時間はなくても、農場でお茶休憩を取ったり、生産者による直売の場を体験することができます。
*グリーン・ツーリズムを目的に、ファームステイや視察を斡旋している団体

国内の有名な‘味の都’ :
有名な食品を産出する地域では、産地の名声と伝統継承を目的に、100以上の生産団体をまとめて広く食品を紹介している場所があります。
例) ゲランド(Guérande)の塩田、マレンヌ(Marennes)の牡蠣生産地区、アルザスワイン街道、サン・テミリオンのワイン生産地区、サレール(Salers)牛飼育地区、ニヨン(Nyons)のオリーヴ

また、近年、非常に人気があるのが料理教室です。多くのシェフが自分のレストランを開放して料理講座を開催しています。中には、料理界で非常に知られた星付シェフもおり、豪華なレストランの厨房で料理教室を体験できるものもあります。経験ある料理のプロだけでなく、料理は初めてという初心者にも門戸が開放されており、各々が自分のレベルに合ったコースを選んで参加できます。

フランスは年月をかけて、並々ならぬ料理文化を築きました。

フランスの大地は、まさに様々なご馳走が並んだテーブルのようです。地方レベル、地区レベルで、生産者がそれぞれ誇りを持って食材を生産し、伝統と文化の継承に努めています。こういった伝統的な食材は上質であるだけに、余計なものを一切取りはらった簡単な料理法で、季節感と食材そのものの香りを生かした美味しいメニューとして提供されます。本物の食材だからこそ、その特性を生かした正真正銘の味を愉しむ料理が出来上がっているのです。

他のアイデア
を見る 

関連
記事 

ゴルフ

ライダーカップ2018に参加するゴルファー気分で ヴェルサイユを旅する

ヴェルサイユ宮殿から目と鼻の先で開催されるライダーカップ。この栄えある大会を味わうのに、世界屈指のゴルファーになる必要はありません。大会に参加するゴルファーたちと同じ経験ができる旅のアイディアをいくつか紹介しますので、ここヴェルサイユで、ゴルフとグルメの週末を楽しんでみませんか。

後代に受け継がれるべき料理

ジョエル・ロブションが遺した、代表的な5つのレシピ

ほっぺたも落ちてしまいそうなピュレの生みの親、フランスの料理界に革命を起こしたジョエル・ロブション。「国家最優秀職人賞」「シェフ・オブ・ザ・イヤー」「世紀の料理人」など数々のタイトルを受賞した彼は、並外れた料理のノウハウを後世に遺していきました。料理界の巨星への賞賛の念を込めて、彼の代表作品を5つご紹介しましょう。

カルチャー

5分でわかるノルマンディーのチーズのすべて

繊細な香りのチーズはどんなふうに作られているのか知っていますか…?カマンベール発祥の地、ノルマンディー地方のチーズの全てをお伝えします。

料理

注目人物:ル・プチ・マチュー パリとコルシカ島を行き来するレストラン経営者

ル・プチ・マチューことマチュー・ゴンチエは、料理を通してコルシカ島と地中海への情熱を表現する。ボニファシオとパリで彼が経営する2つのレストランは、いずれも活気に満ちた多彩な雰囲気とともに話題になっている。

料理

インスピレーションあふれるパティシエ、ピエール・エルメ

記念すべきサロン・ドゥ・ラ・パティスリー第1回が2018年6月15日から17日にかけてパリで開催されました。今回、名誉総裁を務めるパティシエのピエール・エルメ氏が、取材に応じてくれました。自身のインスピレーション、最近の傾向、思い出のお菓子、出身地アルザスの名物ほか、おいしいインタビューをどうぞ。

料理

とろけるほど美味しい、パリのアイス屋さん

夏、禁断の愉しみといえばアイスクリーム。パリの街角でもつい手が伸びてしまうもの。でもちょっと待って!せっかくパリに来たのならアイスにもこだわりを。6月、マレ地区の中心にオープンしたばかりのダヴィッド・ヴェスマエルの「ラ・グラスリー」でオリジナリティ溢れるアイスを試してみてはいかが?

関連
記事 

ゴルフ

ライダーカップ2018に参加するゴルファー気分で ヴェルサイユを旅する

ヴェルサイユ宮殿から目と鼻の先で開催されるライダーカップ。この栄えある大会を味わうのに、世界屈指のゴルファーになる必要はありません。大会に参加するゴルファーたちと同じ経験ができる旅のアイディアをいくつか紹介しますので、ここヴェルサイユで、ゴルフとグルメの週末を楽しんでみませんか。

後代に受け継がれるべき料理

ジョエル・ロブションが遺した、代表的な5つのレシピ

ほっぺたも落ちてしまいそうなピュレの生みの親、フランスの料理界に革命を起こしたジョエル・ロブション。「国家最優秀職人賞」「シェフ・オブ・ザ・イヤー」「世紀の料理人」など数々のタイトルを受賞した彼は、並外れた料理のノウハウを後世に遺していきました。料理界の巨星への賞賛の念を込めて、彼の代表作品を5つご紹介しましょう。

カルチャー

5分でわかるノルマンディーのチーズのすべて

繊細な香りのチーズはどんなふうに作られているのか知っていますか…?カマンベール発祥の地、ノルマンディー地方のチーズの全てをお伝えします。

料理

注目人物:ル・プチ・マチュー パリとコルシカ島を行き来するレストラン経営者

ル・プチ・マチューことマチュー・ゴンチエは、料理を通してコルシカ島と地中海への情熱を表現する。ボニファシオとパリで彼が経営する2つのレストランは、いずれも活気に満ちた多彩な雰囲気とともに話題になっている。

料理

インスピレーションあふれるパティシエ、ピエール・エルメ

記念すべきサロン・ドゥ・ラ・パティスリー第1回が2018年6月15日から17日にかけてパリで開催されました。今回、名誉総裁を務めるパティシエのピエール・エルメ氏が、取材に応じてくれました。自身のインスピレーション、最近の傾向、思い出のお菓子、出身地アルザスの名物ほか、おいしいインタビューをどうぞ。

料理

とろけるほど美味しい、パリのアイス屋さん

夏、禁断の愉しみといえばアイスクリーム。パリの街角でもつい手が伸びてしまうもの。でもちょっと待って!せっかくパリに来たのならアイスにもこだわりを。6月、マレ地区の中心にオープンしたばかりのダヴィッド・ヴェスマエルの「ラ・グラスリー」でオリジナリティ溢れるアイスを試してみてはいかが?