今、フランスでは

ぜひ
お見逃しなく 

フェスティバル、展覧会、コンサート、ビッグイベント……。フランス各地と同様にFrance.frでも、常に何かが起こっています。

アクティビティ

フランスへ
ようこそ 

素晴しい文化施設巡り、それもと高い山でのハイキング。恋人とワイン街道へ、あるいは子供と一緒にクルージング……今回はどんなフランスの旅にしましょうか?

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路

1998年にユネスコの世界遺産に登録されたサンチアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路は、フランスとスペインを貫く長いルートです。教会の地下に聖ヤコブの墓を持つサンチアゴ・デ・コンポステーラは、中世の昔から、ヨーロッパの巡礼たちに人気の巡礼地で、当時からローマやエルサレムと並ぶ聖地でした。ガリシア州に向かう巡礼たちは、フランスを横切らなければならず、そのために複数の道がありました。

ピュイ・アン・ヴレーからサンチアゴまで

もっとも有名な道。ル・ピュイの道として知られ、とくに東ヨーロッパ(ポーランド、ハンガリー、ドイツ、オーストリア、スイス)からの巡礼者が通るルートです。ル・ピュイ・アン・ヴレからサンチアゴまで歩いて65日(1522㎞)のコースです。ル・ピュイ・アン・ヴレは、聖母マリアの偉大な聖地として知られています。素晴らしい大聖堂と施療院の建物を見学できます。950年にスペイン人ではない一人の巡礼(司教)が、この地からサンチアゴ・デ・コンポステーラへ旅立ちました。コンク、フィジャック、カジャルク、モワサックなどを通ります。

アルルからサンチアゴまで

巡礼路のうち、サン・ジルの道とも呼ばれるアルルの道は、アリスカンの古代墓地から出発します。所要日数は62日(1588㎞)。古代にさかのぼる遺跡のある町を通ります。モンペリエ、アングレ、カストル、トゥールーズ、マルシアック、オロロン・サント・メールなどが、道の途中の町々です。スペインに入る前に、サン・トロフィーム教会やアルルのガロ・ロマン遺跡、城砦都市ルヴェル、トゥールーズ市内、アスプ渓谷などを見学しましょう。東から西へ、多様性にとんだ豊かな土地柄と素晴らしい史跡を発見できます。

パリからサンチアゴまで

北から南へ。パリの道は、サンチアゴ・デ・コンポステーラへ向かう北欧の巡礼が通る道です。この道はローマ人の街道でした。トゥール(サン・マルタンへの巡礼の途中)を通り、パリとサンチアゴ・デ・コンポステーラを72日(1731㎞)かけてつなぎます。もっとも容易なルートのひとつです。起伏が少なく、自転車でも走れます。ルートの途中では、ロワール渓谷やトゥーレーヌ地方、アンジュー地方、ボルドー地方の風景や史跡を見学できます。

ヴェズレーからサンチアゴまで

フランスとナバラ。ヴェズレーの道は、ベルギー(ナミュール)からの巡礼が通る道です。道すがら、ヴェズレーの聖マドレーヌ大聖堂やリモージュのサン・マルシャル修道院などの聖地を見学できます。ヴェズレーからサンチアゴ・デ・コンポステーラへの所要日数は75日間(1878㎞)です。このルートには、ブルジュを通る道と、ナバラを通る道の二つがあります。

ヴェズレーのサント・マドレーヌ・バジリカ聖堂 (外部リンク)

ル・ピュイ 

関連
記事 

料理

インスピレーションあふれるパティシエ、ピエール・エルメ

記念すべきサロン・ドゥ・ラ・パティスリー第1回が2018年6月15日から17日にかけてパリで開催されました。今回、名誉総裁を務めるパティシエのピエール・エルメ氏が、取材に応じてくれました。自身のインスピレーション、最近の傾向、思い出のお菓子、出身地アルザスの名物ほか、おいしいインタビューをどうぞ。

