今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

王の菜園 ヴェルサイユ

ヴェルサイユ もう一つの庭園は有機菜園

ヴェルサイユ宮殿の食卓にのぼる野菜や果物の栽培を一手に担っていたのが、宮殿そばに作られた「王の菜園(le Potager du Roi)」。
ここでは宮殿内の混雑とはうってかわってゆったりした散策が楽しめます。ジャム、ジュースなど、この菜園で収穫された野菜や果物の加工品はお土産にもぴったり。まさにヴェルサイユの知られざる観光スポットです。

歴史

王の菜園Potager du Roiは、ルイ14世の食卓に献上される野菜と果樹を栽培するため作られました。菜園作りの命を受けた造園設計家ジャン=バプティスト・ラ・カンチニは、のちにサン・ルイ地区と呼ばれることになる一帯の隅に1678年から菜園の開墾を始めました。不毛な土壌に苦しみながらも、たゆまぬ努力により収穫が可能となったのです。

宮殿の厩舎から出る堆肥を組み合わせながら、ラ・カンチニはレタスを1月、イチゴを3月、メロンを6月に収穫し王の食卓を喜ばせました。また当時珍しく、贅沢品として扱われたグリーンピースの栽培も行いました。何よりこの菜園で王にとっての自慢の種となったのが、果樹栽培であり、王自ら賓客を菜園に招きそれを見せたといいます。

現在

現在、王の菜園では昔の栽培法や果樹の剪定法の保存・継承を役割としています。また、古代種・新種を問わず、一般にあまり知られていない種や希少種のコレクションに力を入れています。また話題のBIO、有機農業を実践し、合成化学肥料の利用は極力減らしています。当菜園には国立高等造園学校が設けられています。

売店

この菜園で収穫した野菜と果実は、ジャムやジュースなどの加工品として販売され、ヴェルサイユ市民や観光客にも高い人気を誇っています。

versailles 

他のアイデア
を見る 

関連
記事 

ゴルフ

5分で分かるフランスのゴルフ事情

サン・カンタン・アン・イヴリーヌにあるル・ゴルフ・ナショナル(国立ゴルフ場)にて、フランスで初めて、由緒ある「ライダーカップ」が開催されるま...

後代に受け継がれるべき料理

ジョエル・ロブションが遺した、代表的な5つのレシピ

ほっぺたも落ちてしまいそうなピュレの生みの親、フランスの料理界に革命を起こしたジョエル・ロブション。「国家最優秀職人賞」「シェフ・オブ・ザ・イヤー」「世紀の料理人」など数々のタイトルを受賞した彼は、並外れた料理のノウハウを後世に遺していきました。料理界の巨星への賞賛の念を込めて、彼の代表作品を5つご紹介しましょう。

美術館・博物館

ルーヴル美術館の見学を成功させる7つのコツ

世界最大規模の美術館であり、世界一来場者の多い美術館であるルーヴル美術館。シンボルであるガラスのピラミッドなど、パリを旅する際には必ずや訪れたい名所です。でもどのように準備しておけば良いでしょうか?これほど有名でスケールの大きい美術館で、どの作品を逃さずに見て、記憶に留めてくれば良いでしょうか。見学前に知っておくと、鑑賞を更に楽しめるコツを全てご紹介します。

パリの秘密

パリ・ノートルダム大聖堂の6つの秘密

パリの中心で高くそびえるこの大聖堂は、850年以上にわたってシテ島を見守ってきました。ゴシック建築の至宝であり、フランス史の真の証人として、暗黒の時代を生きながらえたのです。中世から20世紀まで、パリ・ノートルダム大聖堂にまつわる6つの知られざる秘密が、ここに紐解かれます。

料理

インスピレーションあふれるパティシエ、ピエール・エルメ

記念すべきサロン・ドゥ・ラ・パティスリー第1回が2018年6月15日から17日にかけてパリで開催されました。今回、名誉総裁を務めるパティシエのピエール・エルメ氏が、取材に応じてくれました。自身のインスピレーション、最近の傾向、思い出のお菓子、出身地アルザスの名物ほか、おいしいインタビューをどうぞ。

スポーツ

サッカーの魔力:見たことのないフランス

サッカーのフランス代表は時に、お祝いムードに包まれた予想外のサプライズをしてくれることがあります。それはW杯優勝という快挙だけが国民にもたらす比べ様のない喜びです。フランス代表のファンだけではなく、全ての人に楽しんで頂けるビックリするような、または笑ってしまうイメージ10選をお送りします!

関連
記事 

ゴルフ

5分で分かるフランスのゴルフ事情

サン・カンタン・アン・イヴリーヌにあるル・ゴルフ・ナショナル(国立ゴルフ場)にて、フランスで初めて、由緒ある「ライダーカップ」が開催されるま...

後代に受け継がれるべき料理

ジョエル・ロブションが遺した、代表的な5つのレシピ

ほっぺたも落ちてしまいそうなピュレの生みの親、フランスの料理界に革命を起こしたジョエル・ロブション。「国家最優秀職人賞」「シェフ・オブ・ザ・イヤー」「世紀の料理人」など数々のタイトルを受賞した彼は、並外れた料理のノウハウを後世に遺していきました。料理界の巨星への賞賛の念を込めて、彼の代表作品を5つご紹介しましょう。

美術館・博物館

ルーヴル美術館の見学を成功させる7つのコツ

世界最大規模の美術館であり、世界一来場者の多い美術館であるルーヴル美術館。シンボルであるガラスのピラミッドなど、パリを旅する際には必ずや訪れたい名所です。でもどのように準備しておけば良いでしょうか?これほど有名でスケールの大きい美術館で、どの作品を逃さずに見て、記憶に留めてくれば良いでしょうか。見学前に知っておくと、鑑賞を更に楽しめるコツを全てご紹介します。

パリの秘密

パリ・ノートルダム大聖堂の6つの秘密

パリの中心で高くそびえるこの大聖堂は、850年以上にわたってシテ島を見守ってきました。ゴシック建築の至宝であり、フランス史の真の証人として、暗黒の時代を生きながらえたのです。中世から20世紀まで、パリ・ノートルダム大聖堂にまつわる6つの知られざる秘密が、ここに紐解かれます。

料理

インスピレーションあふれるパティシエ、ピエール・エルメ

記念すべきサロン・ドゥ・ラ・パティスリー第1回が2018年6月15日から17日にかけてパリで開催されました。今回、名誉総裁を務めるパティシエのピエール・エルメ氏が、取材に応じてくれました。自身のインスピレーション、最近の傾向、思い出のお菓子、出身地アルザスの名物ほか、おいしいインタビューをどうぞ。

スポーツ

サッカーの魔力:見たことのないフランス

サッカーのフランス代表は時に、お祝いムードに包まれた予想外のサプライズをしてくれることがあります。それはW杯優勝という快挙だけが国民にもたらす比べ様のない喜びです。フランス代表のファンだけではなく、全ての人に楽しんで頂けるビックリするような、または笑ってしまうイメージ10選をお送りします!