パリの秘密

パリ・ノートルダム大聖堂の6つの秘密

パリの中心で高くそびえるこの大聖堂は、850年以上にわたってシテ島を見守ってきました。ゴシック建築の至宝であり、フランス史の真の証人として、暗黒の時代を生きながらえたのです。中世から20世紀まで、パリ・ノートルダム大聖堂にまつわる6つの知られざる秘密が、ここに紐解かれます。

新しい発見

見たことのないシャンパーニュのブドウ畑

シャンパーニュ地方にある老舗メゾン ルイ・ロデレール社は、これまで数々の斬新な試みに挑み、他社とは違った印象を人々に与えてきたシャンパンメーカーです。創立241年を経た今日もその慣習に反することなく、新たなメセナ事業として、フランスの写真賞ラ・ブルス・デュ・タロン(La Bourse du Talent)と提携した写真展示の場を設けています。これは新進気鋭の写真家達に自社ブドウ畑の輝きやシャンパンボトルの煌めきを撮る機会を提供したもので、ひらめきや霊感に富んだ詩的な作品が揃っています。

美術館・博物館

ビヨンセ、ジェイ・Zが見たルーブル美術館

今年5月、ルーブル美術館は、特別な来客を招いていました。歌手のビヨンセと夫でラッパーのジェイ・Z。彼らのルーヴル散策は、モナ・リザやミロのヴィーナス、そしてナポレオンがエキストラとして登場するビデオクリップとなり、ルーヴル美術館を新たな光で照らしだしました。

田舎

ノルマンディーの絶景巡り

北フランス ノルマンディー地方で自然の神秘にふれてみましょう。 驚くべき地形と海が作り出す絶景は、きっと忘れられない思い出になるはず。

カルチャー

公爵夫人の甘くロマンティックな人生を南仏エクスで追体験!

関連
記事 

料理

インスピレーションあふれるパティシエ、ピエール・エルメ

記念すべきサロン・ドゥ・ラ・パティスリー第1回が2018年6月15日から17日にかけてパリで開催されました。今回、名誉総裁を務めるパティシエのピエール・エルメ氏が、取材に応じてくれました。自身のインスピレーション、最近の傾向、思い出のお菓子、出身地アルザスの名物ほか、おいしいインタビューをどうぞ。

パリの秘密

パリ・ノートルダム大聖堂の6つの秘密

パリの中心で高くそびえるこの大聖堂は、850年以上にわたってシテ島を見守ってきました。ゴシック建築の至宝であり、フランス史の真の証人として、暗黒の時代を生きながらえたのです。中世から20世紀まで、パリ・ノートルダム大聖堂にまつわる6つの知られざる秘密が、ここに紐解かれます。

新しい発見

見たことのないシャンパーニュのブドウ畑

シャンパーニュ地方にある老舗メゾン ルイ・ロデレール社は、これまで数々の斬新な試みに挑み、他社とは違った印象を人々に与えてきたシャンパンメーカーです。創立241年を経た今日もその慣習に反することなく、新たなメセナ事業として、フランスの写真賞ラ・ブルス・デュ・タロン(La Bourse du Talent)と提携した写真展示の場を設けています。これは新進気鋭の写真家達に自社ブドウ畑の輝きやシャンパンボトルの煌めきを撮る機会を提供したもので、ひらめきや霊感に富んだ詩的な作品が揃っています。

美術館・博物館

ビヨンセ、ジェイ・Zが見たルーブル美術館

今年5月、ルーブル美術館は、特別な来客を招いていました。歌手のビヨンセと夫でラッパーのジェイ・Z。彼らのルーヴル散策は、モナ・リザやミロのヴィーナス、そしてナポレオンがエキストラとして登場するビデオクリップとなり、ルーヴル美術館を新たな光で照らしだしました。

田舎

ノルマンディーの絶景巡り

北フランス ノルマンディー地方で自然の神秘にふれてみましょう。 驚くべき地形と海が作り出す絶景は、きっと忘れられない思い出になるはず。

カルチャー

公爵夫人の甘くロマンティックな人生を南仏エクスで追体験!